月日の流れが身に染みるのは、実はこんな些細なできごとに遭遇したときだったりする。

公開日: : 最終更新日:2013/10/28 コラム・エッセイ

【キーワード】いつの間にか

自分が同じような出来事でショックを受けたのは、好きなドラマやアニメのキャラクターの歳を、自分がずいぶん追い越してしまったと気づいてしまった時だったなぁ……( = =) トオイメ ⇦ オタクですからww

びっけのひとりごと |いつの間にか年下だ

びっけのひとりごと |いつの間にか年下だ

こちらの方は、夏の甲子園での高校球児たちを見ていてこれを感じられたそうな。
自分が彼らの歳を追い越しているのみならず、あまつさえ自分の娘よりも高校球児たちが年下になった事実に、叫び声をあげてますヽ(´ー`)ノ ふっ 

ちなみにこちらのブログに「いつの間にやら弟たちになっていて愕然とした人々」ランキングが掲載されてました。

1.高校球児
2.お相撲さん
3.プロ野球の選手
4.プロゴルファー
5.医者
6.議員

ああ、なるほど、これが一般人の感覚なのか。自分のようにドラマやアニメのキャラクターを追い越したことでショックを受ける人間は少数派なのか(´・ω・`)シュン

かくなる上は沖田艦長の歳を追い越すまではショックを受けるのはやめるとしよう(なんか違う)

関連記事

20150530

探していると見えない、作りだそうと思えば見える、それが人生の意味。

【キーワード】圧倒的 意味なんてないと気づいたときがスタート地点ですよ、きっと。 生きて

記事を読む

20140115

身体的なものより精神的なもののほうが堪えるのかも

【キーワード】自覚した うわぁぁぁあああああ(叫) 自分のこと書かれているのかと思っちゃった

記事を読む

20150406

絶対に男性にしか体験できない稀な出来事

【キーワード】稀な これ、男性にしか体験できない稀な事態ではありませんか……! 稀な経験

記事を読む

20160413

贋作にもいろいろな種類がある

【キーワード】言えないこと 10年前の記事です。検索しててこういう古い記事を発掘した時は、なん

記事を読む

20160219

楽しさは教えるものではなく、やって見せるものではないか

【キーワード】~ではないか 関係者はうすうす気づいているし、必要性も分かっている。 けれどそ

記事を読む

20141024

寡聞にして、「離婚式」なるものがあることを、今日まで知りませんでした……

【キーワード】勇気ある決断 離婚式……初めて聞いたよ……こんな言葉あったんだ……( = =)

記事を読む

20150228

心が疲れているときには、当たり前の言葉ほど染み込んでくるものなのかもしれない。

【キーワード】結果的に 読み終えると同時に、なんだかとてもホッとした気分になってしまいました…

記事を読む

20140620

外れに当たることもあるからこそ、あたりを見つけたときの嬉しさが倍増する。

【キーワード】吟味した上で 一読、どこの私かと思っちゃいましたよww 冒頭の文章に殆どに大き

記事を読む

20140811

日常に密着した言葉は無意識に口をついて出ている

【キーワード】けっこうたくさん お大根……は自分は言わないなぁ。そう口にする人は周りにいますが

記事を読む

20140802

1982年の古い話でも、検索すれば当時のことを記録している人がたくさんいた。

【キーワード】印象的だった こちらの文章を読んで、紹介されている時期の月食が、どれくらい印象的

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑