5年前のコンテンツだけど、今こそ読み返したい、「人とロボットの秘密」全文掲載記事。

公開日: : 最終更新日:2014/12/20 クリエイティブ

【キーワード】想像力が及ばない

人とロボットの秘密という、2008年に出版された、今でもふつうに販売されている書籍を、全文連載形式で紹介するという、おもしろい試みがなされているページがこちらです。

人とロボットの秘密:まえがき 自分と同じものをつくりたい業(ごう) - ITmedia ニュース

人とロボットの秘密:まえがき 自分と同じものをつくりたい業(ごう) – ITmedia ニュース

検索でこのキーワードに引っかかったのは第三章の二ページ目である人とロボットの秘密:第3章-1 子どもはなぜ巨大ロボットが好きなのか ポスト「マジンガーZ」と非記号的知能 (2/3) – ITmedia ニュースだったのですが、遡って全文読んでみたところ、たいそうエキサイティングで面白い内容でしたので、これはぜひ、皆様にも最初から読んでいただきたいと思いまして、いちばん最初のページを紹介することにしました。

以下、目次を引用させていただきます。
サイト内では途中でリンクが切れてて探さなくちゃいけなかったので><

まえがき 自分と同じものをつくりたい業(ごう)
第1章-1 哲学の子と科学の子
第1章-2 「アトムを実現する方法は1つしかない」
第2章-1 マジンガーZが熱い魂を宿すには
第2章-2 ロボットは考えているのか、いないのか
第2章-3 アンドロイドが問う「人間らしさ」 石黒浩教授
第3章-1 子どもはなぜ巨大ロボットが好きなのか ポスト「マジンガーZ」と非記号的知能
第3章-2 「親しみやすい」ロボットとは 記号論理の限界と芸術理論 中田亨博士の試み
第4章-1 「意識は機械で再現できる」 前野教授の「受動意識仮説」
第4章-2 生物がクオリアを獲得した理由 「受動意識仮説」で解く3つの謎
第4章-3 機械で心を作るには 「哲学的ゾンビ」と意識
第5章-1 ガンダムのふくらはぎと「システム生命」
第5章-2 機械が生命に学ぶ時代 吉田教授の「3つの“し”想」
第6章-1 人とロボットの歩行は何が違うのか
第6章-2 ロボットが“ものをかむ”には
第6章-3 人の心を微分方程式で書けないか 高西教授の「情動方程式」モデル
最終章-1 ガンダムも参戦できる「ROBO-ONE」
最終章-2 近づく攻殻機動隊の未来 ネットの発達と人の心
最終章-3 “人=ロボット”の時代へ
あとがき からくり技術に見る、日本人の独創性

個人的には第4章の人間の意識に言及したあたりがいちばんエキサイティングでした。
あ、当然、書籍一冊分の分量ですので、すべてのページを読むとなるとそれなりの時間が必要です。そんなわけで、この記事は土曜日に紹介させていただくことにしました。
おりしも明日は日曜日ww ぜひ、ゆっくりじっくり腰を据えて、全文、読み込んでください(^^)

ネットで読むより書籍形式がいいよーという方はこちらからどぞ☆

関連記事

20160518

ある程度の枠組みと制限によって、発想の先鋭化がもたらされるようだ

【キーワード】知恵を絞る クリエイティブな作業に関わる人は、割と口を揃えて似たような発言をして

記事を読む

20140203

意外なモノから奏でられる、美しい音楽にココロ洗われる

【キーワード】身近なものから ドラム缶を加工して打楽器にしてしまったことから登場したスティール

記事を読む

20140729

アイデアは無限であることを教えてくれるGoogle Doodle

【キーワード】印象的だった お、Google Doodleの話題だ! 毎回楽しませて

記事を読む

20150919

遠回りなようで一番の近道になるワンクッション。

【キーワード】見返してみると ワタクシには写真を撮る趣味はありません。 それなのに、読みなが

記事を読む

20150217

変わったデザインのベンチは見ているだけでもワクワクする

【キーワード】意外にも これは、一度は実物を目にしてみたいと思われるベンチの数々ですね……!

記事を読む

20160421

世界一周の旅を終えた方のたどり着いた境地の、圧倒的な説得力

【キーワード】自分から かなりの分量のテキストですが、引きこまれてあっという間に読み終えてしま

記事を読む

20140919

紹介記事はかくあるべきだな。

【キーワード】的確すぎて twitterで連作マンガを書いている人を紹介している記事でした。

記事を読む

20140925

伝統のものも見せ方次第で新しく魅力的に発信できる

【キーワード】本当の魅力 FAAVO(ファーボ)って、今はやりのクラウドファンディングと地方を

記事を読む

20131007

再現したがる人たち

【キーワード】~しちゃった あ、外国の話だった(^^; マルちゃんラーメンの海外版パッケージ

記事を読む

20150601

壊れたハードをこのような方法で自作修理してしまう猛者がいたとは

【キーワード】妙なこだわり 気に入った製品は製造中止後にもなんとか使い続けたい……その気持ちは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑