昔の邦題はたしかにセンス良かったですね

公開日: : 最終更新日:2015/04/30 写真・動画

【キーワード】ぶっ飛んだ

タイトルをわざわざ邦題に作り変えている作品自体を、最近あまり見かけなくなったような。

「ぶっ飛んだ邦題の洋楽」って見られなくなったな | 鍵盤うさぎのピアノ練習ブログ

「ぶっ飛んだ邦題の洋楽」って見られなくなったな | 鍵盤うさぎのピアノ練習ブログ

このエントリタイトルを見たときに真っ先に思い出したのは、The Beatlesの楽曲でした。
今でもワタクシにとってThe Beatlesは神様ですから(`・ω・´)キリッ☆

I Want To Hold Your Handを「抱きしめたい」とした日本側関係者のセンスは素晴らしいです!

We Can Work It Outに「恋を抱きしめよう」という邦題を付けたセンスにも脱帽だし。

でもいちばん素敵だと思ったのはやはりTicket To Rideを「涙の乗車券」としたことですね。

そりゃタイトルにTicketとは入っているけど、そこに「涙の」をつけることで、曲から漂う寂しさを見事に表現しているあたり、この邦題を企画した人はかなりのやり手だと思いますね。しかも、乗車券を手にしている人間ではなく、それを見送るしかない人間にとっての「涙の乗車券」……深い解釈です。

邦題の話題など出されると食いついてしまうあたりが、やはりワタクシもそういう世代の人間だということですかねー(^^;
んー、でもワタクシ、The Beatlesリアルタイム世代じゃないんですよねー。自分より上の世代の、The Beatlesリアルタイム世代の人たちが羨ましいです。彼らが登場した時の衝撃を、自分もリアルタイムで味わいたかったなーと、本気で思ってるくらいですから。

はっ!つい語ってしまった(焦)
そして紹介先の記事について全く触れていないww
紹介先の記事でも、他の洋楽の邦題に触れながら動画紹介されています。どんな洋楽が紹介されているかは元記事にアクセスして確かめてみてください♪

関連記事

20140218

テンションが上がる?!映画のテーマ曲はキャッチャーさで記憶に焼き付いている

【キーワード】心が躍る これは反応せざるを得ない。 心が躍る映画のテーマ曲まとめ -

記事を読む

20141206

生命力あふれる瞬間を切り出した、ひな鳥にえさを与える瞬間の写真たち

【キーワード】~するレベル こういった写真を見たときに何となくほっとする、感動を覚える、という

記事を読む

20140416

場所によってこんなに雰囲気が変わるものなんですね。

【キーワード】何故か これはまたリアルに物悲しい…… 世界のゴーストタウン特集!!何

記事を読む

20131010

おめでとうございます!

【キーワード】~しちゃった 「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 201

記事を読む

20160627

パンダ好きが高じてブログを開設した人の愛溢れるパンダ写真の数々

【キーワード】きっかけ えらくかわいいブログタイトルだな、と思ったら、ブログ説明部分にちゃんと

記事を読む

20151214

海外の観光名所の真の姿

【キーワード】印象が変わる 観光名所と言われるところに、実際に訪れてみると、写真から受ける印象

記事を読む

20160628

四季折々の姿を見せる神秘的な「濃溝の滝」の写真かずかず

【キーワード】きっかけ 汚れきった心を持つワタクシ(ぇ)、一見して「写真マジックじゃないの?」

記事を読む

20140418

とんでもない罠が潜んでいました。

【キーワード】何故か 最初、本当にわからなかったよ! 何故かいつもミスタイプしてしま

記事を読む

20150314

歴史は地続きだと肌で感じられる100年前の写真の紹介

【キーワード】感慨深い >>6へのツッコミが面白すぎたので取り上げずにはいられませ

記事を読む

20150825

カッコいいからカッコいい行動をとるのか、カッコいい行動をとるからカッコいいのか

【キーワード】幸運にも これは (・∀・)カコイイ!! 粋な計らいですねー。 【バス

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    私が邦題で秀逸だなと思ったのはポール・マッカートニー&ウイングスの

    「あの娘におせっかい」(Listen to What the Man Said)↓歌詞
    http://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

    ですね。これは私が高校生ぐらいにリアルタイムで聞いた曲なのではっきり覚えています。

    恋人?に「愛」の素敵さをレクチャーして口説きにかかってる?(^^;)ような歌詞なので

    「あの娘におせっかい」なのかと、妙に納得したのを覚えています。一応リンク先には歌詞の解釈についても解説されているので、訳詞だけでなく内容についても改めて味わい直して、何とも懐かしい気分に浸ってしまいました(^^;)

    • まいる より:

      >soupさん
      おおお、ワタクシがThe Beatlesについて語り倒したエントリのコメントに、ポール・マッカートニー&ウイングスの楽曲を持ってこられるとは!
      さすがに渋いトコついてきますね!嬉しいです!!

      確かに、Listen to What the Man Saidの邦題を「あの娘におせっかい」としたのは、歌詞の流れをくんだものですよね。
      紹介先の考察記事も興味深く読ませていただきました。直訳してしまったら消えてしまう味わいを、邦題によって美しく掬い上げているさまがより深く伝わってきました。

      なにより、「ポール・マッカートニーはくだらないラブソングを作る天才」の一文に激しく共感ww そうそう、だからこそ、ポールの楽曲って、聞くだけでハッピーな気分になれるんですよね♪
      良いものを紹介していただきました。
      コメント、ありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑