繊細で美しい切り絵アート作品に思わずため息が漏れる

公開日: : 最終更新日:2015/03/10 クリエイティブ

【キーワード】感慨深い

自作の切り絵アートを紹介されているエントリだったのですが。
表示された作品の画像に、思わずため息が漏れてしまいました ε-(´∀`*)
美しい……!

切り絵のアトリエ Aika 感慨深いものです(*´ω`*)

切り絵のアトリエ Aika 感慨深いものです(*´ω`*)

『りんごを見つめる白雪姫』という名前の付けられたこの作品。
ものすごく繊細で、細かい模様も美しく、一瞬で引き込まれてしまいました。
蝶とたわむれる白雪姫が、今にも動きだしそうな可憐さなんですよ。

切り絵というと、日本きりえ協会で紹介されているような、昔ながらの和風テイストのものが連想されてしまうのですが、Google画像検索で切り絵アートを見ると、とんでもなく精巧で細かい、美しいものにチャレンジされている方がたくさんいらっしゃってびっくり!
どれもこれも手の込んだ作品ばかりですよ……今はこういうのが主流なんですね。

細かい作業が必要なこういった作品を完成させた後なら、そりゃ出来上がったら感慨深い気持ちになるだろうなぁ。

いくつかほかの作品も拝見させていただいたのですが、最近の作品で驚いたのが切り絵のアトリエ Aika 桜蝶完成!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+というエントリでした。
蝶の模様が!細かい!!
これはぜひ、元のエントリで確認してみてください!
実物を見て、やさしくそーっと触れてみたいなぁ……

関連記事

20151024

盲点は意外なところに潜んでいる

【キーワード】伝わる 自身の盲点となっている部分を突かれてハッとさせられた経験、ありませんか?

記事を読む

20140827

想像力のみでリアルさを追求した絵画的作品

【キーワード】永遠に語り継がれる これはまたリアルな…… 本当に、完全な空想の産物なんですか

記事を読む

20130927

言葉に還元するのは難しいけれど

【キーワード】感覚だけで ずいぶん長いあいだ忘れていた感覚を、思い出させてくれるエントリに出会

記事を読む

20140821

万人に愛される秘訣は間違いを素直に認めることと打たれ強さにあると思う

【キーワード】話題になる これ、いちばん最初の元ネタしか知りませんでしたww 専門家を付ける

記事を読む

20150128

違う視点から見える世界をブレなく写し撮る写真家のスゴ技

【キーワード】その発想はなかった 見ていると圧倒されます……。 【その発想はなかったわ】

記事を読む

20160323

一目でわかるこの10年間のアニメ作画技術の向上具合

【キーワード】理解するために まさかここまで作画に差が出ているとはww 作画をよく理解す

記事を読む

20140729

アイデアは無限であることを教えてくれるGoogle Doodle

【キーワード】印象的だった お、Google Doodleの話題だ! 毎回楽しませて

記事を読む

20131130

想像力や発想力は身近な不便の中でこそ発揮されるものらしい

【キーワード】超絶便利 ないものは作っちゃえ精神、いいですね(^^) 巷によく売られているア

記事を読む

20160512

ファッションといってもいろいろある

【キーワード】抵抗感がある コラムポータルのトピックスファロー|topicsfaroなるウェブ

記事を読む

20150930

パララックスで振り返る宇宙のはじまりと地球の歴史

【キーワード】はじまり スクロールエフェクトによるパララックスなサイト、一時期はやりましたねー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑