子供が成長過程で自分が成長しているかどうかなど考えないのと同じ話かもしれない。

公開日: : 最終更新日:2015/05/27 コラム・エッセイ

【キーワード】圧倒的

エントリタイトルが秀逸ですね。
体験の実感が溢れています。

圧倒的に成長している時は実感がない - Konifar's WIP

圧倒的に成長している時は実感がない – Konifar’s WIP

自分自身のことを振り返ってみても、この人が書いている文章に符合する事柄がたくさんあったなーと思えるわけです。
未知の業界、未知の環境に置かれたとき、真っ先にロールモデルを探したこと。
その、自分がロールモデルとした人の一挙手一投足、すべて見逃すまいと、必死になって集中して、すべてをつかみ取ろうとしたこと。そこまでしても、やはり、遠く及ばず、遠く及ばないと自覚したことそのものが、自身の成長だったのではないかと感じたこと。
いろんなことを思い出しましたね。

リンク先の方は

理想のイメージが更新されるようなすごい人がいる環境に常に身をおきたい

という一言で表されていますね。上手い表現だと思います。
……ああ、それを、いわゆる意識高い系の人たちは「メンターを持て」のひと言で表しているわけか。

実際、「成長」という言葉を意識したときには、すでに成長は止まっているものです。
そういえば、子どもが大人になる過程にも似ていますね、これ。子どもはいちいち自分が成長しているかどうかなんて考えませんもんね(^^; 
こう考えれば、普遍的な話として教訓を得られる事例かもしれません。

関連記事

20141127

個人ブログは楽しければそれでいいじゃない。

【キーワード】乗っかって ブログをやっている人間というのは、宣言という自己主張が大好きなんです

記事を読む

20140612

手の届く範囲の憧れがどんどん消えていく

【キーワード】刺激された 昔から憧れつつ、結局一度も乗らずじまいだったなぁ……( = =) ト

記事を読む

20150831

漢字の成り立ちには由来がある。

【キーワード】見方が変わる なぜ「桜」という漢字には「女」という文字が含まれているのか。 ワ

記事を読む

20160211

想像力を刺激され興味を掻き立てられる自然な文章

【キーワード】巡り巡って 想像力を刺激されるとても素敵な文章でした(〃∇〃) 地球をつな

記事を読む

20160530

田舎暮らしの欠点をあげつらった上で、それでも田舎暮らし楽しいと言えるなら

【キーワード】憧れる 最近、田舎暮らしに憧れる人が多いんですってね。 あちらこちらで田舎暮ら

記事を読む

20151015

本棚に隙間があると埋めたくなる欲求をなんと名づけるべきか

【キーワード】過程が楽しい なんというか、見事な「読書オタほいほい」な記事タイトルだな……と感

記事を読む

20140326

許されるデッドラインの見極めは本当に大事だ

【キーワード】試してみた ……これあかんヤツや……!>< 結婚を考えてた恋人に仕事ク

記事を読む

20160730

自分自身との約束を守れた時に得られるものの大きさ

【キーワード】制約が多い 繰り返し登場する「ゆるまない」という言葉が、とても印象的な文章です。

記事を読む

20150213

抱えていたものが解放されると、誰もがホッとするのかもしれない。

【キーワード】ホッとした このニュース、もう3年も前の話になるのか。 読後、奥さんが受け入れ

記事を読む

20160330

好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

【キーワード】知らないこと こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑