プラスアルファとは、無駄なものを付加することではない

公開日: : 最終更新日:2015/04/18 生活

【キーワード】プラスアルファの

若い人のほうが、費用対効果に対してシビア、という意見は分かります。
でも、安いものを求めている、というのはどうかなー。
無駄なものに対してお金を払いたがらない、という定義なら、なるほどと納得できるんだけど。

プラスアルファの機能がある商品より、一つのことを上手くやる安い商品のほうがいい | Divide et impera

プラスアルファの機能がある商品より、一つのことを上手くやる安い商品のほうがいい | Divide et impera

若い世代は、購入前に、徹底的に調べているな、と感じます。スペックや機能などを徹底的に比較検討し、そのうえで、それが自分にとって必要であると感じれば、金額の多寡を問わず、購入している、と。
最後に例に挙げられているiPhoneなど、シンプルだから売れたと書かれていますが、ワタクシなどからすれば、プラスアルファの極みですし、本当に金額の多寡を気にする人は、ガラケーに回帰してますよ(^^;
そのガラケーに回帰している割合も、スマホを使いこなせなかった高齢者が多いことを合わせて考えてみれば、答えは明白な気がします。

バブル世代以前の人たちは、概ね、自分で考えたり調べることを厭う。
これに尽きるのではないでしょうか。

シンプルなものを本当に欲しがっているのは、新しいものを使いこなせない、自分で調べてまで使おうとしない、思考停止した世代のほうです。
ただ、そういう世代の人たちは、思考停止しているがゆえに、販売員の言葉を鵜呑みにもするわけですよ。
つまり、ステイタスが欲しいとか、付加価値のある商品を買うことで優越感を得たいとか、そういう理由から高額商品を手にしているわけではなく、単に自分の頭で考えるのが面倒くさいから、販売員の勧めるままに、高額な商品をわけもわからず購入しているだけのことですww
クレーマーがこの世代に多いのも、使いこなせなかった場合はすべてこれを勧めた販売員のせい、という思考回路があるゆえのこと。こういう人に限ってマニュアルすらまともに開いていないものですww

なんとなく、この紹介先エントリを読んで、この辺に世代格差というか、すれ違いの原因があるのかもしれないなーと、ちょっと思ったんですよね。
iPhoneをシンプルと言い切れるのは、若い世代の人だからですよ。
話のタネにされているバブル世代以前の人間は、登場したころの電話しかできない携帯電話で充分だと本当のところはそう思っているのです。多分、メールすらできない、ガラケーにはるかに劣る、そんな携帯電話が存在したことすら、今の若い人は知らないでしょうけど。本当にシンプルなものというのは、そういうもののことを言うのだと思います。でも、そんなシンプルなもの、今じゃ誰も見向きもしない。ということは、プラスアルファはやっぱり欲しいわけですよ。

プラスアルファは欲しいけど、無駄な機能はいらない。
プラスアルファをうまく提供できたApple社や、あるいはダイソンの掃除機や扇風機のような商品が、高額にもかかわらず市場で求められる一方、無駄な機能をプラスアルファと勘違いした名のある大手企業が、ことごとく衰退の道をたどっていることからも、これは明らかなんじゃないかなww

関連記事

20150723

古新聞紙の万能感には圧倒される。

【キーワード】ちょっとした工夫 ちょっと覗いておこうか、くらいの気持ちで読んでみたのですが。

記事を読む

20140724

食欲を減退させる色味の食べ物

【キーワード】効果覿面 これは確かに食欲削ぐわー。 食欲減退すればダイエットも軽くできちゃう

記事を読む

20131218

田舎暮らしに憧れている人にこそ読んでほしい現実の田舎暮らし

【キーワード】それぞれの流儀 自分の体験談が書かれているのかと、一読、固まってしまいましたよ…

記事を読む

20150227

シンパイナイモンダイナイ♪って歌い出したくなるような、結果的に転機となった出来事いろいろ

【キーワード】結果的に お、これはいい発言小町ww ピンチはチャンス?嫌な思いしたけど結

記事を読む

20151126

周りからはびっくりされても、当人たちにとっては意外と当然なこと

【キーワード】意外なところから 他人から見れば意外と思えることも、本人たちにとっては意外でもな

記事を読む

20160527

スマホを使っているというよりも、スマホに使われてしまっているのかも……

【キーワード】不便になった 本日の紹介記事、現在進行形で『スマホに使われている』人間としては、

記事を読む

20141031

観葉植物に癒されるのはなぜだろう

【キーワード】最適な 38種類も紹介されていたら、いろいろ目移りしてしまうなぁ><

記事を読む

20160601

憧れのインテリアや収納の記事は見ているぶんにはとても楽しい。

【キーワード】憧れる 素敵なインテリアとか、収納方法とか、見かけると気になるから目を通すんです

記事を読む

20151005

化粧の上手い女性はある意味アーティストだ

【キーワード】驚愕した 化粧の上手い女性は魔物ですよ……( = =) トオイメ おお、震

記事を読む

20140617

予想外の組み合わせがもたらす絶妙にハーモニー

【キーワード】吟味した上で ……正直に告白します。 このページ、最初見た時はちょっと(いや、

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    メカ音痴やIT音痴を自称する人ほどスマホを回避している傾向はそのとおりだと思いますが、昔から機械モノが苦手な人は結構いましたし、今も少なからず存在するのは確かですので、あまり世代的なものは直接的でないように思います。

    メカには弱いというガラケー派の人で「あのインターフェースが不統一なガラケーを使いこなしている人はいる」と言う事実は結局「多機能さ」の向かう方向性の違いのような気がします。

    実は私ガラケーは殆どと言っていいほど使えてませんでした(^^;)メールとかあの中途半端なキーで日本語を入力する機用な人を驚きの目で見てましたし、決して十分とはいえないパソコン通信時代のような情報取得方法(爆)のez-webやi-modeは全然馴染めませんでした(^^;)

    まぁ、スマホに付けて欲しい機能としては「防水機能」「耐衝撃性」とかソフト的な面でなくハード的な部分ではまだまだ有りますが、結局のところその製品に「何を求めているか」に尽きるように思いますね。

    その意味で「プラスアルファは欲しいけど、無駄な機能はいらない。」と言う部分は完全同意です(^^;)

    無駄な機能がなければどんなにすごい家電製品でも競争原理によって時間と共に「価格は下がっていく」わけで、メーカーのプラスアルファ指向の最たるものは「新機能で新しい価値を開発して利益率を維持する」というところですし、そこに最大の問題がある気がします。

    あくまでメーカーの都合でしか無く、ユーザー視点ではない。そんなものに消費者は高い価値を認めないところを誤解している。わかっていながら消費者にいかに高価格を納得させるかの小手先のごまかしに過ぎないところ、また、それが徹底できていない中途半端さが余計に消費者に忌避される原因であろうと思うのです。

    電話に「少し付加価値を付けただけの中途半端なプラスアルファ」は、私のとってのi-modeですし、「電話の可能性を極限まで拡大してみせた」のがスマホであるならば、その製品や開発に対する思想的な部分が決定的に違うと感じるわけです。

    そう考えると「ブランド品」の「ブランド・バリュー」そのものも「見栄を張れるという無駄な機能」のように思えるので(^^;)おどろくほどバカ高い「ブランド品」こそこのテーマが一番適合するような気がしますね(爆)

    • まいる より:

      >soupさん
      ガラケーを使いこなせずスマホになってやっと馴染んだのはワタクシも同じですww
      我々の共通項は「自分で調べる」じゃないですか。
      しかし、「我々の世代」を敷衍してみれば、自分で調べない人のほうが圧倒的に多いと感じざるをえないのですよ。
      してみれば、我々は同世代の中でもやはり変わり者の部類なのではないかとww
      だからこそ、既存企業が押し付けてくる、プラスアルファになり切れていない、無駄な機能ばかり搭載したがる、そんなメーカー側の都合に馴染めないわけです(苦笑)

      >おどろくほどバカ高い「ブランド品」こそこのテーマが一番適合するような気がしますね(爆)
      結論はやはりここに行き着きますね(笑)
      でもって、紹介先エントリでは若い人は安いものばかりを求めているように書かれていたのですが、若い人だって本当のところはこのようなテーマに沿ったしっかりしたものを欲しがっているのではないか、金額の多寡の問題ではないのではないか、という気持ちが、このエントリを書かせたのでした。

      やっぱり、このあたりに、現状の企業への不満があるのは、我々に共通しているようですね。
      コメントありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑