伝統のものも見せ方次第で新しく魅力的に発信できる

公開日: : 最終更新日:2014/09/25 クリエイティブ

【キーワード】本当の魅力

FAAVO(ファーボ)って、今はやりのクラウドファンディングと地方を結び付けようという面白い試みをしているサイトですね。
募集している企画に地域ごとの特色があって面白いなぁと、たまにちらちら見ておりました。

新潟発のお祭り!風呂敷のファッションショーで風呂敷の本当の魅力を伝えたい - FAAVO新潟

新潟発のお祭り!風呂敷のファッションショーで風呂敷の本当の魅力を伝えたい – FAAVO新潟

こちらの企画は新潟発、すでに目標金額を達成している優秀な企画です。
風呂敷ファッションショーって、面白いところに目を付けたなぁと思います。

と、思いつつ関連ページに飛んだところ、こちらの企画はふろしきやという新潟にある店舗さんが主宰していたようで、件のイベントは7月末に行われたようです。イベント情報ページによると2013年にも行われたようですから、これは来年もあるのではないでしょうか(^^)
フロコレ2014 | Facebookページに当日の模様が記録された写真がアップされているのですが、どれもこれも子どもたちが可愛らしくて、こういう着せ方があるのかとちょっとびっくりしちゃいましたよ。

モンペだってユニクロの戦略(違ww)でドレープパンツなどと名前を変えて再び脚光を浴びましたからね、
風呂敷だってうまく戦略を練ればまた脚光を浴びる時代が来るかもしれませんね。

関連記事

20140729

アイデアは無限であることを教えてくれるGoogle Doodle

【キーワード】印象的だった お、Google Doodleの話題だ! 毎回楽しませて

記事を読む

20141208

辞書編集も電話帳編集もいずれも大変な作業です><

【キーワード】大間違い へぇ……タウンページって、それ自体で一つの会社だったんですね。 我が

記事を読む

20150217

変わったデザインのベンチは見ているだけでもワクワクする

【キーワード】意外にも これは、一度は実物を目にしてみたいと思われるベンチの数々ですね……!

記事を読む

20150919

遠回りなようで一番の近道になるワンクッション。

【キーワード】見返してみると ワタクシには写真を撮る趣味はありません。 それなのに、読みなが

記事を読む

20130927

言葉に還元するのは難しいけれど

【キーワード】感覚だけで ずいぶん長いあいだ忘れていた感覚を、思い出させてくれるエントリに出会

記事を読む

20140201

型を生かして型を超える、その美しく奥深い世界。

【キーワード】決まりきった 書道という響きはとても日本的なものだと感じてしまうのですが。 書

記事を読む

20140821

万人に愛される秘訣は間違いを素直に認めることと打たれ強さにあると思う

【キーワード】話題になる これ、いちばん最初の元ネタしか知りませんでしたww 専門家を付ける

記事を読む

20160415

それぞれに固有の思い出を引き出す力に満ちたキャッチコピーいくつか

【キーワード】言えないこと 企業広告やキャッチコピーを読むのが大好きです。 おそらく、すべて

記事を読む

20160802

一秒間の動きを表現するのに一体何コマ何ページ使用するのか

【キーワード】強い印象 ある文章を読んで、本題と関係のないところでツボにはまることとか、ありま

記事を読む

20140603

ネタも面白けどペンネームも面白いww

【キーワード】裏を返せば サラリーマン川柳、面白いですよねー(^^) 毎年けっこう楽しみにし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑