繊細で美しい切り絵アート作品に思わずため息が漏れる

公開日: : 最終更新日:2015/03/10 クリエイティブ

【キーワード】感慨深い

自作の切り絵アートを紹介されているエントリだったのですが。
表示された作品の画像に、思わずため息が漏れてしまいました ε-(´∀`*)
美しい……!

切り絵のアトリエ Aika 感慨深いものです(*´ω`*)

切り絵のアトリエ Aika 感慨深いものです(*´ω`*)

『りんごを見つめる白雪姫』という名前の付けられたこの作品。
ものすごく繊細で、細かい模様も美しく、一瞬で引き込まれてしまいました。
蝶とたわむれる白雪姫が、今にも動きだしそうな可憐さなんですよ。

切り絵というと、日本きりえ協会で紹介されているような、昔ながらの和風テイストのものが連想されてしまうのですが、Google画像検索で切り絵アートを見ると、とんでもなく精巧で細かい、美しいものにチャレンジされている方がたくさんいらっしゃってびっくり!
どれもこれも手の込んだ作品ばかりですよ……今はこういうのが主流なんですね。

細かい作業が必要なこういった作品を完成させた後なら、そりゃ出来上がったら感慨深い気持ちになるだろうなぁ。

いくつかほかの作品も拝見させていただいたのですが、最近の作品で驚いたのが切り絵のアトリエ Aika 桜蝶完成!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+というエントリでした。
蝶の模様が!細かい!!
これはぜひ、元のエントリで確認してみてください!
実物を見て、やさしくそーっと触れてみたいなぁ……

関連記事

20150930

パララックスで振り返る宇宙のはじまりと地球の歴史

【キーワード】はじまり スクロールエフェクトによるパララックスなサイト、一時期はやりましたねー

記事を読む

20160520

自分に適したアイデア出しの方法をふだんから培っておくということ

【キーワード】知恵を絞る アイデア出しについて書かれた記事を見かけると、八割の確率でジェームス

記事を読む

20131130

想像力や発想力は身近な不便の中でこそ発揮されるものらしい

【キーワード】超絶便利 ないものは作っちゃえ精神、いいですね(^^) 巷によく売られているア

記事を読む

20160518

ある程度の枠組みと制限によって、発想の先鋭化がもたらされるようだ

【キーワード】知恵を絞る クリエイティブな作業に関わる人は、割と口を揃えて似たような発言をして

記事を読む

20160517

多彩な表現を一堂に会した絢爛たる表現集

【キーワード】知恵を絞る どうやら有名なサイトだったらしい日本語表現インフォ(小説の言葉集):

記事を読む

20140603

ネタも面白けどペンネームも面白いww

【キーワード】裏を返せば サラリーマン川柳、面白いですよねー(^^) 毎年けっこう楽しみにし

記事を読む

20160307

自分があこがれるような文章の書き手に出会える幸運

【キーワード】影響されやすい あー、この気持ち、すごく分かるなー。 自分もやる気出るのは、い

記事を読む

20140807

飛躍した発想と見えて、確固とした推論を一瞬で組み立てているだけ。

【キーワード】反射的に 「数学は友だち♪」レベルになるには、これに対して反射的に解答を導き出せ

記事を読む

20151204

奪われるのか捧げるのか、それが問題だ

【キーワード】時間泥棒 これは……時間泥棒というよりも、自ら時間を捧げるべき対象の一つですね!

記事を読む

20130928

どんな人にも届くように

【キーワード】感覚だけで ぎっしり詰まった長い文章だけど。 勢いで読まされてしまいましたよ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑