インターネットの本質はやはりフローではなくアーカイブ性にあると感じる。

公開日: : 最終更新日:2015/03/05 ウェブ・IT関連

【キーワード】変化する

本日紹介するのは2012年9月の記事です。
この記事から二年半が経過して、さらに媒体による表現方法の変化には拍車がかかりはじめているように感じます。

変化する媒体、進化するクリエイティブ : could

変化する媒体、進化するクリエイティブ : could

この記事を読んで真っ先に浮かんだのは、つい先日、Googleがモバイルフレンドリーに対する今後の方針を発表したこと。
この、Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果をもっとモバイル フレンドリーにという内容によって、SEO界に激震が走りましたね。

媒体が変わることで制約を受けることもありますが、もちろん広がる部分もあります。
こういったウェブや、あるいはクリエイティブの方面に限らず、我々は今後、さらに変化の激流に対して素早く対応していく必要に迫られてきているのではないでしょうか。

「十年一昔」なんて言葉がありましたが、もうそんなレベルじゃなく、いろんなことが、とんでもない速さで変化しつつあるのだ、ということを、我々はもっと切実に受け止めなくてはいけないのかもしれません。
そして、だからこそ、変わらない本質、変わらない芯のようなものを、もっと確固たるものとして、明確に打ち出していかなくてはならないのでしょう。変化するからこそ、より一層、本質の明確性が問われる時代がやってきている、と感じます。

少し古い記事を読むことで、現状との比較が成立し、そのことで、どれくらいさまざまなものが変化してきたのかが手に取るようにわかる。ウェブのアーカイブ性の利点を一つ、この記事によって、目の当たりにしたように感じました。

最近じゃtwitterやFacebookなど、SNSのフロー性こそネットの特性のように思われているきらいがありますが、ワタクシ個人としては、やはり、インターネットの本当の良さはこのアーカイブ性にこそあるのだな、と、改めて感じましたね。

関連記事

20150511

圧倒的な手法に見事にはめられると、いっそすがすがしい気分になる。

【キーワード】先入観 うわぁ、見事に引っかかってしまった(^^; やられました……。

記事を読む

20150713

発想の飛躍は役に立たないところから生まれるのかもしれない

【キーワード】無駄なこと 役に立たないサイトと言いますが。 そういう意味では役に立つサイトの

記事を読む

20141017

MTにもWPにもそれぞれ利点がある。どのレベルを求めているのかの問題。

【キーワード】試しつつ 一読、「おまおれ」というネットスラングが頭の中を駆け巡りましたよww

記事を読む

20131030

触発されて調べてみたら、地元のGoogleストリートビューもかなり充実してたよΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

【キーワード】いつの間にか ワタクシの地元の姫路市、いつの間にこんなにストリートビュー充実して

記事を読む

20131125

先入観で決めつけるのはよくないな。

【キーワード】超絶便利 LINE本体(?)は便利に使っていましたが、LINEが提供しているその

記事を読む

20140823

キャズムを超えるときに失われるもの

【キーワード】話題になる この、ちょっとばかり過激なネタを、「一理あるな……」と感じてしまった

記事を読む

20140719

おばあちゃんの知恵が詰まった宝庫のような場所

【キーワード】懐かしい知恵 あ、やっぱりあったんだ、こういうサイト!(喜) しかも、IPO団

記事を読む

20150918

Amazonでの購入金額を調べると面白い発見があった

【キーワード】見返してみると これは面白そうですよ?…………主に、適用してみた本人だけがww

記事を読む

20151116

くだらないことを考えて実行してみる好奇心

【キーワード】役に立たない これ、好きだわーwwwww 役に立たないけど面白いネタ的ブッ

記事を読む

20160726

プログラミングもどきだとしても、自分の作ったものがちゃんと動いたときは言葉にならないほど嬉しいものだ。

【キーワード】制約が多い ワタクシの場合、「プログラミングをやってみよう」と思ったわけではなく

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    その昔、21世紀になる前、携帯電話(FOMAではなくMOVA)の販促マニュアルの仕事で文章を自分で書いたことが有ります(^^;)

    当時、周囲にITに強い「物書き屋」さんがいなかったためですが、当時既にCDになり、デジカメは売れ出し、インターネットはまだ一般化していたもののブレイク前でした。

    私自身もネット環境は導入していましたが、まだパソコン通信が中心の「ダイヤルアップ接続+テレホーダイ」の時代。

    そのマニュアルで「モバイル・コンピューティングと携帯電話の可能性」としての記事を書くことになり、「今後、電子化可能なものはすべて電子化(デジタル化)されてデータとして通信媒体を駆け巡る。携帯電話は、そのインフラが構築されているところなら地球規模の情報環境を手にする(持ち歩く)ことができるようになる。」と言った内容を書いていました。

    今どき2000年以前に作成されたコンテンツがそのまま生き残っているのは皆無に近いですが、有志による「サイトの移植永久保存」のようなものは、今も見かけることが有りますね。

    そう考えると「ネットは大地」。

    数限りない「テキスト資源」「画像資源」が本来のリンク先を失ったまま「化石のように死蔵されている」可能性はかなり高いものが有ります(^^;)

    永く続けてるブログも将来「ネット考古学」的な価値が出てくるかもしれませんね?(^^;)

    ブログという形態が残らない場合は、レンタル・サーバーで借りて移転か・・・個人アーカイブか。

    その点まいるさんは既に準備万端ですなぁ(爆)

    • まいる より:

      >soupさん
      「ダイヤルアップ接続+テレホーダイ」の時代!懐かしいですねー。一瞬、モデムの音が聞こえてしまいましたよ(^^;
      soupさんがその時に書いたというマニュアル、読んでみたいです。
      実際、スマホやタブレット端末の登場のよって、すべてを持ち歩く時代がやってきているわけですから、素晴らしい先見の明ではありませんか。

      >そう考えると「ネットは大地」。
      このたとえを読んで、一瞬ですごい連想が頭の中で弾けました!

      twitterやFacebookのようなSNSは大都会の山手線や環状線の沿線。
      人がひしめき合っている場所で、すごい速さでいろんなことが流れていってる。
      少し離れた場所にはこうしたブログが点在。生活区域みたいな感じでしょうか。
      プロブロガーと言われる人たちはいわゆる田園調布とか芦屋とか、そういう高級住宅街の人たち、みたいな。

      してみれば「化石のように死蔵されている」昔のいわゆるホームページというやつは、都会から離れた山奥の崩れかけた一軒家なのかも>< 
      でもそういう家もちゃんと建てられていれば文化財として保存されている例が多々あるわけで、有志によって移植された保存版サイトは、確かに「ネット考古学」の検証対象たり得ますね。

      うわー、なんか、いろんな発想が瞬時に湧いてきて、今すごくワクワクしてしまいました!
      >その点まいるさんは既に準備万端ですなぁ(爆)
      自分とこ自体が将来「考古学的価値」を持つかどうかはともかく(滝汗)
      自分が紹介している場所が、こういうサイトがあったという「考古学的価値」をいずれ提供できるようになるかもしれない、と考えると、ものすごく更新意欲がわきますね!
      将来を見越して、考古学的価値を持ちそうなものを目ざとく探し回っている気分になってきましたよ。
      かなりモチベーション上がりました!
      素敵なコメントをありがとうございます!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑