少し穿った見方をするくらいのほうが、本質に切り込めるのかもしれない

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 ビジネス・教養

【キーワード】物は言いよう

これは面白い着眼点の記事ですね。

物は言いよう - 働く母のすすめ

物は言いよう – 働く母のすすめ

官公庁の資料を、こういう視点から読むことがなかったので、ちょっと目からウロコ……。
持って回った分かりにくい言い回しの多い官公庁の資料も、こういう視点から見ればいろいろと気づくことがあると教えられました。

裏の事情を忖度しながら、ちょっと穿った見方をするくらいのほうが、資料の示す本質をとらえることができるのかもしれませんね。

……って、こういう書き方をすると、まるでこの方が穿った見方をしているようですが、決してそういうわけではなく><
ワタクシ、けっこう素直に、書かれた文章を書かれたまま受け取ってしまう人なので、その裏側にある事情とか状況とか、あまり深読みしていないのですよ。もっと、こう、なぜこのような決議が行われ、なぜこのような文章が書かれたのか、そういう事情を深読みしたほうが、的確な状況判断ができるようになるのかもしれない、とそう思わされたのでした。

この方は、そういう意味で、本質をきちんと汲み取っていらっしゃるなぁ、と。
いろんな意味で、勉強になりました。

関連記事

20150616

覚えることではなく、使いこなすことに意義がある

【キーワード】特殊な用途 こういうきっかけでもなければ、自分から探してまで見ることのなかったサ

記事を読む

20150512

設問と回答はワンセットだが、そこに至る思考の道筋を明らかにすることにこそ、一番の価値がある

【キーワード】先入観 マイクロソフトの入社試験で使われた問題(や、それに類する問題)を紹介して

記事を読む

20131112

日本語の表現力の豊かさは感嘆に価する

【キーワード】独特な言い回し 日本語には確かに、他の言語では到底表現しようのない意味を一言のう

記事を読む

20160625

「運が良い」「たまたま」と口にする成功者ほど、実は万全な布石を敷いているもの

【キーワード】たまたま 成功者の口からよく聞く「運がよかった」という言葉。 その「運」はたい

記事を読む

20160227

肯定でもなく否定でもなく、ただ淡々と客観的に考察するということ

【キーワード】こんな時こそ 読み応えのある、素晴らしい考察でした。 こちらのエントリによって

記事を読む

20150220

変わった資格を取得して何に活かせるか考えてみるのも一興

【キーワード】意外にも 確かに、ここで紹介されてるのって、えらくマニアックですね(^^;

記事を読む

20150814

いつの間にか浸透して当たり前のように使っていた言葉

【キーワード】立ち位置 ああ、そうか、2007年当時はまだあまり浸透していなかったのだな、この

記事を読む

20150429

正直に理由を申告するのは是か非か

【キーワード】ぶっ飛んだ 休日に相応しい話題……ですかね(^^; 明日、休み明けに出勤する人

記事を読む

20160608

テクニックを駆使して人心が掌握できるのは、やはり根柢に人を引きつけるカリスマ性があるゆえか

【キーワード】気が多い 織田信長は非情な面も強調される一方、大変な人たらし(笑)であったエピソ

記事を読む

20160901

いろんなものを受け入れて混合されてきたがゆえに、今の供養の形がある

【キーワード】~なのに~ 昨日のエントリ知っているようで実は曖昧な雑学知識をいろんな角度からチ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑