ソフトの発展はバグを見つけてくれたりデータを提供してくれたりする有志の力によるところが大きいんだな

公開日: : 最終更新日:2014/09/03 趣味・実用

【キーワード】そこだけは

bveって何だろう、と思って調べてみたら。Bve trainsim – 鉄道運転シミュレーター (Windows 用無料ゲームソフト)というフリーソフトがあるんですね!知らなかった……。

スクリーンショット @Koyage:bve阪急京都線

スクリーンショット @Koyage:bve阪急京都線

こちら、Koyage:こやーじゅという個人サイト内のワンコンテンツで、こちらでは先ほど紹介したBve trainsim用の阪急京都線データを提供しているそうです。
Bve trainsim 5 から始める BVE Wiki*を見てみると、こんな風に、データを提供している有志が、びっくりするくらいたくさんいます……。
こういう有志の存在が、ソフトをよりブラッシュアップしてくれるんですね。

まったく知らない世界だったので、ちょっとドキドキしながら関連サイト辿ってしまいました。
辿っているうちに分かったんですが、「bve」って「暴走ビューエクスプレス」略だったんですね。

それにしても、鉄オタさんたちの熱意の高さには驚かされます。
紹介先サイトも鉄オタが高じてデータ作成にまで手を染めているわけですからねぇ。
好きこそものの上手なれ、とはよく言ったものです。

関連記事

20140602

あっけらかんと前を向いて生きる。

【キーワード】裏を返せば おりしも2014年FIFAワールドカップブラジル大会が目前に迫ってい

記事を読む

20160405

某記事に言及するだけでなく、自分なりのコツも書いているとても親切な人

【キーワード】よくあること インスパイアされたという元記事へのリンクも欲しかったなぁと思いつつ

記事を読む

20160806

あなたの人称はどの人称?

【キーワード】強い印象 面白い考察です。 斜めな感じで読み始めたのに(ぇ)途中からたいそう引

記事を読む

20151124

違う分野の知識を仕入れ、得意分野にフィードバックする

【キーワード】意外なところから 情報収集が自分の得意分野に偏ると、技術的な面で進歩が止まるとい

記事を読む

20151221

意外と知らない野菜の漢字

【キーワード】もっと知りたい 野菜の漢字というと、真っ先に「南瓜」が脳裏をよぎるのは、ワタクシ

記事を読む

20140828

波に乗る瞬間をなぜテイクオフと表現するのか

【キーワード】永遠に語り継がれる 地面が動くスポーツは波乗り(サーフィン)だけ、という言葉に、

記事を読む

20150819

便利になればなるほど、技術を磨くという発想が失われてゆく

【キーワード】無茶をする こちらのエントリ、2010年のものなんですが、今まさに(特に車を運転

記事を読む

20150209

年齢を重ねるごとにより深く楽しめるようになるのが絵本の魅力。

【キーワード】ホッとした ワタクシが絵本の良さが本当にわかったのは、いわゆる思春期を迎えたころ

記事を読む

20131212

非日常空間の体験は虜になるものらしい

【キーワード】ちょっとした冒険 母と娘の車中泊旅!それだけでなんだか楽しそうですよ?!

記事を読む

20150428

たった一冊の過激な本のタイトルに注目するのではなく、それが登場するに至った背景こそが大事なのでは

【キーワード】ぶっ飛んだ 今年の2月の記事ですね。 そうか、いま中国ではこういう書名が目を惹

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑