CSSいじりはちょっとした気分転換に最適かもしれない

公開日: : 最終更新日:2015/03/02 ウェブ・IT関連

【キーワード】変化する

HTML5とCSS3が主流のなってきて、すっかり新しい技術に頭が追い付かなくなってきていますが><
それでも、今でも、こういう、見た目の感じをいじくるCSSのHow to記事を見ると、つい食いついてしまうんですよねぇ(^^;

CSS3で触るとふわっと変化するボタン | 株式会社デーコム

CSS3で触るとふわっと変化するボタン | 株式会社デーコム

うちのブログにも取り入れたいところなんですが、さてどこに……と思ったとき、浮かんだのが、ランダムピックアップボタン。
そんなわけで、さっそく弄ってみましたよー(笑)
色味を変えていないのであまり変わり映えしませんねorz
まあこういうのはホント、自己満足の産物ですからね(……と開き直ってみるテスト)

いやぁ、楽しいですね!ちょっとしたアクセントだけ変えてみるというのは(´▽`*)
いい気分転換になりました♪

こちらの記事、ものすごく懇切丁寧に手順を解説してくださっています。
どこの値を変えれば、どこの見た目が変わるのか、というのが、とても分かりやすいんですよ。
ブログの見た目をいじろうと思ったときに、初心者が躓きやすいのがまさにここだと思うんです。

何を弄ったらどこが変わるのか?
それをとても上手に説明してくださっているので、こういう記事は初心者にもとっつきやすいと思います。
みなさんもぜひ取り入れてみてくださいねー♪

関連記事

20150219

キーボードで自分がよく叩いてるキー、意識してますか?

【キーワード】意外にも あ、これは意外じゃなかったなー。 むしろ「それしかないんじゃ?」と思

記事を読む

20150713

発想の飛躍は役に立たないところから生まれるのかもしれない

【キーワード】無駄なこと 役に立たないサイトと言いますが。 そういう意味では役に立つサイトの

記事を読む

20150113

迷惑メールもどんどん手の込んだものになってきているようですね……。

【キーワード】ネタ占い 迷惑メールをネタにしているサイトやブログはたまに見かけますが。 ここ

記事を読む

20131015

ネットサービスは加速する

【キーワード】気軽に へぇ、こんなサービスがあったんだ…… 最近、最新事情にとんと疎くなっちゃい

記事を読む

20160729

情報発信はなんのため誰のために行われているのか?

【キーワード】制約が多い 5年前の記事ですが、ここに書かれていることの重要性は現在のほうがより

記事を読む

20150204

何故パソコンが終了するときの「ブツッ」という音が怖いのか、理解できない。

【キーワード】むしろ安心 なんでこれが怖いのか理解できない……>< コトノハ - パソコ

記事を読む

20160704

Windows8のちょっとした小技

【キーワード】面倒に感じる Windowsの不親切設計は今に始まったことではありませんが(苦笑

記事を読む

20140425

人気のある公式アカウントはフォロワーとの交流も密ですね。

【キーワード】わざわざ これは昨年、2013年のエイプリルフールの出来事ですね。 警

記事を読む

20151130

いちばん怖いゲームアプリはやっぱり育成系かな……

【キーワード】時間泥棒 うん、このキーワードを選定した時点で、アプリ紹介の記事は一つ二つ引っか

記事を読む

20160623

多彩な表現力に磨きをかけるための一方策

【キーワード】たまたま 青空文庫の偉大さはいまさら語るまでもありませんね。 過去の名著がボラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑