睡魔に負けないための効果的な方法をギャルが伝授?

公開日: : 最終更新日:2014/07/25 生活

【キーワード】効果覿面

簡単にできるものと、そうじゃないものがあるあたりが、世代差というものですかねぇ……

午後の睡魔に負けるな!眠気覚ましに効果覿面ギャル的テクニック | mixiニュース

午後の睡魔に負けるな!眠気覚ましに効果覿面ギャル的テクニック | mixiニュース

【パターン6:瞬きパタパタ編】、これ、無意識にやってたかも。ここにも書かれている通り、やりすぎると目が疲れるから、自分の場合、目薬さした時についでに高速で瞬きパタパタすると、確かに、なんとなく目が覚める感じがしますね。

【パターン1:声を張り上げる編】は鉄板の方法ですが、時と場合によっては大声など出せませんよねぇ><
運転中に睡魔に襲われた時は、この方法なら自分は100%睡魔を回避できますが(笑) あ、もちろん用心してSAとかPAにたどり着いたらすかさず仮眠取りますよ。あくまで応急処置ですね。
それにまぁ、一人で運転しているときに限りますしねww

【パターン2:アイス一気食い編】は笑ったww ガリガリ君2本食いとか、完全に若い子の発想ですよねー。自分じゃ絶対にそんな方法思いつかないww でもこれはこれで効き目はありそうな感じがします。

全部で8つの方法が書かれています。残りの方法は元のページで確認してみてください♪

関連記事

20150522

本音と建前を使い分けるのは悪いことばかりではないのかもしれない

【キーワード】物は言いよう あ、ここにも「マシュマロ女子」が登場しているww してみるとかな

記事を読む

20150409

献血もまた「情けは人の為ならず」なのだな。

【キーワード】稀な 珍しい血液型と言えば、真っ先に思い浮かぶのがRHマイナス型ですね。

記事を読む

20160113

怪我は理由いかんによって情けなさ倍増の黒歴史化するのかも……

【キーワード】情けない 一行目から思わず吹き出してしまったのですがww いや、笑っちゃだめな

記事を読む

20140718

耳に水が入ったら、みなさんどうしてますか?

【キーワード】懐かしい知恵 耳の中に水が入ってごろごろしてしまった場合の、対処法についての話で

記事を読む

20131129

日常風景の中にも面白い発見は転がっている

【キーワード】超絶便利 無味乾燥な通勤風景が描写次第でいかようにも面白いものになるというのがよ

記事を読む

20140421

慣れ親しんだ習慣は、意外な時に自覚させられる

【キーワード】わざわざ 歯ブラシの話題でこんなに盛り上がっているとは思いませんでしたよ(笑)

記事を読む

20160811

Q&Aサイトも運営元ごとに多様な特色があるようだ

【キーワード】我が道を行く Q&Aサイトもたくさんありますが、運営元ごとにそれぞれ特色があるよ

記事を読む

20141110

異文化体験について語るときは、元の文化の影響を無視してはいけないと思う。

【キーワード】びっくりした 自分たちが当たり前だと思っているものでも、文化が違うとこんなに驚か

記事を読む

20160418

挨拶を返さない横柄な人は、見えない敵と戦っている可哀想な人に違いない

【キーワード】自分から エントリタイトルが秀逸すぎて、紹介せずにはいられませんでした(笑)

記事を読む

20141225

真の意味で一般に浸透したと言えるのは、それらに縁のない人たちですら、それらを普通に使い始めた時かもしれない。

【キーワード】スルーできない 思いがけず良記事でした。 こういう、一つの言葉をきちんと検証し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑