使い捨て紙おむつ発祥の由来に面白いエピソードが隠されていた。

公開日: : 最終更新日:2014/10/18 コラム・エッセイ

【キーワード】試しつつ

今ではすっかり定着した使い捨て紙おむつ。
祖父が孫のために開発したものだったのですね。

パンパースの歴史 JP.Pampers.com

パンパースの歴史 JP.Pampers.com

少し前に、パンパースが制作したというMOM’S 1ST BIRTHDAY ママも1歳、おめでとう。| 紙おむつのパンパースの動画が話題になりましたね。
ワタクシもたまたま見て、涙腺が緩んだクチです(^^;

そのパンパース発祥の由来が綴られているページでした。
1960年代の、パンパース発売当時、「どこに陳列すべきかわからなかった」というエピソードが秀逸ですね。
確かに、新しいものは既存のカテゴリーに収まりきらないものです。

それにしても、パンパース公式サイトの充実っぷりにびっくり。ふだん用がない(苦笑)ので、初めて閲覧したのですが、育児に関するあれやこれやがここまで懇切丁寧に解説されていたとは。
知らない世界を垣間見た気がしました。

関連記事

20160422

情報遮断をしていても、本当に必要なものなら自然と入ってくるものだ。

【キーワード】自分から 本日紹介するエントリを読みながら、自分もこのような境地を経て、SNSと

記事を読む

20131105

どこの地域にもこういう「風景から浮いた施設」が一つ二つありそうな気がする……

【キーワード】インパクトが強い ああ、確かに、田んぼの中にこんな建物そびえてたら、そりゃインパ

記事を読む

20150207

紙の本はいずれ、レコードのようにマニア向けの贅沢品になっていくのではないだろうか。

【キーワード】むしろ安心 本との出会いは人との出会い、ってわたしが知らないスゴ本は、きっとあな

記事を読む

20140115

身体的なものより精神的なもののほうが堪えるのかも

【キーワード】自覚した うわぁぁぁあああああ(叫) 自分のこと書かれているのかと思っちゃった

記事を読む

20140111

詩集の楽しみ方いろいろ

【キーワード】響きに惹かれて 詩集は何度も手に触れて少し角が擦れたくらいのほうが好ましい、とい

記事を読む

20160308

コミュニケーションにおける距離の垣根が取り払われて、言葉も混じり合いつつあるのかもしれない。

【キーワード】影響されやすい 純粋な方言は年配の方たちのなかにしか残っていないのではないか、と

記事を読む

20141127

個人ブログは楽しければそれでいいじゃない。

【キーワード】乗っかって ブログをやっている人間というのは、宣言という自己主張が大好きなんです

記事を読む

20131220

偏らず、公平に客観的に、しかし読み手に染み入るかのような人柄の文章

【キーワード】それぞれの流儀 ほぼ日刊イトイ新聞は、コンテンツが膨大過ぎて、とてもすべて読み切

記事を読む

20141223

コミュニケーションはいつから押し付けるものになったのだろうか。

【キーワード】スルーできない いくら技術が進歩して新しいものが出てきたところで、人間の基本的な

記事を読む

20141120

心の重りを少しだけ外せる、語り継がれるべき方法。

【キーワード】やり直したい あ、結城浩さんの記事だ。結城さんと言えば数学ガールシリーズですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑