教義に従うことよりも、本質を日常生活に取り入れることにこそ、宗教の本質があるのではないか

公開日: : 最終更新日:2015/05/06 ビジネス・教養

【キーワード】要約すれば

なんてスッキリ分かりやすく書かれているんでしょう!

§1.釈迦の教え

§1.釈迦の教え

釈迦の教えとQCというサイト内の最初のコンテンツだったのですが、このページがとても分かりやすかったことから、ほかのコンテンツも気になって全部読んでしまいましたよ!(笑)
教えについてという、釈迦の教えについての補足書きのページも、とても参考になりました。

宗教の話はイコール精神論と捉えられてしまいがちですが、それは実は過ちで、宗教の教えは日常生活に活かしてこそ真価を発揮するというのが、とてもよく伝わってくるコンテンツでした。

現代では、日常生活と宗教とが完全に切り離されています。
ですが宗教といっても、別に何かを信仰してその教義に従えというわけではなく、例えばこちらのコンテンツで書かれているように、釈迦の教えを例にPDCAやQCについて考えてみれば、より物事がスムーズに進むのではないか、ということを感じたわけです。

礼節にのっとって、盆正月の墓参りを行ったり、先祖の霊に尽くすだけが宗教の教義ではないはず。理想論かもしれませんが、教えの本質を日常生活に活かすことで、無駄な力の分散を防ぐことになるのではないかと、そんなことを考えさせられました。
良いものを読ませていただきました。

関連記事

20151120

勉強が実社会で役に立つか否かという、定期的に立ち上がる問題

【キーワード】役に立たない 「勉強は実社会で役に立つか否か?」 これ、定期的に話題になります

記事を読む

20160607

ちょっとした心がけと運で女同士の面倒な人間関係をやりすごす

【キーワード】気が多い 本日紹介する記事に書かれていることを読みながら、女同士って本当に面倒く

記事を読む

20140208

イラストや絵文字の需要が日々、増えているからこそ

【キーワード】身近なものから 絵を描くのが苦手、という人には、ぜひ参考にしてほしい記事ですね(

記事を読む

20151021

伝えるためにいちばん大事なのは、伝えようとする気持ちじゃないのかな。

【キーワード】伝わる 伝わるポイントを紹介するというのなら、これくらい、絞り込んできてほしいも

記事を読む

20150521

少し穿った見方をするくらいのほうが、本質に切り込めるのかもしれない

【キーワード】物は言いよう これは面白い着眼点の記事ですね。 物は言いよう - 働く母の

記事を読む

20160329

固定観念は意外なところに潜んでいた

【キーワード】知らないこと これは、ワタクシも耳に痛い話です>< まさに、ここに書かれている

記事を読む

20150717

RPGになぞらえて人生をとらえてみると……

【キーワード】無駄なこと 親御さんなら一度ならず問われたことがあるであろう「勉強はなぜ必要なの

記事を読む

20141215

一般的に捉えられているものも、専門家の目で見るとまったく違う景色が開ける一例。

【キーワード】想像力が及ばない なるほど。分からん!!wwwwwww ……つД`)・゚・。・゚

記事を読む

20140723

漢字の書き順もこれなら一目瞭然。

【キーワード】効果覿面 漢字の書き順指南!こんなサイトもあったんですね!! いんたーねっつの

記事を読む

20150304

進化しているNHKのコンテンツにまったくついていけていなかったことが判明><

【キーワード】変化する NHK for School! NHKのコンテンツ、奥が深い……!!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑