キーボードで自分がよく叩いてるキー、意識してますか?

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 ウェブ・IT関連

【キーワード】意外にも

あ、これは意外じゃなかったなー。
むしろ「それしかないんじゃ?」と思える結果ではないかと。

世界一使われているキーボードのキーは意外にも? | コタク・ジャパン

世界一使われているキーボードのキーは意外にも? | コタク・ジャパン

てゆーかww

ゲーマー的に考えて『W』『A』『S』『D』だろうと考えていたのですが、

それ、使う用途が違うwwと盛大にツッコミを入れたくなったのはワタクシだけですか?!(笑)
コントローラー感覚だと「E」のキーが最多利用数というのは意外に感じるんですねww

これはぜひ、日本語での結果が知りたいところです。
おそらく日本語でも「E」のキーは上位に位置することになるのではないかと思うのですが……。

とはいえ、日本語の場合、ユーザーによって「ローマ字入力」か「かな入力」かが分かれますし、英語圏と同じ方法で調査するってわけにもいきませんよねえ。
自分は断然ローマ字入力ですが、かな入力にも根強いファンがいることですしね。

余談ですがここで紹介されていたこのツイート ⇩ に笑いました。

インテルはいってる……こんなところでも猛アピールなんですねww

関連記事

20141126

いちばん最初に入れたiPhoneアプリをたどって、予想外の記憶が掘り起こされた。

【キーワード】乗っかって ワタクシが最初のにインストールしたiPhoneアプリは……あれ、なん

記事を読む

20140502

フリック入力もキーボード入力並みに速くなりたいな

【キーワード】ムキになって いまだにフリック入力がとろいワタクシに最適なアプリではありませんか

記事を読む

20151130

いちばん怖いゲームアプリはやっぱり育成系かな……

【キーワード】時間泥棒 うん、このキーワードを選定した時点で、アプリ紹介の記事は一つ二つ引っか

記事を読む

20131127

firefox使いなら絶対にやっておくべき超簡単なバックアップ方法。

【キーワード】超絶便利 これは絶対にやっておくべき。firefox使いは一か月に一度くらいはこ

記事を読む

20150728

場の雰囲気に影響される事例は存在するようだ

【キーワード】似たような 作り手の思想がアプリを使う人にも影響する、という感じでしょうか。

記事を読む

20160623

多彩な表現力に磨きをかけるための一方策

【キーワード】たまたま 青空文庫の偉大さはいまさら語るまでもありませんね。 過去の名著がボラ

記事を読む

20150202

焦ってしまうような事態に陥ったときこそ、まずは落ち着いて深呼吸を!

【キーワード】むしろ安心 あまりにも当たり前でありながら、まさに真理だ!と感じずにはいられない

記事を読む

20150123

誰も気にしないからこそ、力いっぱいふざけて、結果的に気にされてしまう事例

【キーワード】気にしない ……無駄に長いっすねww しかし、そんなことはきっと、誰も気にしな

記事を読む

20141017

MTにもWPにもそれぞれ利点がある。どのレベルを求めているのかの問題。

【キーワード】試しつつ 一読、「おまおれ」というネットスラングが頭の中を駆け巡りましたよww

記事を読む

20150204

何故パソコンが終了するときの「ブツッ」という音が怖いのか、理解できない。

【キーワード】むしろ安心 なんでこれが怖いのか理解できない……>< コトノハ - パソコ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑