年齢を重ねるごとにより深く楽しめるようになるのが絵本の魅力。

公開日: : 最終更新日:2015/02/09 趣味・実用

【キーワード】ホッとした

ワタクシが絵本の良さが本当にわかったのは、いわゆる思春期を迎えたころでしたかね……。
ちっちゃい時には絵本を与えられなかったので。

恋に悩んだら童心に返って?大人だからこそ読みたい絵本7冊|大学生の困った!を解決するCampus Magazine

恋に悩んだら童心に返って?大人だからこそ読みたい絵本7冊|大学生の困った!を解決するCampus Magazine

タイトルには「恋に悩んだら」と入っていますが、絵本が必要なのは、むしろ、生活に疲れている大人なのではないかと愚考してみたり(^^;
少なくとも、ワタクシにとっては、若いころのより、今のほうが、絵本が染みますから。
絵本には、ふつうに活字を追いかけるのとはまた違った味わいがありますしね。

しかし、ここで紹介されている絵本、ぐりとぐら100万回生きたねこくらいしか知らなかった……(悔)

紹介されている絵本の中で、激しく気になったのが、びりびりという本。Amazonの書評を見たら、むしろ大人向けの絵本かもと書かれている人がいて、余計に気になった次第。

こういう、抽象的なものに弱いのです。
これは早速手に取って見ねば。

関連記事

20151225

閉館した交通科学博物館の歴史に思うそれぞれの時代の息吹

【キーワード】もっと知りたい 交通科学博物館の閉館は、時代の流れを感じて寂しかった出来事の一つ

記事を読む

20160709

宇宙空間における女性の面倒な問題をどのように回避しているかを知ることができる貴重なコラム

【キーワード】面倒に感じる 「面倒に感じる」というキーワードで検索していて、まさか、このような

記事を読む

20131216

子供向け学習教材は、むしろ子を持つ親にこそ必要なものなのかもしれない

【キーワード】それぞれの流儀 科学するこころを開く サイエンスウィンドウという雑誌があるのです

記事を読む

20150620

身近で便利に使いこなしているものの「動く仕組み」を知れば、もっと楽しくなる

【キーワード】特殊な用途 デジカメやコピー機で有名なリコーが手掛けるサイエンス資料館なるサイト

記事を読む

20160506

幼少時に遊んだ素朴な玩具は世界共通のようだ

【キーワード】ノスタルジー 幼い子どもが求めるものって、国や文化による差異があまりないようです

記事を読む

20140820

その特殊アルバイトにどんなきっかけで従事することになったのかが気になる。

【キーワード】話題になる 特殊アルバイトの類って、みなさんどこで情報誌入れて従事することになっ

記事を読む

20150529

これは誰もが一度は考えたことのある問題ではないだろうか。

【キーワード】圧倒的 これは常々ワタクシも感じていることだったのですが。 いろんな意見があっ

記事を読む

20150702

コンセプトを決めた旅行記は読んでいる方にも楽しさが伝わりやすいようだ

【キーワード】どこにでも なんか、モノクロトーンのお洒落なページが登場しました…… -

記事を読む

20150827

肉眼でオーロラを見た人の体験談は現地での体感に満ちていた

【キーワード】幸運にも これは羨ましい!!! 北欧・北極圏オ-ロラの旅 オーロラは

記事を読む

20150428

たった一冊の過激な本のタイトルに注目するのではなく、それが登場するに至った背景こそが大事なのでは

【キーワード】ぶっ飛んだ 今年の2月の記事ですね。 そうか、いま中国ではこういう書名が目を惹

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑