睡魔に負けないための効果的な方法をギャルが伝授?

公開日: : 最終更新日:2014/07/25 生活

【キーワード】効果覿面

簡単にできるものと、そうじゃないものがあるあたりが、世代差というものですかねぇ……

午後の睡魔に負けるな!眠気覚ましに効果覿面ギャル的テクニック | mixiニュース

午後の睡魔に負けるな!眠気覚ましに効果覿面ギャル的テクニック | mixiニュース

【パターン6:瞬きパタパタ編】、これ、無意識にやってたかも。ここにも書かれている通り、やりすぎると目が疲れるから、自分の場合、目薬さした時についでに高速で瞬きパタパタすると、確かに、なんとなく目が覚める感じがしますね。

【パターン1:声を張り上げる編】は鉄板の方法ですが、時と場合によっては大声など出せませんよねぇ><
運転中に睡魔に襲われた時は、この方法なら自分は100%睡魔を回避できますが(笑) あ、もちろん用心してSAとかPAにたどり着いたらすかさず仮眠取りますよ。あくまで応急処置ですね。
それにまぁ、一人で運転しているときに限りますしねww

【パターン2:アイス一気食い編】は笑ったww ガリガリ君2本食いとか、完全に若い子の発想ですよねー。自分じゃ絶対にそんな方法思いつかないww でもこれはこれで効き目はありそうな感じがします。

全部で8つの方法が書かれています。残りの方法は元のページで確認してみてください♪

関連記事

20150421

少し距離を持った方が相手のことがよく見えたりする

【キーワード】嬉しい誤算 ああ、これはどれもこれもわかるなぁ。 遠距離恋愛がもたらす嬉し

記事を読む

20160404

なかなかここまではできないと思う、とあるコメダ珈琲の神対応

【キーワード】よくあること ソーシャル時代の宣伝術を熟知した店長さんではありませんか。

記事を読む

20140301

結局、情報をシャットアウトすることでしか人は理性を保てない、という結論に達するしかない

【キーワード】釣られやすい 理性ではわかってるんだけど>< これを実践できる人がどれくらいい

記事を読む

20140902

包丁の研ぎ方指南だけででここまでの分量のサイトが作れるのか

【キーワード】そこだけは おおー、こういう、ものすごくニッチな分野に特化したサイト、大好物です

記事を読む

20131129

日常風景の中にも面白い発見は転がっている

【キーワード】超絶便利 無味乾燥な通勤風景が描写次第でいかようにも面白いものになるというのがよ

記事を読む

20140110

香りほど個人的体験が投影されるものはない

【キーワード】響きに惹かれて 香りほど個人的で他人の体感が当てにならないものは、確かにないかも

記事を読む

20160412

あなたの書いたもの、アップした写真は、全世界に公開されているのですよ?

【キーワード】言えないこと エントリタイトルが秀逸だなぁ、と思わされた匿名日記の紹介です。

記事を読む

20151003

化粧やファッションの歴史をざっくりと知る

【キーワード】はじまり これはまた濃いコンテンツですね。 自分がほとんど(つーかほぼまったく

記事を読む

20160622

とある災害で九死に一生を得た人の含蓄深い話

【キーワード】たまたま 当時、ニュース見てました……こういうこともあるんですねぇ! とにかく

記事を読む

20140526

ご当地のゆるキャラがクローズアップされている昨今、ご当地ヒーローももっと脚光を浴びてもいいと思うんだ。

【キーワード】急展開 オチがwwwww オチがwwwww お下品だけどオチが面白かったんでつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑