かけがえのない友人を大切にすることと、自分自身がかけがえのない存在になるということ。

公開日: : 最終更新日:2015/05/02 コラム・エッセイ

【キーワード】ぶっ飛んだ

「愛すべきバカ」の周りにいつも人が絶えないのは、ここに書かれているようなことを肌感覚でわかっている人たちが、絶えず周りに集まってしまうからではないでしょうか。

勉強はデキないけど、めちゃスゲーやつ!おバカな「友達」を大切にするべき「10の理由」 | TABI LABO

勉強はデキないけど、めちゃスゲーやつ!おバカな「友達」を大切にするべき「10の理由」 | TABI LABO

常人には理解できないことをする人間には、やはり、一つ二つ変わった面があり、その変わった面が、不思議な魅力となって、人を惹きつけてしまうのでしょう。

とはいえ、ここに書かれている10項目すべてを満たす人間となると、それはそれで人間離れしすぎなんじゃないかと思ってしまいますがww
一つ二つ満たしているだけでも、ものすごい刺激を与えてくれる存在だと思います(^^)

何より大切なのは、そういう友人を大切にすべきなのはもちろん、自分自身が、他者にとってそういう友人になれるかどうか、なれているかどうかのほうが、もっと大事なことなんじゃないかと、読みながらそんなことを感じましたね。
……ええ、もちろん、自分のことはかなーり高い位置にある棚の上にあげちゃってますよww それがなにかwwwww(ぉぃ ι )

関連記事

20140308

実感は状況を追いかけるようにあとからじわじわとやってくる

【キーワード】覚悟を決めたら ええ話や……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。うるうる

記事を読む

20160330

好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

【キーワード】知らないこと こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてし

記事を読む

20160908

考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、読みながら思わず「うん、うん」

記事を読む

20160728

課せられたハンデをただのハンデで終わらせず活かすための考え方

【キーワード】制約が多い 相手の立場に立ってものを考えることが大事、というのはよく言われること

記事を読む

20141004

運命だと悲観するか、偶然だと楽しむか。

【キーワード】続けていれば 一読、なんてかっこいい考え方なんだ!とワクワクしてしまいました。

記事を読む

20160423

がんばりすぎる人へ。素直に現状を吐露していいのだと背中を押してもらえます。

【キーワード】自分から 疲れたときは素直に疲れたと口にした方がいいけれど、疲れたと言うことで周

記事を読む

20150708

ネガティブはネガティブを連れてくるが、行動していれば払拭される。

【キーワード】やってみれば 当たり前のことが羅列されているだけだったのですが。 その中の一つ

記事を読む

20140505

些細なことから始まった探究ほど、終わりが見えず面白いもの

【キーワード】ツボにハマる ちょっと焦点がずれているように感じてしまうのはワタクシだけでしょー

記事を読む

20150207

紙の本はいずれ、レコードのようにマニア向けの贅沢品になっていくのではないだろうか。

【キーワード】むしろ安心 本との出会いは人との出会い、ってわたしが知らないスゴ本は、きっとあな

記事を読む

20150812

「あなたの知らない世界」を垣間見る

【キーワード】立ち位置 先日、ファッションって本気だとここまでやらなくちゃいけないものなんです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑