歴史は地続きだと肌で感じられる100年前の写真の紹介

公開日: : 最終更新日:2015/03/14 写真・動画

【キーワード】感慨深い

>>6へのツッコミが面白すぎたので取り上げずにはいられませんでしたww

【感慨深い】100年前のロシアのカラー画像wwwww

【感慨深い】100年前のロシアのカラー画像wwwww

うんうん、でも勘違いしちゃう気持ちもわかるよー。
帝政ロシアって、ものすごく昔のような気がするよね。
それがたった100年前にまだ現存していたなんて、あんまりピンとこないよね。うんうん。

ワタクシもこのあいだ歴史を並列で見た時に感じる違和感こそが進歩の証拠なのかもしれない。という過去エントリでその辺の違和感について触れたところ……。
>>6 がフルボッコされてるの見て、自分までいたたまれない気持ちになってしまいましたよ><

スレまとめの本題とまったく違うところに反応しているわけですが(滝汗)
写真は写真でびっくりです。
100年前の写真にしては妙に鮮明なものばかりではありませんか。
帝政ロシアの頃にこんな技術が確立されていたんですねぇ(まだソコこだわるかww)

こちらのまとめ、100年前の日本の写真や80年前の東京のカラー映像なんかも一緒に紹介されてます。
昔があるから、現在がある。
連綿と続く歴史を感じることができる良いまとめだと思いますので、ぜひ、元ページにアクセスしてみてくださいねー。

関連記事

20141206

生命力あふれる瞬間を切り出した、ひな鳥にえさを与える瞬間の写真たち

【キーワード】~するレベル こういった写真を見たときに何となくほっとする、感動を覚える、という

記事を読む

20140325

読んだだけじゃわからない、試してこそ身に染みることがある。

【キーワード】試してみた 動画を見比べてびっくり! 音まで心地良い! ネットで話題の

記事を読む

20160627

パンダ好きが高じてブログを開設した人の愛溢れるパンダ写真の数々

【キーワード】きっかけ えらくかわいいブログタイトルだな、と思ったら、ブログ説明部分にちゃんと

記事を読む

20150225

短い時間でほのぼのできる、動物たちが一生懸命頑張ってる動画いろいろ

【キーワード】結果的に Yahoo! JAPANってほんと、何でも自社コンテンツにしちゃってる

記事を読む

20150311

年を重ねる様子をこんな風に見事に表現する方法があったなんて

【キーワード】感慨深い これはすごい企画ですね……! 実行しちゃうところまたすごいですよ。

記事を読む

20160129

圧倒的に豊かな自然界の色彩表現

【キーワード】思いがけない これはまた見事な……。 こういう写真を見ると、圧倒的な存在感とい

記事を読む

20140315

よく訓練されたワンコは仕込みだか本当だかわからない行動をとるらしい。

【キーワード】まさかの ちょwwwww このワンコ訓練されすぎっ この日本人と犬の動

記事を読む

20141204

どういう発想でこんな建築物を建てようと思ったのか、そっちの方が気になる

【キーワード】~するレベル あ、こういうの好き(´▽`*) 絶対二度見するレベル!の

記事を読む

20150121

物事に動じない、ある意味、意地になっているようにしか見えない人々

【キーワード】気にしない こりゃまた豪快な人たちばかりですねww 気にしないにもほどがありま

記事を読む

20150430

昔の邦題はたしかにセンス良かったですね

【キーワード】ぶっ飛んだ タイトルをわざわざ邦題に作り変えている作品自体を、最近あまり見かけな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑