同じ現象をどうとらえるかで、その後に受取る結果が変わる

公開日: : 最終更新日:2015/06/11 コラム・エッセイ

【キーワード】振り返って

なんということはない、自身の人生の振り返りの内容だったのですが。
二項目めの文字を目にして「あ、この人凄いな」と思ったのでした。

自分がどれだけラッキーか振り返ってみるよ - えいのうにっき

自分がどれだけラッキーか振り返ってみるよ – えいのうにっき

二項目めの見出しがこれ。

中学生の頃につくったサイトで厄介な議論に巻き込まれてラッキー!

議論に巻き込まれてラッキーって、なんというプラス思考でしょう。
その後も、負け惜しみ乙www ってな感じかもだけどwと自分にツッコミを入れつつ、しかしすべての出来事をプラスに受取っているわけで、この考え方を続けられる限り、本当にプラスな出来事ばかりがこの人のところにやってくるのだろうな、と思わせられたのでした。

一読、思い出したのが、コップの水のたとえ。
まだ半分も入っているorもう半分しか入っていない。
この人は間違いなく、まだ半分も入っている!と思うタイプなんだろうなぁ。
そう考えれば、このエントリタイトルも凄いよね。

現象は同じでも、それにつける意味を変えるだけで、世界のとらえ方が変わるという、実に素晴らしい好例を読ませていただきました。ありがとう。

関連記事

20160423

がんばりすぎる人へ。素直に現状を吐露していいのだと背中を押してもらえます。

【キーワード】自分から 疲れたときは素直に疲れたと口にした方がいいけれど、疲れたと言うことで周

記事を読む

20131028

月日の流れが身に染みるのは、実はこんな些細なできごとに遭遇したときだったりする。

【キーワード】いつの間にか 自分が同じような出来事でショックを受けたのは、好きなドラマやアニメ

記事を読む

20140918

人の不幸は蜜の味……とはいえそれも程度問題かと><

【キーワード】的確すぎて へヴィーな話が出てきたらどうしよう……とちょっとドキドキしながら読み

記事を読む

20160908

考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、読みながら思わず「うん、うん」

記事を読む

20141226

女性向けの雑誌というだけで、それをファッション誌だと思い込んで避けてきて、もったいないことをしたorz

【キーワード】スルーできない CREAといえば女性向けファッション雑誌の名前では……と思いつつ

記事を読む

20140814

恥ずかしさというむずがゆさを説明するのに用いた例題が的確すぎてフイたww

【キーワード】けっこうたくさん たまに、誰がどんなセンスでつけたんだ!と叫びだしたくなるような

記事を読む

20160723

学術的に大切な話を雑学レベルで消化する

【キーワード】迂闊にも こういう話を読むのが大好きなので、見かけるとつい熱中してしまいます(^

記事を読む

20131220

偏らず、公平に客観的に、しかし読み手に染み入るかのような人柄の文章

【キーワード】それぞれの流儀 ほぼ日刊イトイ新聞は、コンテンツが膨大過ぎて、とてもすべて読み切

記事を読む

20141222

個人ブロガーはみな勇気あるM属性を持っているに違いない。

【キーワード】スルーできない エントリタイトルにすべてが集約されているww ブログを

記事を読む

20140826

人間にミスはつきもの。どう挽回するかが大事。

【キーワード】永遠に語り継がれる まさか生徒装い自殺示唆「遠足中止を」 バス手配ミスのJTB社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑