【キーワード】スルーできない

公開日: : 最終更新日:2014/12/28 キーワード

過日、ブログ友達のやまさんsoupさんが、soupさんの地元・奈良にて晴れて邂逅を果たされ、それぞれがやまさんのお気楽雑記帳 2nd season 【御朱印】 奈良・三重ツーリング 2 【忍者】朋あり遠方より来る、また楽しからずや【ともありえんぽうよりきたる、またたのしからずや】 | 現代用語のクソ知識2014 @ 非 有吉弘行というエントリにて、その時の様子をアップされていました。

やまさんのお気楽雑記帳 2nd season 【御朱印】 奈良・三重ツーリング 2 【忍者】

やまさんのお気楽雑記帳 2nd season 【御朱印】 奈良・三重ツーリング 2 【忍者】

朋あり遠方より来る、また楽しからずや【ともありえんぽうよりきたる、またたのしからずや】 | 現代用語のクソ知識2014 @ 非 有吉弘行

朋あり遠方より来る、また楽しからずや【ともありえんぽうよりきたる、またたのしからずや】 | 現代用語のクソ知識2014 @ 非 有吉弘行

その中で、ワタクシの興味をいちばん引いたネタ……それが酷道国道308号線の話でした。
ちなみに、酷道とは、Wikipediaによると

酷道(こくどう)は日本語の俗語で、一般国道のうち乗用車による通行が困難であるなど文字通り「酷(ひど)い状態の国道」を、「国道」の読み(こくどう)に引っ掛けて揶揄するものである。

と説明されており、確かに国道308号線は、途中に石畳などが存在していることからもわかる通り、紛うことなき酷道と呼べるでしょう。

ところで、ワタクシが酷道ネタに激しく反応してしまうのには理由があります。
soupさんがすでにネタとして記事にされていた酷道308【こくどう308】 | 現代用語のクソ知識2014 @ 非 有吉弘行というエントリのコメント欄に長々と認めてきましたように、昔、酷道国道429号線に紛れ込んでしまい、エライ目に遭った経験があるからです……( = =) トオイメ
酷道国道429号線がいかにひどい道なのかは、以下の動画を見ていただければ分かりやすいかと思います。



ワタクシはこの動画の逆方向である、青垣側から生野側に抜けていく羽目に陥ったのですが><
このときの経験はすっかりトラウマですorz
以来、二度と紛れ込んでなるものかと、酷道情報の収集に余念がありません。

その情報収集に利用させていただいているサイトの一つである国道を往く—国道(酷道)の実走レポート—でも、国道ランク別リストページの最上段、文句なしの酷道 通行には相応の技量が必要という項目に国道308号、国道429号、ともにランクインしており、この二箇所がいかにひどい酷道なのかがよく分かろうというものですヽ(´ー`)ノ ふっ

そんなところに、相応の技量も持たず、間違って紛れ込んでしまったワタクシは、本当に命からがらその道を通り抜けたのですよ。あの時は本当に死を覚悟しましたよ……( = =) トオイメ
大袈裟だと思うなら一度そこそこ大きな車で国道429号線の、せめて青垣峠だけでも走破してみるが良いww 遠慮はいらぬwwwww 緊張のあまり背中にじっとりと伝う汗を思う存分感じてくるが良いwwwww

ちなみにワタクシが当時乗っていた車は四輪駆動のRAV4……そういや当時はSMAPの木村拓哉氏がこの車のCMをしていたなぁ。別にそれに惹かれて買ったわけじゃありませんがww 旦那の転勤で雪国に住む羽目になり購入した車で、現地ではそれなりに重宝しましたが、しかし、あの狭い国道429号線の青垣峠を越えるにはまったく適さない車ではありました……あの雑木林にもまれたおかげでボディが傷だらけになったしな!……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

かように、人にはスルーできないネタというものが一つや二つ、存在するのではないかと思いました。今回は「スルーできない」をキーワードに検索、いったいどんな出来事に反応してしまう人たちがいるのかを、探してみようかと思います。

関連記事

20140615

【キーワード】吟味した上で

先日、図書館で、乱読のセレンディピティなる本を借りました。ネット上での評判が良かったので、すぐに予約

記事を読む

20131103

【キーワード】インパクトが強い

こないだはてなブックマーク経由で面白い記事を読みました。 【騒音よさらば】大発明「部屋に静

記事を読む

20141012

【キーワード】試しつつ

先週のlivedoor Readerサービス終了のお知らせショックから何とか立ち直らんとすべく、代替

記事を読む

20150201

【キーワード】むしろ安心

先週の日曜日、惰眠をむさぼって昼過ぎにダラダラと起き上り、なんとなくtwitterを覗いたら、島田荘

記事を読む

20160619

【キーワード】たまたま

先日、サイドバーに設置してあるランダムピックアップボタンをぽちぽちしていたら、下記の過去エントリが現

記事を読む

20151213

【キーワード】印象が変わる

久しぶりにブログの背景(+α)を変えてみました。 前回変えたのはいつだったかな……と探してみると、

記事を読む

20150308

【キーワード】感慨深い

【キーワード】むしろ安心という過去エントリにて、安心して放映を待つ、と宣言した土曜プレミアム『天才探

記事を読む

20151206

【キーワード】思い出す

ふと、最初ってどんな感じで始めたっけ?と思い、このブログのためにいちばん最初に書いた記事にアクセスし

記事を読む

20151220

【キーワード】もっと知りたい

先日、このような記事を目にしました。 趣味、Wikipedia読書ってやっぱりひかれるのかな

記事を読む

20140601

【キーワード】裏を返せば

熱しやすく冷めやすい性分です。 一定期間、あるものを追いかけたら、急に熱が冷めて、別のものに目移り

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    「酷道を行く」系など、こういう動画はやはり「怖いもの見たさ」(^^;)的なものが有りますね。

    MISIAのBGMが妙にはまってるのも不思議なのですが、動画中の「GPSが検知できません」のナビのメッセージに吹き出しました(爆)

    生い茂る木々がこの酷道をさらに過酷なものにしているのがよくわかります。

    まぁそれにしても、動画主の車が何かはわからないものの、バイクと対抗しても、一瞬やり過ごすために停車するこの道の狭さに苦笑を禁じえません。

    私の住む奈良県には、市街地でも江戸時代の名残を残す旧市街地域が残っている田舎町などは、今でもとんでもない道(県道・農道)がゴロゴロしているので、この308号線クラスは、ある意味「狭路踏破の入門編」的な部分もあるのですが(爆)

    視界が更に悪くなる「夜」に走ろうとは絶対に思いませんね(^^;)

    • まいる より:

      >soupさん
      ネタ提供あざーす(ぇ、提供してくれたのはやまさん?^^;)
      >動画中の「GPSが検知できません」のナビのメッセージに吹き出しました(爆)
      ワタクシもあそこでは吹き出しましたww
      >バイクと対抗しても、一瞬やり過ごすために停車するこの道の狭さに苦笑を禁じえません。
      RAV4でも、当然のように、バイクをやり過ごすために何度か停止した記憶が蘇りますっ><
      ほんとーに、超絶に、狭い道なんですよ……( = =) トオイメ

      動画ではその直後あたり、動画に映りこまないほど遠方に車の影が見えた時点で、先に一旦停止していたり、あるいはカーブで対向車にかちあってしまった時点で、すぐにバックして対応するなど、うp主のドライビングテクニックが光りますが、これくらいのテクニックを持たずにこの道に迷い込むのはまさに自殺行為……少なくとも、ワタクシにとっては、まさに自殺行為でした(苦笑)

      奈良県はやはり古都の風情を残しているので、あのような昔懐かしい風景の道が(酷道308号以外にも)たくさん残っていそうですね。ということは、県民の皆さんは、否応なくドライビングテクニックを鍛えられているのかも。
      夜にこの手の道を走るのはごめんだという意見には、もろ手を挙げて賛成しますww
      コメントありがとうございましたー!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑