大人数で前後不覚に陥る場の仕切りもない飲み会はいったい誰のためのものなのか

公開日: : 最終更新日:2014/09/06 コラム・エッセイ

【キーワード】そこだけは

一読、「おまえは俺か!」という常套句が口をついて出たですよ……(^^;

【日常メモ】飲み会が苦手なのはどうしてなのだろう。 - 鳥の日記

【日常メモ】飲み会が苦手なのはどうしてなのだろう。 – 鳥の日記

しかし、紹介先のエントリタイトルは言葉足らずですね。「『大人数の』飲み会が苦手なのはどうしてなのだろう。」に改題すべきだと思いますww
だって、明確に

実際に会話をする相手は2〜5人に限られてくる。私はそのこと自体には嫌悪感を持っていない。むしろ、そこだけは楽しい。そこだけはである。

って書かれてるじゃありませんか!(笑)

そう、ワタクシもこの人とまったく同じ理由で、少人数でまったりの飲み会は好きなんですが、大人数の入り乱れる感じが好きじゃありません……orz

とか言いながら、呑みの時に一定量超えると暴れだす自覚のあるワタクシ(笑)、呑みの席では雰囲気を楽しみつつ、ソフトドリンクでやり過ごすんですけどねww で、酒量が過ぎて前後不覚に陥っている御仁たちを冷めた目で見つめているのですwwwww
……ええ、性格悪い自覚、ありますww

でもさー、一部の「声の大きい人たち」以外は、きっとみんな大なり小なり同じこと考えてんじゃないかな?

関連記事

20150321

「正しいこと」にすっきりするのは、人が基本的には善を求めているからだと信じたい。

【キーワード】すっきりした 見慣れたコピペもありましたが、初めて見たものもいくつか…… 2c

記事を読む

20141223

コミュニケーションはいつから押し付けるものになったのだろうか。

【キーワード】スルーできない いくら技術が進歩して新しいものが出てきたところで、人間の基本的な

記事を読む

20131109

ネタに走るのは関西人の特権なのだろうか

【キーワード】インパクトが強い ああ、書かれている傾向がいまだに続いていることのほうが驚きです

記事を読む

20140505

些細なことから始まった探究ほど、終わりが見えず面白いもの

【キーワード】ツボにハマる ちょっと焦点がずれているように感じてしまうのはワタクシだけでしょー

記事を読む

20160314

切り替えの早いフットワークの軽さが肝なのかもしれない

【キーワード】習慣の問題 努力の方向を見極める、というのは本当に大切なことですね。 それに気

記事を読む

20141025

免許証にしがみついている年配者は「自分だけは大丈夫」病にかかっている

【キーワード】勇気ある決断 この勇気は多くの人に持ってほしいけど、ほんとみんな、しがみつくよね

記事を読む

20140614

占いというものの本質はどこにあるのか。

【キーワード】刺激された ああ、すごく共感できるなぁ。 大運の話 - 普通すぎる占い

記事を読む

20150502

かけがえのない友人を大切にすることと、自分自身がかけがえのない存在になるということ。

【キーワード】ぶっ飛んだ 「愛すべきバカ」の周りにいつも人が絶えないのは、ここに書かれているよ

記事を読む

20141216

身の回りを「無菌状態」に保ったところで、偽物の安心感しか得られない

【キーワード】想像力が及ばない 「無菌社会」とは言い得て妙だなぁ。 無菌社会・日本

記事を読む

20140814

恥ずかしさというむずがゆさを説明するのに用いた例題が的確すぎてフイたww

【キーワード】けっこうたくさん たまに、誰がどんなセンスでつけたんだ!と叫びだしたくなるような

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑