音声検索が広く浸透するにはまだまだ時間がかかるらしい

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 ウェブ・IT関連

【キーワード】意外にも

この記事を読んで初めて意識したんですが。
ワタクシ、何年もiPhoneユーザーなのに、siriを使ったのって二回だけだ!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
しかも、それも、ネットで見た面白い受け答えが本当かどうかを確かめるためだけだったwwwww

「音声検索」、意外にも自宅での利用が多い - インターネットコム

「音声検索」、意外にも自宅での利用が多い – インターネットコム

米Googleの調査では、アメリカの若者の50%以上が音声検索を毎日使っているそうで。
それを受けて、では日本ではいったいどうなのか?を、インターネットコムとNTTコムリサーチが調査してみた結果について、まとめられている記事でした。

……やはり、音声検索の存在は知っていても、あまり頻繁に利用している感じじゃありませんね(^^;
ただ、幅広い年齢層からのアンケート結果なので、これを世代別に分けるとまた違う感じになるかもしれませんね。
そっちの結果が知りたかったなー。

地図利用のために音声検索を利用した人が多いようですが。
日本の地名って同じ漢字でも読みが違ったり特殊な読みが多かったりするわけですが、そういうのもちゃんと拾って的確にそこの地図を拾い出してくれてるんでしょうか……
音声検索をまったく利用しない人間としては、なんとなく不思議な感じがしたのでした(笑)

関連記事

20131125

先入観で決めつけるのはよくないな。

【キーワード】超絶便利 LINE本体(?)は便利に使っていましたが、LINEが提供しているその

記事を読む

20150408

Apple社がキーボード配列において一時期CapsLockキーを右側に配置していたのは何故なのだろう?

【キーワード】稀な CapsLockキーが右側にある、iMacのキーボードを紹介している記事で

記事を読む

20150526

PCの小技は実際に手を動かしてはじめて体が覚えるもの

【キーワード】圧倒的 長くPCに触れている人でも、案外ショートカットとか小技とか知らなかったり

記事を読む

20140818

話題になることで失うものと、淡々と続けることで得るもの

【キーワード】話題になる すべての法則(……は言い過ぎだけど)に逆らっていることが判明しました

記事を読む

20150917

「今日は何の日」の「何」にはたくさんの「何」が詰まっている

【キーワード】見返してみると ひどい風邪を引いて二日ほど寝込んでいたので更新がすっかり飛んでし

記事を読む

20140627

あえて原点に戻ったほうがいい意味で目立てるかもww

【キーワード】~だからこそ iPhoneの着信用メロディは自作したことありますが、そう言えば「

記事を読む

20131211

居ながらにして雄大な世界を追体験できる

【キーワード】ちょっとした冒険 3Dで見られるエベレスト写真集のアプリとな?! こんなものが

記事を読む

20140719

おばあちゃんの知恵が詰まった宝庫のような場所

【キーワード】懐かしい知恵 あ、やっぱりあったんだ、こういうサイト!(喜) しかも、IPO団

記事を読む

20160623

多彩な表現力に磨きをかけるための一方策

【キーワード】たまたま 青空文庫の偉大さはいまさら語るまでもありませんね。 過去の名著がボラ

記事を読む

20150122

昔ながらの「ホームページ文化」の遺跡を見つける。

【キーワード】気にしない 過去エントリいわゆるウェブ日記サービスがいくつかいまだに現役なことに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑