すっぱり思い切る決断をすることが、いちばん勇気の必要なことかもしれない

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 コラム・エッセイ

【キーワード】勇気ある決断

本当に勇気が必要なことって、続けることじゃなくて、止めることなのかもしれませんね……

勇気ある決断: ぐうたら仕業な人の思うこと

勇気ある決断: ぐうたら仕業な人の思うこと

ある種の資格試験、国家資格の取得を目指している人って、文字通り、人生をかけていますよね。
こちらのエントリで触れられている、十数年間ずっと資格取得を目指してきた友人氏も、きっと人生かけてその資格取得に取り組んでこられたのだと思います。

それを諦めると、このブログ主のホジョゼイ氏に報告するのは、それはそれは勇気が必要なことだったでしょう。
あるいは、それをホジョゼイ氏に報告することで、すっきりしたかったのかもしれないし、区切りをつけたかったのかもしれません。

読みながら少ししんみりしてしまいました……
それはきっと、自分にもあった過去の「こだわっていたことをあきらめざるを得なくなった」経験が想起されたからだと思います。
全部を手に入れられるとは思っていません。だからワタクシにもあきらめざるを得なかったことがたくさんあります。
だからこそ、諦めずに済んだ、いま手にすることができているものの大切さが、より理解できるのです。
この友人氏も、いつかそんな境地にたどり着いてくれたらいいな、と思います。

関連記事

20160314

切り替えの早いフットワークの軽さが肝なのかもしれない

【キーワード】習慣の問題 努力の方向を見極める、というのは本当に大切なことですね。 それに気

記事を読む

20150212

人の振り見て我が振り直せ、というのは、自覚が伴うかどうかが大事だということでもある。

【キーワード】ホッとした これは! ホッとするとこ間違ってる!と指摘したい。強く指摘したい!

記事を読む

20160211

想像力を刺激され興味を掻き立てられる自然な文章

【キーワード】巡り巡って 想像力を刺激されるとても素敵な文章でした(〃∇〃) 地球をつな

記事を読む

20160308

コミュニケーションにおける距離の垣根が取り払われて、言葉も混じり合いつつあるのかもしれない。

【キーワード】影響されやすい 純粋な方言は年配の方たちのなかにしか残っていないのではないか、と

記事を読む

20150831

漢字の成り立ちには由来がある。

【キーワード】見方が変わる なぜ「桜」という漢字には「女」という文字が含まれているのか。 ワ

記事を読む

20141111

きっとおじいさんは本当の願いをかなえてから旅立ちたかったんだね。

【キーワード】びっくりした これは誰が体験しても絶対に驚くわ!!!!!( ゚Д゚)えええぇぇぇ

記事を読む

20140612

手の届く範囲の憧れがどんどん消えていく

【キーワード】刺激された 昔から憧れつつ、結局一度も乗らずじまいだったなぁ……( = =) ト

記事を読む

20150716

それが「自分」にとってどういう意味を持っているのか、それが大事

【キーワード】無駄なこと 名言を紹介しているサイトはたくさんありますが、その名言が「自分にとっ

記事を読む

20150414

人間にも飼い犬にも優しい共生社会への提案。

【キーワード】プラスアルファの 1999年に書かれたコラムです。 もう16年も前の記事にもか

記事を読む

20141018

使い捨て紙おむつ発祥の由来に面白いエピソードが隠されていた。

【キーワード】試しつつ 今ではすっかり定着した使い捨て紙おむつ。 祖父が孫のために開発したも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑