生で見るアーティストの魅力を感じよう!

公開日: : 最終更新日:2014/09/22 趣味・実用

【キーワード】本当の魅力

あ、今回のキーワード選定に一番ふさわしいページをピックアップしてしまったww

ライブでしか味わえない魅力|ライブやコンサートを楽しむためのルールとマナー

ライブでしか味わえない魅力|ライブやコンサートを楽しむためのルールとマナー

ライブやコンサートを楽しむためのルールとマナーというサイト内のワンコンテンツでした。

コンサートやライブに行ったことがないという人、ワタクシの周りにもけっこういるんですよね……。
いわく、CD聞けばいいじゃない、とか。
テレビに出てくるんだから、それを見ればいいんじゃない?とか。
人気のある人ならライブもWOWOWで放送されたり、DVDも発売されるんだし、それを見れば十分じゃない?とか。

いいえ、ぜ・ん・ぜ・ん・違いますっっっ!
そういう誤解をしている人にこそ、こういったページを読んでほしいですねー。

とはいえ。
こればっかりは行ってみないと何がどう違うのか分かりにくいとは思うんですよ。言葉に還元したとたん、なんか違うなーと思っちゃいますし。むしろ言葉で説明すればするほど、本質から遠ざかってしまいそうな……><
ライブにまだ行ったことがないという人は、こういう場所で基礎知識を仕入れて。
でもってみんな、生の魅力を体感しに出かけようゼ☆

関連記事

20140108

山登りにはいったいどんな魅力があるのか

【キーワード】響きに惹かれて 登山を趣味にしてる人って、すごいなぁと、体力のない徹頭徹尾インド

記事を読む

20150624

ドラえもんというコンテンツの偉大さをかみしめる

【キーワード】分けて考えれば 改めて、ドラえもんというのは偉大なコンテンツなのだなーということ

記事を読む

20140107

些細なきっかけで貴重な体験

【キーワード】響きに惹かれて 陸上自衛隊の部隊体験研修に参加されてきた女性の体験談が綴られてい

記事を読む

20151016

列車の旅には列車でしか感じられないロマンがある

【キーワード】過程が楽しい このデジタル時刻表なら、電車旅好き諸氏の高い欲求ハードルにも難なく

記事を読む

20131216

子供向け学習教材は、むしろ子を持つ親にこそ必要なものなのかもしれない

【キーワード】それぞれの流儀 科学するこころを開く サイエンスウィンドウという雑誌があるのです

記事を読む

20160324

説明も何もない謎のようなシンプルなサイト

【キーワード】理解するために アクセスしたときに、一見して何のサイトなのかわからないことがあり

記事を読む

20160405

某記事に言及するだけでなく、自分なりのコツも書いているとても親切な人

【キーワード】よくあること インスパイアされたという元記事へのリンクも欲しかったなぁと思いつつ

記事を読む

20140903

ソフトの発展はバグを見つけてくれたりデータを提供してくれたりする有志の力によるところが大きいんだな

【キーワード】そこだけは bveって何だろう、と思って調べてみたら。Bve trainsim

記事を読む

20160505

平成年表を振り返って、あなたはいくつ覚えてますか?

【キーワード】ノスタルジー 年表形式で出来事を羅列しているだけのページ。 それなのに開いただ

記事を読む

20150827

肉眼でオーロラを見た人の体験談は現地での体感に満ちていた

【キーワード】幸運にも これは羨ましい!!! 北欧・北極圏オ-ロラの旅 オーロラは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑