歴史は地続きだと肌で感じられる100年前の写真の紹介

公開日: : 最終更新日:2015/03/14 写真・動画

【キーワード】感慨深い

>>6へのツッコミが面白すぎたので取り上げずにはいられませんでしたww

【感慨深い】100年前のロシアのカラー画像wwwww

【感慨深い】100年前のロシアのカラー画像wwwww

うんうん、でも勘違いしちゃう気持ちもわかるよー。
帝政ロシアって、ものすごく昔のような気がするよね。
それがたった100年前にまだ現存していたなんて、あんまりピンとこないよね。うんうん。

ワタクシもこのあいだ歴史を並列で見た時に感じる違和感こそが進歩の証拠なのかもしれない。という過去エントリでその辺の違和感について触れたところ……。
>>6 がフルボッコされてるの見て、自分までいたたまれない気持ちになってしまいましたよ><

スレまとめの本題とまったく違うところに反応しているわけですが(滝汗)
写真は写真でびっくりです。
100年前の写真にしては妙に鮮明なものばかりではありませんか。
帝政ロシアの頃にこんな技術が確立されていたんですねぇ(まだソコこだわるかww)

こちらのまとめ、100年前の日本の写真や80年前の東京のカラー映像なんかも一緒に紹介されてます。
昔があるから、現在がある。
連綿と続く歴史を感じることができる良いまとめだと思いますので、ぜひ、元ページにアクセスしてみてくださいねー。

関連記事

20140220

アマチュアのための趣味団体って、交友を広げたり腕試しをしたりいろいろと需要が高そうですね

【キーワード】心が躍る 趣味の同好会みたいのなのって、学生さんの専売特許じゃないんだというのを

記事を読む

20160627

パンダ好きが高じてブログを開設した人の愛溢れるパンダ写真の数々

【キーワード】きっかけ えらくかわいいブログタイトルだな、と思ったら、ブログ説明部分にちゃんと

記事を読む

20140125

何を仕込んでいるのかが肝心

【キーワード】予想外だった 仕込みが過ぎるというのは始まって5秒でわかるんですが(笑) 何を

記事を読む

20141129

もれなく卵が食べたくなる誘惑に襲われる動画

【キーワード】乗っかって 卵という食べ物を、芸術的に表現するとこうなるのか…… 観て

記事を読む

20160114

キョドってるねこの愛らしさときたら……!

【キーワード】情けない ぐはっ☆かわゆす>< キャットタワーから降りられなくなり、助けを

記事を読む

20150824

刹那の写真に驚くのは、人間がそこにいろんな事柄をプラスして想像しているからに他ならない。

【キーワード】幸運にも おお、これは癒されますねぇ/// 【特選25枚】幸運にも捉えた動

記事を読む

20141006

なんでこんな演奏をしようと思ったんだww

【キーワード】衝撃的な 序盤がふつうだからって、最後までふつうとは限らないってことですね(^^

記事を読む

20160805

淡々と野鳥の生態を撮影し続けているフォトブログ

【キーワード】強い印象 本日の紹介先は、野鳥つれづれ記という、野鳥の写真を撮り続け、それを淡々

記事を読む

20140430

クイズ系のコンテンツはやはりムキになってしまいますねww

【キーワード】ムキになって あまりにも淡々としてるんで、本当にムキになっているかどうかが、とて

記事を読む

20141125

懐きすぎて離れようとしないフクロウがかわいい

【キーワード】乗っかって どうしてこの状態ですらすらペンタブ動かせてるの>< 手の上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑