知らない世界を垣間見るのは、どんな時でもワクワクするもの

公開日: : 最終更新日:2013/10/25 コラム・エッセイ

【キーワード】形を変えて

面白い、といってしまうと語弊がありますが。でも面白い!
自分の知らない世界をこのように懇切丁寧に解説されているテキストというのは、どんなものでも面白いものです。ましてやナイフなど、身近な存在でありながら作る工程を目にする機会がないシロモノについての解説ときたら、これが面白くないわけがない。

鍛冶作業に挑戦してみる

鍛冶作業に挑戦してみる

……まぁここで作られているのはナイフじゃなくて漁師さんが使うマキリという道具なんですが。

トップページに飛ぶとものまに屋という海と工作とバイクの話をメインにつづる個人サイトである旨が書かれており、この鍛冶作業は「作る」というコンテンツ内に置かれていました。

無いものは自分で作ってしまえ。それが基本スタイルってのがカッコよすぎて思わずため息が漏れちゃいましたよ(´∀`*)ウットリ

「鍛冶屋になろうのシリーズ」を全編読んでみたところ、まず火をおこす段階でものすごい試行錯誤が繰り広げられています。そりゃそうだ、1200度近くの高温を物しなければ鍛冶作業を始めることすらできないわけですからね。このあたり、圧巻です。

ものづくりが好きな人間なら、読んでいるだけで熱い気持ちがよみがえってくること請け合い。ワタクシもここの更新が終わったら作るコンテンツ全部読み込んでこようと思ってます。一番下に書かれている家を作るが激しく気になっているので!(笑)

関連記事

20150611

同じ現象をどうとらえるかで、その後に受取る結果が変わる

【キーワード】振り返って なんということはない、自身の人生の振り返りの内容だったのですが。

記事を読む

20160119

他人の思い込みに振り回されるべからず

【キーワード】身近な謎 以下に紹介する記事、ちょっとびっくりして、慌てて真相を検索してしまいま

記事を読む

20140404

浮気チェックって、こんなにたくさん気にしなくちゃいけないの?!

【キーワード】当てはまっている びっくりするくらい項目が細かいww 当てはまったら浮

記事を読む

20151125

理想の本の手に入れ方

【キーワード】意外なところから 電子書籍擁護派のワタクシですが、今でもリアル書店大好きです。

記事を読む

20160910

高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたことがなかったのですが、言われてみ

記事を読む

20140501

コミュニケーションの極意は会話にあらず

【キーワード】ムキになって 「喋る機関銃」の異名を持つワタクシにとっては耳に痛い言葉ですね><

記事を読む

20141107

妹を励ました兄もまさかこんな顛末を迎えるとは思っていなかったであろう。

【キーワード】斜め上の発想 これはお兄ちゃんGJと言わざるを得ないでしょう。 ……いや、やは

記事を読む

20150110

よその地方から大阪にやってきた人が、大阪に慣れるまでの記録。

【キーワード】なんでやねん ブログタイトルが大阪に慣れるまでの日々で、最後のエントリが2011

記事を読む

20150831

漢字の成り立ちには由来がある。

【キーワード】見方が変わる なぜ「桜」という漢字には「女」という文字が含まれているのか。 ワ

記事を読む

20141216

身の回りを「無菌状態」に保ったところで、偽物の安心感しか得られない

【キーワード】想像力が及ばない 「無菌社会」とは言い得て妙だなぁ。 無菌社会・日本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑