同じ現象をどうとらえるかで、その後に受取る結果が変わる

公開日: : 最終更新日:2015/06/11 コラム・エッセイ

【キーワード】振り返って

なんということはない、自身の人生の振り返りの内容だったのですが。
二項目めの文字を目にして「あ、この人凄いな」と思ったのでした。

自分がどれだけラッキーか振り返ってみるよ - えいのうにっき

自分がどれだけラッキーか振り返ってみるよ – えいのうにっき

二項目めの見出しがこれ。

中学生の頃につくったサイトで厄介な議論に巻き込まれてラッキー!

議論に巻き込まれてラッキーって、なんというプラス思考でしょう。
その後も、負け惜しみ乙www ってな感じかもだけどwと自分にツッコミを入れつつ、しかしすべての出来事をプラスに受取っているわけで、この考え方を続けられる限り、本当にプラスな出来事ばかりがこの人のところにやってくるのだろうな、と思わせられたのでした。

一読、思い出したのが、コップの水のたとえ。
まだ半分も入っているorもう半分しか入っていない。
この人は間違いなく、まだ半分も入っている!と思うタイプなんだろうなぁ。
そう考えれば、このエントリタイトルも凄いよね。

現象は同じでも、それにつける意味を変えるだけで、世界のとらえ方が変わるという、実に素晴らしい好例を読ませていただきました。ありがとう。

関連記事

20131105

どこの地域にもこういう「風景から浮いた施設」が一つ二つありそうな気がする……

【キーワード】インパクトが強い ああ、確かに、田んぼの中にこんな建物そびえてたら、そりゃインパ

記事を読む

20140326

許されるデッドラインの見極めは本当に大事だ

【キーワード】試してみた ……これあかんヤツや……!>< 結婚を考えてた恋人に仕事ク

記事を読む

20150926

枠にとらわれず、さまざまな分野から、良いものを吸収していく有利さ

【キーワード】冷静でいられない TFTを紹介しているお坊様がいたことに、ちょっとびっくりしてし

記事を読む

20140906

大人数で前後不覚に陥る場の仕切りもない飲み会はいったい誰のためのものなのか

【キーワード】そこだけは 一読、「おまえは俺か!」という常套句が口をついて出たですよ……(^^

記事を読む

20150604

あなたが「見られたら一番恥ずかしい」と思うものはなんですか?

【キーワード】妙なこだわり 話があちこちに飛ぶんですが(笑) しかし、読んでいると改めて読書

記事を読む

20160910

高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたことがなかったのですが、言われてみ

記事を読む

20140318

逃げや甘えではなく、それは前進であり新しい世界への挑戦なのだ。

【キーワード】理由について お坊さんに質問、悩み相談できるQ&Aサイト - hasun

記事を読む

20160604

たとえ突出していなくても、できることをできる範囲でこつこつと

【キーワード】憧れる 本日紹介するエントリを微笑ましい気持ちで読んだのは、サイドバーの学生ブロ

記事を読む

20150228

心が疲れているときには、当たり前の言葉ほど染み込んでくるものなのかもしれない。

【キーワード】結果的に 読み終えると同時に、なんだかとてもホッとした気分になってしまいました…

記事を読む

20160425

自己分析ができるかどうかは心に余裕があるかどうかの指標になる

【キーワード】余裕を持って エントリタイトルに入っていた「常に余裕を持って優雅たれ」という言葉

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑