教義に従うことよりも、本質を日常生活に取り入れることにこそ、宗教の本質があるのではないか

公開日: : 最終更新日:2015/05/06 ビジネス・教養

【キーワード】要約すれば

なんてスッキリ分かりやすく書かれているんでしょう!

§1.釈迦の教え

§1.釈迦の教え

釈迦の教えとQCというサイト内の最初のコンテンツだったのですが、このページがとても分かりやすかったことから、ほかのコンテンツも気になって全部読んでしまいましたよ!(笑)
教えについてという、釈迦の教えについての補足書きのページも、とても参考になりました。

宗教の話はイコール精神論と捉えられてしまいがちですが、それは実は過ちで、宗教の教えは日常生活に活かしてこそ真価を発揮するというのが、とてもよく伝わってくるコンテンツでした。

現代では、日常生活と宗教とが完全に切り離されています。
ですが宗教といっても、別に何かを信仰してその教義に従えというわけではなく、例えばこちらのコンテンツで書かれているように、釈迦の教えを例にPDCAやQCについて考えてみれば、より物事がスムーズに進むのではないか、ということを感じたわけです。

礼節にのっとって、盆正月の墓参りを行ったり、先祖の霊に尽くすだけが宗教の教義ではないはず。理想論かもしれませんが、教えの本質を日常生活に活かすことで、無駄な力の分散を防ぐことになるのではないかと、そんなことを考えさせられました。
良いものを読ませていただきました。

関連記事

20140213

勉強と思うと煩わしいものも、目先を変えるとたのしく表現できる

【キーワード】ピタリとはまる 理数系にとても弱いくせに、そういう話題を見るとついつい取り上げた

記事を読む

20160322

本質をとらえる生き方で能動的に生きる

【キーワード】理解するために 同じ事柄に取り組んでいても、「やりたいorやるべきことである」と

記事を読む

20140604

仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

【キーワード】裏を返せば 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテン

記事を読む

20160319

文科省の提供している世界の読書人口統計データをつぶさに観察してみた

【キーワード】習慣の問題 国内でも活字離れが叫ばれて久しい状況ですが、海外に目を向けても、事情

記事を読む

20160607

ちょっとした心がけと運で女同士の面倒な人間関係をやりすごす

【キーワード】気が多い 本日紹介する記事に書かれていることを読みながら、女同士って本当に面倒く

記事を読む

20131112

日本語の表現力の豊かさは感嘆に価する

【キーワード】独特な言い回し 日本語には確かに、他の言語では到底表現しようのない意味を一言のう

記事を読む

20150922

焦っても仕方がないと分かっていても焦ってしまうならば……

【キーワード】冷静でいられない 焦っているときはまず深呼吸ですよ。 焦って冷静でいられな

記事を読む

20160331

Wikipediaのおまかせ表示で遊んでいる人は意外と多いようだ

【キーワード】知らないこと やっぱりこれで遊んでる人多いんだなー(喜) Wikipediaに

記事を読む

20160329

固定観念は意外なところに潜んでいた

【キーワード】知らないこと これは、ワタクシも耳に痛い話です>< まさに、ここに書かれている

記事を読む

20150304

進化しているNHKのコンテンツにまったくついていけていなかったことが判明><

【キーワード】変化する NHK for School! NHKのコンテンツ、奥が深い……!!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑