続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。

公開日: : 最終更新日:2014/09/29 コラム・エッセイ

【キーワード】続けていれば

競馬なんてギャンブルじゃん、と一笑に付す人もいるでしょうけど。
それをネタにブログというものをここまで極めてるんだから、大したもんだと思います。

ダラダラと続けていれば本気の趣味になる瞬間がやってくる

ダラダラと続けていれば本気の趣味になる瞬間がやってくる

すてきなブログだったので、他の記事もいくつか読ませていただきました。そうすると実際、このブログ、かっこいいんですよ。すごく作りこんであるし、内容は多岐にわたっているのに整合性があるんです。
これはきっと、ブログ主であるタネショーさんに一本芯の通った信念みたいなものがあるからじゃないかな。

その、読み手としてワタクシが感じた「芯」のようなものも、最初からあったわけじゃないみたいなんですね。
その辺の顛末がこのエントリに記されているわけですが、やっていくうちに培われたものだということがよく分かります。

してみれば同じくだらだら続けているだけのこのブログにも、いつかブレイクスルーの瞬間がやってくるかもしれませんね……ふふふふふ(壊)

関連記事

20160127

ブログの記事が消える悲しみを魂の底から憂う熱い記事

【キーワード】思いがけない 記事タイトルが魂の叫びすぎて、紹介せずにはいられませんでした……

記事を読む

20131220

偏らず、公平に客観的に、しかし読み手に染み入るかのような人柄の文章

【キーワード】それぞれの流儀 ほぼ日刊イトイ新聞は、コンテンツが膨大過ぎて、とてもすべて読み切

記事を読む

20150926

枠にとらわれず、さまざまな分野から、良いものを吸収していく有利さ

【キーワード】冷静でいられない TFTを紹介しているお坊様がいたことに、ちょっとびっくりしてし

記事を読む

20141025

免許証にしがみついている年配者は「自分だけは大丈夫」病にかかっている

【キーワード】勇気ある決断 この勇気は多くの人に持ってほしいけど、ほんとみんな、しがみつくよね

記事を読む

20140307

執着やこだわりを捨てたら幸運が舞い込む……かもしれない。

【キーワード】覚悟を決めたら どれもこれも一理あるなぁと思っちゃいましたね。 実録!

記事を読む

20160425

自己分析ができるかどうかは心に余裕があるかどうかの指標になる

【キーワード】余裕を持って エントリタイトルに入っていた「常に余裕を持って優雅たれ」という言葉

記事を読む

20160411

怖いの方向が斜め上の、本当にあった怖い話。

【キーワード】言えないこと エントリタイトルから、夏に流行る怪談系の話かと思いながら読み進めた

記事を読む

20151125

理想の本の手に入れ方

【キーワード】意外なところから 電子書籍擁護派のワタクシですが、今でもリアル書店大好きです。

記事を読む

20150831

漢字の成り立ちには由来がある。

【キーワード】見方が変わる なぜ「桜」という漢字には「女」という文字が含まれているのか。 ワ

記事を読む

20141024

寡聞にして、「離婚式」なるものがあることを、今日まで知りませんでした……

【キーワード】勇気ある決断 離婚式……初めて聞いたよ……こんな言葉あったんだ……( = =)

記事を読む

Comment

  1. […] 参考になるか分かりませんが続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。という記事を書いて頂きました。嬉しいですね、こういうことですよ(笑) […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑