紙の本はいずれ、レコードのようにマニア向けの贅沢品になっていくのではないだろうか。

公開日: : 最終更新日:2015/02/07 コラム・エッセイ

【キーワード】むしろ安心

本との出会いは人との出会い、ってわたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるのDainさんを思い出すなぁ。

本との出会い方: つれづれなるままに

本との出会い方: つれづれなるままに

電子書籍と紙の本が共存していくことになるだろう、という予測は、おそらくそうなるだろうな、という予感はあります。
というか、いまのところ、多くの人が、それを望んでいるようなので。
紙の本を手に取ることが好きである、紙をめくるときの感触が好きである、と、そういうことですね。

自分は自他ともに認める書痴で、文字を読まずには生きていけない人なんですが、別に本という形じゃなくてもいいや、と思っている人なので、「すべての本が電子書籍になっても別に構わない」派です。
何に重きを置くか、ということでしょうね。
見た目や感触に重きを置くか、書かれている内容(コンテンツそのもの)に重きを置くか。
ワタクシにとっては、用があるのは中身です。コンテンツです。そこに何が書かれているかです。

昔話をしますが、レコードがCDに駆逐されはじめたころ、レコードジャケットを好きな人たちが、サイズが小さくなってコレクションの楽しみがなくなる、みたいなことを口にしていたことがありました。そのときも自分は音楽が聞ければ媒体はなんでもいい派だったので、むしろレコードに比べて音質が上がるCDの登場は歓迎すべきものでした。いまじゃそのCDすら配信業に駆逐されようとしています。配信になると音質的にどうかなーというのがあったけれど、最近ではハイレゾ音源なるものが登場し始め、対応機器によってさらに良い音質で音楽を楽しめる環境が整ってきたわけです。
レコードどころかCDは、一部の、マニア向けのものになってきている。

本も、おそらく、同じ道をたどるのではないかと思います。
ワタクシにとっては装丁やあるいはそれが紙であることなどより、そこに書かれている内容が大事なので、むしろ自分の読みたいものがどんどん電子書籍化され、iPhoneの端末の中にそれを全部詰め込めれば、好きなコンテンツを好きなときに、しかも本を持ち歩くような重い思いをせずとも、いつでも読めるようになってきている現在の状況は歓迎すべきものなんですが、それによって紙の本が駆逐されてしまうことに懸念を抱く人が多いのもわからないことはないし、そのノスタルジーを否定するつもりもありません。
ただ、レコードと同じ、マニア向けの贅沢品になっていくんだろうな、その流れは止められないのだろうな、と、そう思うだけです。

……紙の本だろうが、電子書籍だろうが、本を読む人間のほうが限られている、という自覚を持つことのほうが大事なんじゃないかと思う昨今。読書人口が減ってきているということはもうずいぶん前から言われてきていることですが、実際、周りを見回しても、本当にみんな本を読まないんですね……おまえら小説はともかく仕事に関連したビジネス書や実用書くらいは読めよ、と思うんですが、そういうのも読まない。だからある読書家の営業さんがPCDAサイクルについて話をしたときも、本を読まない連中はポカーンとしていて、話が通じたのはワタクシだけ、という状況が発生し、みんなどんだけレベル低いんだよ……と愕然としたのですよ。

本が好きで本を大量に読んでいる自分は、大多数の人にとってはただの変わり者なのだ、と自覚していないと、世間様と目線が完全にずれていくという事実。
こういう状況があるので、電子書籍にかかるコストと、紙の本にかかるコストのことを考えると、余計に、紙の本は贅沢品になっていくんだろうな、と感じるざるを得ないのでした。
都会に住んでいるとまた違った感想になるのかもしれませんけどね。

関連記事

20150714

自分の愚痴に相手も賛同してくれると思いこんで、他人を巻き込もうとすることの愚かさときたら

【キーワード】無駄なこと こういう、世の中をちょっと斜めに見たような視点から書かれた文章に弱い

記事を読む

20141127

個人ブログは楽しければそれでいいじゃない。

【キーワード】乗っかって ブログをやっている人間というのは、宣言という自己主張が大好きなんです

記事を読む

20141024

寡聞にして、「離婚式」なるものがあることを、今日まで知りませんでした……

【キーワード】勇気ある決断 離婚式……初めて聞いたよ……こんな言葉あったんだ……( = =)

記事を読む

20160728

課せられたハンデをただのハンデで終わらせず活かすための考え方

【キーワード】制約が多い 相手の立場に立ってものを考えることが大事、というのはよく言われること

記事を読む

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

20151125

理想の本の手に入れ方

【キーワード】意外なところから 電子書籍擁護派のワタクシですが、今でもリアル書店大好きです。

記事を読む

20131109

ネタに走るのは関西人の特権なのだろうか

【キーワード】インパクトが強い ああ、書かれている傾向がいまだに続いていることのほうが驚きです

記事を読む

20160413

贋作にもいろいろな種類がある

【キーワード】言えないこと 10年前の記事です。検索しててこういう古い記事を発掘した時は、なん

記事を読む

20160727

真の自由は制限のある中で得られる発想の飛躍によってもたらされるのかもしれない

【キーワード】制約が多い 三谷幸喜さんのこの言葉、いろんなところで引用されているのを見かけます

記事を読む

20141219

翻訳家・山岡洋一氏のコラムから、出版業界の体質を思う

【キーワード】想像力が及ばない 翻訳家の山岡洋一さん、亡くなられていたのですね……。 以下に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑