続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。

公開日: : 最終更新日:2014/09/29 コラム・エッセイ

【キーワード】続けていれば

競馬なんてギャンブルじゃん、と一笑に付す人もいるでしょうけど。
それをネタにブログというものをここまで極めてるんだから、大したもんだと思います。

ダラダラと続けていれば本気の趣味になる瞬間がやってくる

ダラダラと続けていれば本気の趣味になる瞬間がやってくる

すてきなブログだったので、他の記事もいくつか読ませていただきました。そうすると実際、このブログ、かっこいいんですよ。すごく作りこんであるし、内容は多岐にわたっているのに整合性があるんです。
これはきっと、ブログ主であるタネショーさんに一本芯の通った信念みたいなものがあるからじゃないかな。

その、読み手としてワタクシが感じた「芯」のようなものも、最初からあったわけじゃないみたいなんですね。
その辺の顛末がこのエントリに記されているわけですが、やっていくうちに培われたものだということがよく分かります。

してみれば同じくだらだら続けているだけのこのブログにも、いつかブレイクスルーの瞬間がやってくるかもしれませんね……ふふふふふ(壊)

関連記事

20150527

子供が成長過程で自分が成長しているかどうかなど考えないのと同じ話かもしれない。

【キーワード】圧倒的 エントリタイトルが秀逸ですね。 体験の実感が溢れています。 圧倒

記事を読む

20141216

身の回りを「無菌状態」に保ったところで、偽物の安心感しか得られない

【キーワード】想像力が及ばない 「無菌社会」とは言い得て妙だなぁ。 無菌社会・日本

記事を読む

20150815

目の前のことをコツコツとこなしていれば、自分のスタンスはおのずから見出されるもの

【キーワード】立ち位置 なんという正論でしょう。 むしろ、「立ち位置」そのものについて考えて

記事を読む

20150110

よその地方から大阪にやってきた人が、大阪に慣れるまでの記録。

【キーワード】なんでやねん ブログタイトルが大阪に慣れるまでの日々で、最後のエントリが2011

記事を読む

20140423

Disりながらツンデレな形で愛を語るSF読み

【キーワード】わざわざ 正直、SFのほうはあんまりわからない>< お前らわざわざ無

記事を読む

20160723

学術的に大切な話を雑学レベルで消化する

【キーワード】迂闊にも こういう話を読むのが大好きなので、見かけるとつい熱中してしまいます(^

記事を読む

20160119

他人の思い込みに振り回されるべからず

【キーワード】身近な謎 以下に紹介する記事、ちょっとびっくりして、慌てて真相を検索してしまいま

記事を読む

20140317

必要がないと感じていたからであって、必要とあらば普及するでしょう……多分(ゑ

【キーワード】理由について 赤文字に一言でキレイにまとめられてた……。 外国人に「日

記事を読む

20150716

それが「自分」にとってどういう意味を持っているのか、それが大事

【キーワード】無駄なこと 名言を紹介しているサイトはたくさんありますが、その名言が「自分にとっ

記事を読む

20141219

翻訳家・山岡洋一氏のコラムから、出版業界の体質を思う

【キーワード】想像力が及ばない 翻訳家の山岡洋一さん、亡くなられていたのですね……。 以下に

記事を読む

Comment

  1. […] 参考になるか分かりませんが続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。という記事を書いて頂きました。嬉しいですね、こういうことですよ(笑) […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑