期待すべきは読み手の読解力ではなく自分自身がどこまで書ききれているか

公開日: : 最終更新日:2014/12/27 コラム・エッセイ

【キーワード】スルーできない

読み手に期待しないということですね。
……と書くと、なんだか上から目線に聞こえるかもしれませんが、そういうことではなく。

必要なのは読み手の読解力や理解力ではなく書き手の説明力とスルー力 | THE HAM MEDIA BLOG

必要なのは読み手の読解力や理解力ではなく書き手の説明力とスルー力 | THE HAM MEDIA BLOG

要は自分の気持ちの問題とでも言いますか。
閲覧者に期待するから、荒らされたり炎上したときに、反論したくなるんですよね。
最初から期待していなければ、反論が来てもスルーできる、と。

こちらのエントリを読んでいて、過去に自分がやっていたブログのことを思い出しました。
ええ、このブログと並行して、いっとき、自分の思ったことをダラダラと書き連ねるブログをやっていたんですよ。先日個人ブロガーはみな勇気あるM属性を持っているに違いない。というエントリでも取り上げたInternet Archiveに、その時の様子もちゃっかり残ってるんですが(^^;

……せっかくInternet Archiveで発掘したことだし、この機会に久しぶりに晒すか。

はい、そのときの論争をインターネットアーカイブから引っ張ってきてみました。自虐的ですね(苦笑)
この三つのエントリは、2006年2月から3月にかけてのものです。そして、今回取り上げさせていただいたエントリは、2008年のもの。
当時はいかにブログを書くか、という各論があちらこちらで散見されたり、あるいは言及リンクなしのトラックバックは是か非か、なる論争も勃発したりしたものです。

それらに終止符を打ったもの。それがtwitterの登場だと思います。

twitterが登場したのは2007年のことでしたが、爆発的に普及し始めたのは2009年から2010年あたりにかけてのことだったと記憶しています。そして、twitterの登場によって、多くの「主義主張は持たぬが気持ちを表現して誰かとゆるくつながりたい」という人たちは、もうブログというものにこだわる必要がなくなりました。

主義主張を持つ人たち、あるいはtwitterの短文ではとても自分を表現しきれぬ!という人たちは、相変わらずブログを書きつづけていますし、そういう人たちは同時にtwitterで短文を書き散らかしてもいる(笑)という、ある意味カオスな状態になってきましたが。

HTMLを覚えて自作ホームページを作る時代。
     ⇩
ブログの登場で表現の敷居が下がり猫も杓子もブログに飛びつく時代。
     ⇩
何を書いたらいいのか分かんないよー、ブログブームに乗り遅れちゃうよー><……あ、twitter登場した!「○○なう」って書いとけばいいんだ!な時代。

ものっそい大雑把に区切ってみましたが。
こうしてみると、インターネット普及以後という短い期間にも「表現というもの」を取り巻く環境は激変していますが、人間のやっていることにはあまり変わりがないようですね。
してみれば「何か書きたい、表現したい」という欲求の根底にあるのは結局のところ「誰かとコミュニケーションしたい」になるのでしょうか。そう言えばインターネット普及前は、パソコン通信によるフォーラムでのコミュニケーションなんてのもありましたね。

かくいうワタクシにもその「コミュニケーションに対する欲」はありますが、それはとても稀少なものでして。コミュニケーションに至ればラッキー、って程度ですねぇ。その、100回に一回だか1000回に一回だかのラッキーを拾い出せたらラッキー、という思いを胸に、ひっそりとこのブログを続けて、いつの間にか10年も経過していたわけです(笑)
二つやっていたブログを一つに減らしたのは単に物理的に時間が足りなかったというだけのことなんですがwwwww

つながり合う、というか、通じ合いたい欲、と言うべきですかね。
誰かに理解されたい、という気持ちがあるから、理解されない場合に炎上したり論争になったりするのかと。
つまり、それらの欲を削ぎ落としていけば、炎上しても論争になっても華麗にスルーできるわけですね。
少なくとも自分なりに筋道立ててきちんと反証ができるなら、どんな形、どんな表現の場であれ、対応していけるのだと思います。

関連記事

20160618

人間には自身の抱えているものを笑いに変える自由がある

【キーワード】やりすごす あまりにも深い、真摯な記事だったので、どう紹介したらいいのか迷います

記事を読む

20150612

後悔しない学生生活を送ってほしい、と願うのは、後悔ばかりの学生生活を送ってきたから。

【キーワード】振り返って 勉強「だけ」をやっていて許されるのは学生時代だけ。 だから、その後

記事を読む

20160308

コミュニケーションにおける距離の垣根が取り払われて、言葉も混じり合いつつあるのかもしれない。

【キーワード】影響されやすい 純粋な方言は年配の方たちのなかにしか残っていないのではないか、と

記事を読む

20131102

今は廃れた機能もその頃は必然だと思えたものなんです……( = =) トオイメ

【キーワード】いつの間にか なんというオールドカー世代のおっさんホイホイ…… 車に関する様々

記事を読む

20150207

紙の本はいずれ、レコードのようにマニア向けの贅沢品になっていくのではないだろうか。

【キーワード】むしろ安心 本との出会いは人との出会い、ってわたしが知らないスゴ本は、きっとあな

記事を読む

20160209

文章からにじみ出る人柄に惹きつけられる旅行記を読む

【キーワード】巡り巡って 変な名称のついた場所って、たくさんあるんですね…… 巡り巡って

記事を読む

20160423

がんばりすぎる人へ。素直に現状を吐露していいのだと背中を押してもらえます。

【キーワード】自分から 疲れたときは素直に疲れたと口にした方がいいけれど、疲れたと言うことで周

記事を読む

20160725

テレビ離れと言われているほど皆がテレビから離れているわけではなさそうな

【キーワード】制約が多い テレビ離れ、言われて久しいですね。 twitterとか見てると、個

記事を読む

20150414

人間にも飼い犬にも優しい共生社会への提案。

【キーワード】プラスアルファの 1999年に書かれたコラムです。 もう16年も前の記事にもか

記事を読む

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑