大人数で前後不覚に陥る場の仕切りもない飲み会はいったい誰のためのものなのか

公開日: : 最終更新日:2014/09/06 コラム・エッセイ

【キーワード】そこだけは

一読、「おまえは俺か!」という常套句が口をついて出たですよ……(^^;

【日常メモ】飲み会が苦手なのはどうしてなのだろう。 - 鳥の日記

【日常メモ】飲み会が苦手なのはどうしてなのだろう。 – 鳥の日記

しかし、紹介先のエントリタイトルは言葉足らずですね。「『大人数の』飲み会が苦手なのはどうしてなのだろう。」に改題すべきだと思いますww
だって、明確に

実際に会話をする相手は2〜5人に限られてくる。私はそのこと自体には嫌悪感を持っていない。むしろ、そこだけは楽しい。そこだけはである。

って書かれてるじゃありませんか!(笑)

そう、ワタクシもこの人とまったく同じ理由で、少人数でまったりの飲み会は好きなんですが、大人数の入り乱れる感じが好きじゃありません……orz

とか言いながら、呑みの時に一定量超えると暴れだす自覚のあるワタクシ(笑)、呑みの席では雰囲気を楽しみつつ、ソフトドリンクでやり過ごすんですけどねww で、酒量が過ぎて前後不覚に陥っている御仁たちを冷めた目で見つめているのですwwwww
……ええ、性格悪い自覚、ありますww

でもさー、一部の「声の大きい人たち」以外は、きっとみんな大なり小なり同じこと考えてんじゃないかな?

関連記事

20150527

子供が成長過程で自分が成長しているかどうかなど考えないのと同じ話かもしれない。

【キーワード】圧倒的 エントリタイトルが秀逸ですね。 体験の実感が溢れています。 圧倒

記事を読む

20140405

毎朝占いをチェックしている人にこそ気づいてほしい。

【キーワード】当てはまっている この女性占い師さん、まっこと正しい占いへのスタンスだと思います

記事を読む

20140826

人間にミスはつきもの。どう挽回するかが大事。

【キーワード】永遠に語り継がれる まさか生徒装い自殺示唆「遠足中止を」 バス手配ミスのJTB社

記事を読む

20140830

いま残っているいろんな言葉たちには、それを拡散しようとしたたくさんの人たちの意志がこもっている。

【キーワード】永遠に語り継がれる いま巷にあふれている「名言」も、誰かが語り継いできたから、名

記事を読む

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

20140508

タイトルに騙されることなかれ

【キーワード】ツボにハマる ちょっとお下品(汗)なんで、紹介するか迷ったんですが。 やっぱり

記事を読む

20150303

変わっていく自分をどんどん楽しめたらそれが最高。

【キーワード】変化する 変化を認めないわけではなく。 単にどう変化するか予測できないから、想

記事を読む

20160604

たとえ突出していなくても、できることをできる範囲でこつこつと

【キーワード】憧れる 本日紹介するエントリを微笑ましい気持ちで読んだのは、サイドバーの学生ブロ

記事を読む

20140111

詩集の楽しみ方いろいろ

【キーワード】響きに惹かれて 詩集は何度も手に触れて少し角が擦れたくらいのほうが好ましい、とい

記事を読む

20150110

よその地方から大阪にやってきた人が、大阪に慣れるまでの記録。

【キーワード】なんでやねん ブログタイトルが大阪に慣れるまでの日々で、最後のエントリが2011

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑