分かりにくいようでしっかりと伝わる、そんな、本質に迫るデザイン。

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 クリエイティブ

【キーワード】もやもやする

ある展覧会の紹介ページで、その展覧会そのものはすでに終了しているのですが、コンセプトが面白かったので、紹介することにしました。

「もやもや」する肖像をニットで表現、木住野彰悟の展覧会『it knit』 - art-designニュース : CINRA.NET

「もやもや」する肖像をニットで表現、木住野彰悟の展覧会『it knit』 – art-designニュース : CINRA.NET

ああ、ここで紹介されているいくつかのニット、確かに「もやもや」しているww
でも誰を表現しているのかちゃんとわかるあたりがすごい( ゚Д゚)!

思わずデザイナーさんの名前で検索してしまいました。Kishino Shogo(6D)-木住野彰悟というポートフォリオページのサイトデザインがまた素晴らしい!
シンプルに本質をとらえた伝わりやすいデザインをされる方なんですね。
目にした瞬間、思わず立ち止まってしまうような希求性を持っているのも素敵です。

こういう方だからこそ、あえて、もやもやしていながらもちゃんと伝わる、そんな表現に挑戦されたのかもしれませんね。
良いものを見させていただきました(^^)

関連記事

20160307

自分があこがれるような文章の書き手に出会える幸運

【キーワード】影響されやすい あー、この気持ち、すごく分かるなー。 自分もやる気出るのは、い

記事を読む

20140927

外側から見たからこそ分かる魅力を、内側から外側に向けて発信する。

【キーワード】本当の魅力 ウェブマガジンって、本当に増えましたね。数が多すぎて、知らないものが

記事を読む

20151104

潔さが運を呼ぶ

【キーワード】ついでに 黒板アートの何がすごいって、ものすごい製作時間をかけて完成させたあげく

記事を読む

20150130

色鉛筆そのものをアート作品としての指輪にしてしまった人の制作過程動画がすごい。

【キーワード】その発想はなかった これはすごい……!! ハンドメイドの域を超えていますね!

記事を読む

20140729

アイデアは無限であることを教えてくれるGoogle Doodle

【キーワード】印象的だった お、Google Doodleの話題だ! 毎回楽しませて

記事を読む

20160415

それぞれに固有の思い出を引き出す力に満ちたキャッチコピーいくつか

【キーワード】言えないこと 企業広告やキャッチコピーを読むのが大好きです。 おそらく、すべて

記事を読む

20140203

意外なモノから奏でられる、美しい音楽にココロ洗われる

【キーワード】身近なものから ドラム缶を加工して打楽器にしてしまったことから登場したスティール

記事を読む

20150709

ザ!鉄腕!DASH!!プロデューサーが語る、番組を通して伝えたいことがステキだった

【キーワード】やってみれば 制作者と視聴者の架け橋テレビコ……番組を作っている裏方さんたちをク

記事を読む

20140924

日本茶ソムリエが語る、日本茶のほんとうの魅力と美味しさ

【キーワード】本当の魅力 衝撃的においしい日本茶、ワタクシも飲んでみたい……。 Da

記事を読む

20150325

風刺として捉えるなら便利すぎる現代社会への警鐘と考えられなくもない……かな?

【キーワード】もやもやする ここまで振り切れた役立たずなものだと、いっそすがすがしくてカッコい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑