寡聞にして、「離婚式」なるものがあることを、今日まで知りませんでした……

公開日: : 最終更新日:2014/10/24 コラム・エッセイ

【キーワード】勇気ある決断

離婚式……初めて聞いたよ……こんな言葉あったんだ……( = =) トオイメ

現代社会が生んだ愛と切なさの勇気ある決断「離婚式」 - Ameba News [アメーバニュース]

現代社会が生んだ愛と切なさの勇気ある決断「離婚式」 – Ameba News [アメーバニュース]

てゆーか、この記事、2012年06月15日の日付になってますね……そんなに前からあった言葉なのか。ものを知らないにもほどがあるよワタクシorz

てゆーか、逆に考えるんだ、
そんな前から出てきている言葉で企画なのに、二年たった今もまだ浸透しきっていないから、ワタクシのようにネットにかじりついている人間すら今まで知らなかったのだ!と。
ぬるい頭してんなーと言われそうですねww……orz

まぁ、あれだ。結婚しないと離婚はできないわけですから、この離婚式を執り行っている人たちは、一度は結婚できたというだけで、ある意味、一度も結婚できない人たちよりは幸せなのではないでしょーか(棒読み)

それにしても、離婚式のメインイベントは、結婚指輪を二人でハンマーでたたき割ることですか……もったいない(ヲイww)
とはいえ、離婚体験のある人間ですので、そこまでしてもけじめをつけたい気持ちはわからんこともないな、と思ってしまったワタクシなのでしたww(オチ)

関連記事

20140929

続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。

【キーワード】続けていれば 競馬なんてギャンブルじゃん、と一笑に付す人もいるでしょうけど。

記事を読む

20150611

同じ現象をどうとらえるかで、その後に受取る結果が変わる

【キーワード】振り返って なんということはない、自身の人生の振り返りの内容だったのですが。

記事を読む

20141216

身の回りを「無菌状態」に保ったところで、偽物の安心感しか得られない

【キーワード】想像力が及ばない 「無菌社会」とは言い得て妙だなぁ。 無菌社会・日本

記事を読む

20131028

月日の流れが身に染みるのは、実はこんな些細なできごとに遭遇したときだったりする。

【キーワード】いつの間にか 自分が同じような出来事でショックを受けたのは、好きなドラマやアニメ

記事を読む

20150812

「あなたの知らない世界」を垣間見る

【キーワード】立ち位置 先日、ファッションって本気だとここまでやらなくちゃいけないものなんです

記事を読む

20140918

人の不幸は蜜の味……とはいえそれも程度問題かと><

【キーワード】的確すぎて へヴィーな話が出てきたらどうしよう……とちょっとドキドキしながら読み

記事を読む

20131109

ネタに走るのは関西人の特権なのだろうか

【キーワード】インパクトが強い ああ、書かれている傾向がいまだに続いていることのほうが驚きです

記事を読む

20141120

心の重りを少しだけ外せる、語り継がれるべき方法。

【キーワード】やり直したい あ、結城浩さんの記事だ。結城さんと言えば数学ガールシリーズですね。

記事を読む

20150806

話し上手と話好きの間には天と地ほどの差が開く

【キーワード】~より~のほうが 意外な結果のようにも思えますが、読み進めると妙に納得させられて

記事を読む

20160413

贋作にもいろいろな種類がある

【キーワード】言えないこと 10年前の記事です。検索しててこういう古い記事を発掘した時は、なん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑