心が疲れているときには、当たり前の言葉ほど染み込んでくるものなのかもしれない。

公開日: : 最終更新日:2015/02/28 コラム・エッセイ

【キーワード】結果的に

読み終えると同時に、なんだかとてもホッとした気分になってしまいました……ε-(´∀`*)ホッ

結果的には大丈夫

結果的には大丈夫

Renji Talk Homeというサイト内のワンコンテンツでした。このカテゴリでzenhabitsというブログを運営されているレオ・バボータ氏の啓蒙に満ちたテキストを都度、翻訳してアップしてくださっています。

レオ・バボータ氏と言えば、減らす技術 The Power of LESSですね。こちらは読了済みでしたが、まさかこんな風に最近のブログも翻訳して逐次アップしてくださっている方がいらっしゃったとは……!

紹介させていただいたこちらのテキストも、まるで染み渡るようでした……。
生きているとついつい目先の出来事に囚われてしまうし、一喜一憂してしまうものです。
けれど、長いスパンで考えれば、すべてはうまくいくし、結果的には大丈夫なんですよね。
そのことを思い出させていただきました。

 考える人へ。 結果的に、全部なんとかなっている。

 考える人へ。 結果的に、全部なんとかなっている。

こちらのエントリでも、今回取り上げた話と近い話題について書かれていました。
きちんと日々、自分自身と向かい合って生きている人のたどり着く場所は、同じ境地なのかもしれませんね。

関連記事

20140811

日常に密着した言葉は無意識に口をついて出ている

【キーワード】けっこうたくさん お大根……は自分は言わないなぁ。そう口にする人は周りにいますが

記事を読む

20140115

身体的なものより精神的なもののほうが堪えるのかも

【キーワード】自覚した うわぁぁぁあああああ(叫) 自分のこと書かれているのかと思っちゃった

記事を読む

20150303

変わっていく自分をどんどん楽しめたらそれが最高。

【キーワード】変化する 変化を認めないわけではなく。 単にどう変化するか予測できないから、想

記事を読む

20140620

外れに当たることもあるからこそ、あたりを見つけたときの嬉しさが倍増する。

【キーワード】吟味した上で 一読、どこの私かと思っちゃいましたよww 冒頭の文章に殆どに大き

記事を読む

20131104

腹筋崩壊必至!フェアレディZにはとんだ災難。

【キーワード】インパクトが強い 久しぶりに馬鹿笑いしちゃいましたよーwwwww タイトルだ

記事を読む

20140501

コミュニケーションの極意は会話にあらず

【キーワード】ムキになって 「喋る機関銃」の異名を持つワタクシにとっては耳に痛い言葉ですね><

記事を読む

20150404

予定調和で分かりやすいものばかり提供していては、飛躍した発想や想像力は生まれなくなる。

【キーワード】思いもしなかった え、これが「小学生にはむずかしい文章」? そうは思わないけど

記事を読む

20131018

いつもカメラを持ち歩いているようなもの

【キーワード】気軽に これだけ高機能なカメラを内蔵したスマホを持ち歩いているのだから、確かに毎日カ

記事を読む

20140407

多数の知人より密度の濃い友人を。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 「あなたのおかげ」という言葉、とても美しいですね(^^)

記事を読む

20150714

自分の愚痴に相手も賛同してくれると思いこんで、他人を巻き込もうとすることの愚かさときたら

【キーワード】無駄なこと こういう、世の中をちょっと斜めに見たような視点から書かれた文章に弱い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑