教義に従うことよりも、本質を日常生活に取り入れることにこそ、宗教の本質があるのではないか

公開日: : 最終更新日:2015/05/06 ビジネス・教養

【キーワード】要約すれば

なんてスッキリ分かりやすく書かれているんでしょう!

§1.釈迦の教え

§1.釈迦の教え

釈迦の教えとQCというサイト内の最初のコンテンツだったのですが、このページがとても分かりやすかったことから、ほかのコンテンツも気になって全部読んでしまいましたよ!(笑)
教えについてという、釈迦の教えについての補足書きのページも、とても参考になりました。

宗教の話はイコール精神論と捉えられてしまいがちですが、それは実は過ちで、宗教の教えは日常生活に活かしてこそ真価を発揮するというのが、とてもよく伝わってくるコンテンツでした。

現代では、日常生活と宗教とが完全に切り離されています。
ですが宗教といっても、別に何かを信仰してその教義に従えというわけではなく、例えばこちらのコンテンツで書かれているように、釈迦の教えを例にPDCAやQCについて考えてみれば、より物事がスムーズに進むのではないか、ということを感じたわけです。

礼節にのっとって、盆正月の墓参りを行ったり、先祖の霊に尽くすだけが宗教の教義ではないはず。理想論かもしれませんが、教えの本質を日常生活に活かすことで、無駄な力の分散を防ぐことになるのではないかと、そんなことを考えさせられました。
良いものを読ませていただきました。

関連記事

20160123

十四年前に仮説として唱えられた説が、現状はどうなっているのか知りたい。

【キーワード】身近な謎 記事タイトルのかっこよさにやられましたww 「生命の左利きの謎」……

記事を読む

20160504

今の体験も、未来から見れば記憶だったり思い出だったりするのだ。

【キーワード】ノスタルジー 「懐かしい気持ち」に限りませんが、なんでも、使い方しだいで毒にも薬

記事を読む

20140516

指導することのむずかしさ

【キーワード】敢えて 本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^; それが

記事を読む

20140106

慣れ親しむことの重要性

【キーワード】響きに惹かれて 中央FMのコンテンツにMy Eyes Tokyoというの番組があ

記事を読む

20160713

大きな波に乗るために、無駄に運気を使い果たさないよう留意しようという提言

【キーワード】貴重な 本日の紹介記事、記事タイトルに個人的な違和感を覚えつつも、記事内容には賛

記事を読む

20131017

専門的なことを調べるのが、楽な時代になりました。

【キーワード】気軽に 専門に特化したウェブサイト、本当に増えてきましたね。 昔は図書館で調べるし

記事を読む

20131112

日本語の表現力の豊かさは感嘆に価する

【キーワード】独特な言い回し 日本語には確かに、他の言語では到底表現しようのない意味を一言のう

記事を読む

20140604

仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

【キーワード】裏を返せば 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテン

記事を読む

20150805

タイピングか手書きかというのは定期的に出る話題

【キーワード】~より~のほうが 手書きのほうがスピードが落ちる、というのも一つ理由のような気が

記事を読む

20160521

専門知識を得るのが簡単なこの時代におけるプロや専門家の役割とは

【キーワード】知恵を絞る インターネットの普及によって、「知る」だけならばハードルの下がったこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑