大人数で前後不覚に陥る場の仕切りもない飲み会はいったい誰のためのものなのか

公開日: : 最終更新日:2014/09/06 コラム・エッセイ

【キーワード】そこだけは

一読、「おまえは俺か!」という常套句が口をついて出たですよ……(^^;

【日常メモ】飲み会が苦手なのはどうしてなのだろう。 - 鳥の日記

【日常メモ】飲み会が苦手なのはどうしてなのだろう。 – 鳥の日記

しかし、紹介先のエントリタイトルは言葉足らずですね。「『大人数の』飲み会が苦手なのはどうしてなのだろう。」に改題すべきだと思いますww
だって、明確に

実際に会話をする相手は2〜5人に限られてくる。私はそのこと自体には嫌悪感を持っていない。むしろ、そこだけは楽しい。そこだけはである。

って書かれてるじゃありませんか!(笑)

そう、ワタクシもこの人とまったく同じ理由で、少人数でまったりの飲み会は好きなんですが、大人数の入り乱れる感じが好きじゃありません……orz

とか言いながら、呑みの時に一定量超えると暴れだす自覚のあるワタクシ(笑)、呑みの席では雰囲気を楽しみつつ、ソフトドリンクでやり過ごすんですけどねww で、酒量が過ぎて前後不覚に陥っている御仁たちを冷めた目で見つめているのですwwwww
……ええ、性格悪い自覚、ありますww

でもさー、一部の「声の大きい人たち」以外は、きっとみんな大なり小なり同じこと考えてんじゃないかな?

関連記事

20140514

沈黙は金、雄弁は銀、分かっちゃいるけど……

【キーワード】敢えて 理想の在り方ですねぇ…… 自分には程遠い境地ですがorz 敢

記事を読む

20160604

たとえ突出していなくても、できることをできる範囲でこつこつと

【キーワード】憧れる 本日紹介するエントリを微笑ましい気持ちで読んだのは、サイドバーの学生ブロ

記事を読む

20150228

心が疲れているときには、当たり前の言葉ほど染み込んでくるものなのかもしれない。

【キーワード】結果的に 読み終えると同時に、なんだかとてもホッとした気分になってしまいました…

記事を読む

20131005

体罰と、そうでないものを分ける境界線

【キーワード】人生で初めて ……泣いた つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 紹介記事のタイトル

記事を読む

20130925_01

伝えることのむずかしさ

【キーワード】感覚だけで タイトルだけ読むと、感覚を信じるなという話なのかと思ってしまいました

記事を読む

20141003

モチベーションの保ち方は人それぞれ。宣言もその一つになると思う。

【キーワード】続けていれば こういうふうに「自分がブログを続けている理由」を宣言するのは、モチ

記事を読む

20140614

占いというものの本質はどこにあるのか。

【キーワード】刺激された ああ、すごく共感できるなぁ。 大運の話 - 普通すぎる占い

記事を読む

20160728

課せられたハンデをただのハンデで終わらせず活かすための考え方

【キーワード】制約が多い 相手の立場に立ってものを考えることが大事、というのはよく言われること

記事を読む

20160629

趣味に熱中してどんどんはまり込んでる人って、幸せオーラ全開ですごい!

【キーワード】きっかけ ネットスラングとして定着した感のある「沼」という言葉。 確か、趣味が

記事を読む

20160813

こだわりの強さは自分のなかの軸がぶれている証左かもしれない

【キーワード】我が道を行く 読み進めて思わずはっとさせられました……。 確かに、芯がしっかり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑