伝統のものも見せ方次第で新しく魅力的に発信できる

公開日: : 最終更新日:2014/09/25 クリエイティブ

【キーワード】本当の魅力

FAAVO(ファーボ)って、今はやりのクラウドファンディングと地方を結び付けようという面白い試みをしているサイトですね。
募集している企画に地域ごとの特色があって面白いなぁと、たまにちらちら見ておりました。

新潟発のお祭り!風呂敷のファッションショーで風呂敷の本当の魅力を伝えたい - FAAVO新潟

新潟発のお祭り!風呂敷のファッションショーで風呂敷の本当の魅力を伝えたい – FAAVO新潟

こちらの企画は新潟発、すでに目標金額を達成している優秀な企画です。
風呂敷ファッションショーって、面白いところに目を付けたなぁと思います。

と、思いつつ関連ページに飛んだところ、こちらの企画はふろしきやという新潟にある店舗さんが主宰していたようで、件のイベントは7月末に行われたようです。イベント情報ページによると2013年にも行われたようですから、これは来年もあるのではないでしょうか(^^)
フロコレ2014 | Facebookページに当日の模様が記録された写真がアップされているのですが、どれもこれも子どもたちが可愛らしくて、こういう着せ方があるのかとちょっとびっくりしちゃいましたよ。

モンペだってユニクロの戦略(違ww)でドレープパンツなどと名前を変えて再び脚光を浴びましたからね、
風呂敷だってうまく戦略を練ればまた脚光を浴びる時代が来るかもしれませんね。

関連記事

20140924

日本茶ソムリエが語る、日本茶のほんとうの魅力と美味しさ

【キーワード】本当の魅力 衝撃的においしい日本茶、ワタクシも飲んでみたい……。 Da

記事を読む

20140919

紹介記事はかくあるべきだな。

【キーワード】的確すぎて twitterで連作マンガを書いている人を紹介している記事でした。

記事を読む

20140517

twitterとブログの良い部分をそれぞれに引き出す形

【キーワード】敢えて こういう過去ログの使い方もあったのか!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

記事を読む

20150919

遠回りなようで一番の近道になるワンクッション。

【キーワード】見返してみると ワタクシには写真を撮る趣味はありません。 それなのに、読みなが

記事を読む

20151127

よその分野に目を向ければ、固定観念を突破できるかもしれない

【キーワード】意外なところから 自分自身を着飾る、という意味でのファッションネタはワタクシの苦

記事を読む

20150130

色鉛筆そのものをアート作品としての指輪にしてしまった人の制作過程動画がすごい。

【キーワード】その発想はなかった これはすごい……!! ハンドメイドの域を超えていますね!

記事を読む

20140201

型を生かして型を超える、その美しく奥深い世界。

【キーワード】決まりきった 書道という響きはとても日本的なものだと感じてしまうのですが。 書

記事を読む

20150120

子どもたちの成長記録を絵日記で綴るオールラウンドプレーヤー主婦☆

【キーワード】気にしない ブログタイトルに「気にしない」が入っている、絵日記を描いてる主婦の方

記事を読む

20150925

敷居が高いと思われがちな世界も、バックボーンに思いを馳せれば楽しくなる。

【キーワード】冷静でいられない 冒頭の文章のかっこよさにやられました。 というか、この気持ち

記事を読む

20130928

どんな人にも届くように

【キーワード】感覚だけで ぎっしり詰まった長い文章だけど。 勢いで読まされてしまいましたよ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑