寡聞にして、「離婚式」なるものがあることを、今日まで知りませんでした……

公開日: : 最終更新日:2014/10/24 コラム・エッセイ

【キーワード】勇気ある決断

離婚式……初めて聞いたよ……こんな言葉あったんだ……( = =) トオイメ

現代社会が生んだ愛と切なさの勇気ある決断「離婚式」 - Ameba News [アメーバニュース]

現代社会が生んだ愛と切なさの勇気ある決断「離婚式」 – Ameba News [アメーバニュース]

てゆーか、この記事、2012年06月15日の日付になってますね……そんなに前からあった言葉なのか。ものを知らないにもほどがあるよワタクシorz

てゆーか、逆に考えるんだ、
そんな前から出てきている言葉で企画なのに、二年たった今もまだ浸透しきっていないから、ワタクシのようにネットにかじりついている人間すら今まで知らなかったのだ!と。
ぬるい頭してんなーと言われそうですねww……orz

まぁ、あれだ。結婚しないと離婚はできないわけですから、この離婚式を執り行っている人たちは、一度は結婚できたというだけで、ある意味、一度も結婚できない人たちよりは幸せなのではないでしょーか(棒読み)

それにしても、離婚式のメインイベントは、結婚指輪を二人でハンマーでたたき割ることですか……もったいない(ヲイww)
とはいえ、離婚体験のある人間ですので、そこまでしてもけじめをつけたい気持ちはわからんこともないな、と思ってしまったワタクシなのでしたww(オチ)

関連記事

20160618

人間には自身の抱えているものを笑いに変える自由がある

【キーワード】やりすごす あまりにも深い、真摯な記事だったので、どう紹介したらいいのか迷います

記事を読む

20141217

着ぐるみの中の人になったリアルな体験談

【キーワード】想像力が及ばない これはなかなか、あるようでない体験談なのでは?! B

記事を読む

20160423

がんばりすぎる人へ。素直に現状を吐露していいのだと背中を押してもらえます。

【キーワード】自分から 疲れたときは素直に疲れたと口にした方がいいけれど、疲れたと言うことで周

記事を読む

20141004

運命だと悲観するか、偶然だと楽しむか。

【キーワード】続けていれば 一読、なんてかっこいい考え方なんだ!とワクワクしてしまいました。

記事を読む

20140111

詩集の楽しみ方いろいろ

【キーワード】響きに惹かれて 詩集は何度も手に触れて少し角が擦れたくらいのほうが好ましい、とい

記事を読む

20140419

ふいんき(変換できない)とその派生形および起源の考察

【キーワード】何故か 最初はただの言い間違いだったのが、いつの間にかツッコミ待ちみたいな使われ

記事を読む

20160530

田舎暮らしの欠点をあげつらった上で、それでも田舎暮らし楽しいと言えるなら

【キーワード】憧れる 最近、田舎暮らしに憧れる人が多いんですってね。 あちらこちらで田舎暮ら

記事を読む

20131219

ことわざの説明もやりようによってはこんなに面白くなる

【キーワード】それぞれの流儀 一読、ほくそえんでしまいました。 こういう人、好きだwwwww

記事を読む

20160422

情報遮断をしていても、本当に必要なものなら自然と入ってくるものだ。

【キーワード】自分から 本日紹介するエントリを読みながら、自分もこのような境地を経て、SNSと

記事を読む

20160813

こだわりの強さは自分のなかの軸がぶれている証左かもしれない

【キーワード】我が道を行く 読み進めて思わずはっとさせられました……。 確かに、芯がしっかり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑