アプリやアカウントサービスは、定期的に見直さないと混乱の元になる

公開日: : 最終更新日:2015/03/16 ウェブ・IT関連

【キーワード】すっきりした

ああ、ここまできっちり整理したら、そりゃすっきりしたでしょうねぇ……!

年末なのでアプリ・ウェブサービスアカウントの大掃除!すっきりした! | 先走れカート

年末なのでアプリ・ウェブサービスアカウントの大掃除!すっきりした! | 先走れカート

年末ではありませんが、年度末ではある3月……。
ここに書かれている項目くらいはワタクシもチェックしようかしらん。

アカウント連携サービスは、確かにヤバいですね。
話題になってる面白いサービスだと、ついつい気軽に連携させてしまいますからね。
そのくせ、いつ何に連携させたかなんて覚えちゃいないし>< ⇐ ダメダメすぎるwwwww

そう思って振り返れば、ワタクシのiPhoneアプリ、本当にひどいことになってる……(滝汗)
画面が5ページもあって、しかも、フォルダ分類までされてて、一つのフォルダの中に20個くらいアプリが入っていたりするorz
自分がいくつのアプリを入れているのかまったく把握していませんww

こ、これは、このような記事を目にしたのも何かのご縁ですね。
この記事を更新したら、さっそく、iPhoneアプリの整理に取り掛かることにします><

関連記事

20140428

ちゃんと外堀埋めてないとブーメランが飛んでくる><

【キーワード】ムキになって ……えーと。引用表示してあるのに、出典元がどこか書いてないのは何故

記事を読む

20140715

懐かしい知恵を大事にしようと思ったのは、自分だけではないようだ。

【キーワード】懐かしい知恵 懐かしい知恵を探そうという発想、思いっきり先を越されてましたww

記事を読む

20160902

過去の情報を眺めることで、現在の進化具合を知ることができる

【キーワード】~なのに~ 2008年のエントリです。 このような記事を目にするとき、インター

記事を読む

20140910

ブラウザの世界に、GoogleChromeが登場した時のような衝撃はまた訪れるのだろうか

【キーワード】~の利点 2010年9月の質問……ということは、4年前の状況ですね。 ITの世

記事を読む

20150408

Apple社がキーボード配列において一時期CapsLockキーを右側に配置していたのは何故なのだろう?

【キーワード】稀な CapsLockキーが右側にある、iMacのキーボードを紹介している記事で

記事を読む

20150728

場の雰囲気に影響される事例は存在するようだ

【キーワード】似たような 作り手の思想がアプリを使う人にも影響する、という感じでしょうか。

記事を読む

20140911

そう言えばフラットデザインって突然出てきていつの間にか浸透してたよね

【キーワード】~の利点 そう言えば去年の春先から今頃にかけて、ちょうどこの話すごく盛り上がって

記事を読む

20150113

迷惑メールもどんどん手の込んだものになってきているようですね……。

【キーワード】ネタ占い 迷惑メールをネタにしているサイトやブログはたまに見かけますが。 ここ

記事を読む

20160620

ちょっとしたプログラムから生と死の間に生まれたものの完全さを目撃する

【キーワード】たまたま プログラマの技術情報共有サービスQiitaの記事は、たまに拝見させてい

記事を読む

20140425

人気のある公式アカウントはフォロワーとの交流も密ですね。

【キーワード】わざわざ これは昨年、2013年のエイプリルフールの出来事ですね。 警

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑