続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。

公開日: : 最終更新日:2014/09/29 コラム・エッセイ

【キーワード】続けていれば

競馬なんてギャンブルじゃん、と一笑に付す人もいるでしょうけど。
それをネタにブログというものをここまで極めてるんだから、大したもんだと思います。

ダラダラと続けていれば本気の趣味になる瞬間がやってくる

ダラダラと続けていれば本気の趣味になる瞬間がやってくる

すてきなブログだったので、他の記事もいくつか読ませていただきました。そうすると実際、このブログ、かっこいいんですよ。すごく作りこんであるし、内容は多岐にわたっているのに整合性があるんです。
これはきっと、ブログ主であるタネショーさんに一本芯の通った信念みたいなものがあるからじゃないかな。

その、読み手としてワタクシが感じた「芯」のようなものも、最初からあったわけじゃないみたいなんですね。
その辺の顛末がこのエントリに記されているわけですが、やっていくうちに培われたものだということがよく分かります。

してみれば同じくだらだら続けているだけのこのブログにも、いつかブレイクスルーの瞬間がやってくるかもしれませんね……ふふふふふ(壊)

関連記事

20160118

後ろめたい人間ほど小芝居したがるものらしい

【キーワード】身近な謎 筆者ご本人も言及されているとおり、謎というほどのこともありませんが。

記事を読む

20150406

絶対に男性にしか体験できない稀な出来事

【キーワード】稀な これ、男性にしか体験できない稀な事態ではありませんか……! 稀な経験

記事を読む

20141023

すっぱり思い切る決断をすることが、いちばん勇気の必要なことかもしれない

【キーワード】勇気ある決断 本当に勇気が必要なことって、続けることじゃなくて、止めることなのか

記事を読む

20150605

予定調和ゆえに出会いがあった、という新鮮な展開を読んだ。

【キーワード】妙なこだわり へぇ、日刊スポーツ内にこんなコンテンツがあったんですね。 気にな

記事を読む

20131018

いつもカメラを持ち歩いているようなもの

【キーワード】気軽に これだけ高機能なカメラを内蔵したスマホを持ち歩いているのだから、確かに毎日カ

記事を読む

20141003

モチベーションの保ち方は人それぞれ。宣言もその一つになると思う。

【キーワード】続けていれば こういうふうに「自分がブログを続けている理由」を宣言するのは、モチ

記事を読む

20151015

本棚に隙間があると埋めたくなる欲求をなんと名づけるべきか

【キーワード】過程が楽しい なんというか、見事な「読書オタほいほい」な記事タイトルだな……と感

記事を読む

20151121

過去の自分の記録は未来の自分へあてた手紙のようだ

【キーワード】役に立たない どこのワタクシの話かと思っちゃいましたよww 役に立たないだ

記事を読む

20131104

腹筋崩壊必至!フェアレディZにはとんだ災難。

【キーワード】インパクトが強い 久しぶりに馬鹿笑いしちゃいましたよーwwwww タイトルだ

記事を読む

20141010

誤解は些細なことから生じるが、自分の非をちゃんと認められるかどうかが大事ではないか

【キーワード】衝撃的な 別に女性に限らないでしょうが。 思い込み激しくて曲解する人って、確か

記事を読む

Comment

  1. […] 参考になるか分かりませんが続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。という記事を書いて頂きました。嬉しいですね、こういうことですよ(笑) […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑