同じ現象をどうとらえるかで、その後に受取る結果が変わる

公開日: : 最終更新日:2015/06/11 コラム・エッセイ

【キーワード】振り返って

なんということはない、自身の人生の振り返りの内容だったのですが。
二項目めの文字を目にして「あ、この人凄いな」と思ったのでした。

自分がどれだけラッキーか振り返ってみるよ - えいのうにっき

自分がどれだけラッキーか振り返ってみるよ – えいのうにっき

二項目めの見出しがこれ。

中学生の頃につくったサイトで厄介な議論に巻き込まれてラッキー!

議論に巻き込まれてラッキーって、なんというプラス思考でしょう。
その後も、負け惜しみ乙www ってな感じかもだけどwと自分にツッコミを入れつつ、しかしすべての出来事をプラスに受取っているわけで、この考え方を続けられる限り、本当にプラスな出来事ばかりがこの人のところにやってくるのだろうな、と思わせられたのでした。

一読、思い出したのが、コップの水のたとえ。
まだ半分も入っているorもう半分しか入っていない。
この人は間違いなく、まだ半分も入っている!と思うタイプなんだろうなぁ。
そう考えれば、このエントリタイトルも凄いよね。

現象は同じでも、それにつける意味を変えるだけで、世界のとらえ方が変わるという、実に素晴らしい好例を読ませていただきました。ありがとう。

関連記事

20140614

占いというものの本質はどこにあるのか。

【キーワード】刺激された ああ、すごく共感できるなぁ。 大運の話 - 普通すぎる占い

記事を読む

20150207

紙の本はいずれ、レコードのようにマニア向けの贅沢品になっていくのではないだろうか。

【キーワード】むしろ安心 本との出会いは人との出会い、ってわたしが知らないスゴ本は、きっとあな

記事を読む

20160618

人間には自身の抱えているものを笑いに変える自由がある

【キーワード】やりすごす あまりにも深い、真摯な記事だったので、どう紹介したらいいのか迷います

記事を読む

20131021

人間の本性は怠惰にあるからこそ……

【キーワード】形を変えて できれば出典を忘れないで欲しかったなぁ(´・ω・`)シュン その通

記事を読む

20150508

言葉狩りでもって他人を規制したがる人間ほど、実は差別意識が強いもの

【キーワード】要約すれば 「ブラック企業」という言葉が、人種差別に当たる、などというくだらない

記事を読む

20150214

人生を変えるほど大きな影響を与えてくれた人との再会は、二重の意味で恐いもの

【キーワード】ホッとした ああ、自分にもこういう存在、いるなぁ……。 ちょっと懐かしい記憶を

記事を読む

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

20140811

日常に密着した言葉は無意識に口をついて出ている

【キーワード】けっこうたくさん お大根……は自分は言わないなぁ。そう口にする人は周りにいますが

記事を読む

20160422

情報遮断をしていても、本当に必要なものなら自然と入ってくるものだ。

【キーワード】自分から 本日紹介するエントリを読みながら、自分もこのような境地を経て、SNSと

記事を読む

20151107

意味を求めているうちは意味は見つからない。

【キーワード】ついでに ブログタイトルのインパクトに、しばし唖然としてしまいました。 「遺言

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑