色鉛筆そのものをアート作品としての指輪にしてしまった人の制作過程動画がすごい。

公開日: : 最終更新日:2015/01/30 クリエイティブ

【キーワード】その発想はなかった

これはすごい……!!
ハンドメイドの域を超えていますね!

その発想はなかった色鉛筆のリング

その発想はなかった色鉛筆のリング

こちらの記事では、誰がどういう目的で作ったものなのかわからなかったので、Google画像検索でリング完成品の写真を検索してみました。
This Guy Turned A Pack Of Colored Pencils Into A Beautiful Ring | Bored Pandaというサイトがヒット。Peter Brownさんの作品であることと、彼の制作過程を記した動画が紹介されていました。

いやぁ、7分弱の動画に見入ってしまいましたね。ものすごく手が込んでいます。
彼のEtsyへのリンクをクリックしてみたのですが、アカウントを削除してしまった様子。あらら、残念。
Etsyはハンドメイド商品を気軽に売り買いできるサイトなので、もしかしたら、この指輪を購入できたかもしれなかったんですけどねー。

しかし、上記Bored Pandaの記事のおかげで、mcbjewelleryという、他にも色鉛筆でアート作品を作っている人のサイトを見ることもできたので、目の保養になりました(^^)
アイディアやインスピレーションは、本当に無限ですね!

関連記事

20150325

風刺として捉えるなら便利すぎる現代社会への警鐘と考えられなくもない……かな?

【キーワード】もやもやする ここまで振り切れた役立たずなものだと、いっそすがすがしくてカッコい

記事を読む

20140328

なんでも鵜呑みにせず自分でチャレンジしてみないとね

【キーワード】試してみた ついこの間、一般人もLINEのスタンプを作って販売できるようになると

記事を読む

20150507

敷居の高さを少しでも下げてくれる参加しやすいイベントは大歓迎!

【キーワード】要約すれば うお、こんなイベントあるんだ! プログラミングという言葉を聞くだけ

記事を読む

20141220

5年前のコンテンツだけど、今こそ読み返したい、「人とロボットの秘密」全文掲載記事。

【キーワード】想像力が及ばない 人とロボットの秘密という、2008年に出版された、今でもふつう

記事を読む

20150828

ミニチュア切り絵「キリグラフ」の奥深い世界

【キーワード】幸運にも こういう形のアート作品というのもあるんですねぇ。 オトブリッジ

記事を読む

20140207

ミステリ好きなら一読の価値あり

【キーワード】身近なものから ミステリ小説大好き人間としては、この記事はスルーできないなぁ(笑

記事を読む

20131130

想像力や発想力は身近な不便の中でこそ発揮されるものらしい

【キーワード】超絶便利 ないものは作っちゃえ精神、いいですね(^^) 巷によく売られているア

記事を読む

20140512

ステキなロゴだなーとお店を調べてみたら……

【キーワード】敢えて おしゃれなロゴって、それだけで記憶に残りますよね(^^) ne

記事を読む

20151010

タネがわかればなんともないけど、知らずに見るとびっくりする彫刻作品

【キーワード】驚愕した ある動画を紹介している記事だったのですが。 動画初見時、思わず「うわ

記事を読む

20150919

遠回りなようで一番の近道になるワンクッション。

【キーワード】見返してみると ワタクシには写真を撮る趣味はありません。 それなのに、読みなが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑