繊細で美しい切り絵アート作品に思わずため息が漏れる

公開日: : 最終更新日:2015/03/10 クリエイティブ

【キーワード】感慨深い

自作の切り絵アートを紹介されているエントリだったのですが。
表示された作品の画像に、思わずため息が漏れてしまいました ε-(´∀`*)
美しい……!

切り絵のアトリエ Aika 感慨深いものです(*´ω`*)

切り絵のアトリエ Aika 感慨深いものです(*´ω`*)

『りんごを見つめる白雪姫』という名前の付けられたこの作品。
ものすごく繊細で、細かい模様も美しく、一瞬で引き込まれてしまいました。
蝶とたわむれる白雪姫が、今にも動きだしそうな可憐さなんですよ。

切り絵というと、日本きりえ協会で紹介されているような、昔ながらの和風テイストのものが連想されてしまうのですが、Google画像検索で切り絵アートを見ると、とんでもなく精巧で細かい、美しいものにチャレンジされている方がたくさんいらっしゃってびっくり!
どれもこれも手の込んだ作品ばかりですよ……今はこういうのが主流なんですね。

細かい作業が必要なこういった作品を完成させた後なら、そりゃ出来上がったら感慨深い気持ちになるだろうなぁ。

いくつかほかの作品も拝見させていただいたのですが、最近の作品で驚いたのが切り絵のアトリエ Aika 桜蝶完成!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+というエントリでした。
蝶の模様が!細かい!!
これはぜひ、元のエントリで確認してみてください!
実物を見て、やさしくそーっと触れてみたいなぁ……

関連記事

20151204

奪われるのか捧げるのか、それが問題だ

【キーワード】時間泥棒 これは……時間泥棒というよりも、自ら時間を捧げるべき対象の一つですね!

記事を読む

20140412

心にほっこり灯がともるような。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 独特の雰囲気があって好きだなぁ。 ギャラリー

記事を読む

20151024

盲点は意外なところに潜んでいる

【キーワード】伝わる 自身の盲点となっている部分を突かれてハッとさせられた経験、ありませんか?

記事を読む

20140203

意外なモノから奏でられる、美しい音楽にココロ洗われる

【キーワード】身近なものから ドラム缶を加工して打楽器にしてしまったことから登場したスティール

記事を読む

20160416

虚構世界を構築するためにこそ、現実について考えることは大切なのだ。

【キーワード】言えないこと 創作者は、現実と向き合うからこそ、虚構を積み上げることができるのだ

記事を読む

20150325

風刺として捉えるなら便利すぎる現代社会への警鐘と考えられなくもない……かな?

【キーワード】もやもやする ここまで振り切れた役立たずなものだと、いっそすがすがしくてカッコい

記事を読む

20140927

外側から見たからこそ分かる魅力を、内側から外側に向けて発信する。

【キーワード】本当の魅力 ウェブマガジンって、本当に増えましたね。数が多すぎて、知らないものが

記事を読む

20130927

言葉に還元するのは難しいけれど

【キーワード】感覚だけで ずいぶん長いあいだ忘れていた感覚を、思い出させてくれるエントリに出会

記事を読む

20131108

想像力×表現力=無限大の可能性

【キーワード】インパクトが強い こういうのを見ると、人間の想像力や表現力というものは本当に無限

記事を読む

20150130

色鉛筆そのものをアート作品としての指輪にしてしまった人の制作過程動画がすごい。

【キーワード】その発想はなかった これはすごい……!! ハンドメイドの域を超えていますね!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑