新聞折り込みの受験問題をやってみた段階Jr世代のの淡々とした語り

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 コラム・エッセイ

【キーワード】懐かしい知恵

既に現役(?)を退いていながら、受験問題を解いてみようと思う、そんな好奇心そのものを尊敬します w(゚ o ゚; )w オオー!

高校受験|美容師日記

高校受験|美容師日記

プロフィールを拝見すると、1981年生まれだそうで……えーと、この記事の書かれた2007年の時点なら、26歳ですか。
…………なんだ、まだまだ現役じゃないですか!(爆) 少なくとも当時のワタクシよりは……もごもご(ヲイ)

焦りましたよ。エントリの最後に段階Jr世代と書かれていたので、もうちょっと上の方かと思い、30超えてから受験問題にチャレンジしてみようという好奇心を持たれたのかとww だとしたら自分はなんて枯れているのかと><
そうか、現在の2014年の感覚で読んでしまったので、もうちょっと上の世代かと感じてしまったのか。
エントリの書かれた日付を先に確かめるべきでした(笑) そうすればこんなに焦らずに済んだでしょうからww

……って、別に焦る必要はないんですけどね(^^;
なんとなく、読みながら、こういう好奇心を持たなくなった自分が、ものすごく年老いた気分になってしまっただけなんですorz
うむ、今度新聞に入学試験の問題と結果が掲載されたら、それを取り置いてチャレンジしてみよう。
多分、(誇張ではなく)一問も解けないと思うけど><

関連記事

20140811

日常に密着した言葉は無意識に口をついて出ている

【キーワード】けっこうたくさん お大根……は自分は言わないなぁ。そう口にする人は周りにいますが

記事を読む

20160727

真の自由は制限のある中で得られる発想の飛躍によってもたらされるのかもしれない

【キーワード】制約が多い 三谷幸喜さんのこの言葉、いろんなところで引用されているのを見かけます

記事を読む

20160718

人事を尽くして天命を待つための神頼み

【キーワード】迂闊にも 神頼みというのは、神頼みすることそのものに意味があるのではなく、神頼み

記事を読む

20140111

詩集の楽しみ方いろいろ

【キーワード】響きに惹かれて 詩集は何度も手に触れて少し角が擦れたくらいのほうが好ましい、とい

記事を読む

20140620

外れに当たることもあるからこそ、あたりを見つけたときの嬉しさが倍増する。

【キーワード】吟味した上で 一読、どこの私かと思っちゃいましたよww 冒頭の文章に殆どに大き

記事を読む

20150213

抱えていたものが解放されると、誰もがホッとするのかもしれない。

【キーワード】ホッとした このニュース、もう3年も前の話になるのか。 読後、奥さんが受け入れ

記事を読む

20150502

かけがえのない友人を大切にすることと、自分自身がかけがえのない存在になるということ。

【キーワード】ぶっ飛んだ 「愛すべきバカ」の周りにいつも人が絶えないのは、ここに書かれているよ

記事を読む

20150401

年齢を重ねるのも、そう悪いものではない。

【キーワード】思いもしなかった 本日は4月1日。エイプリルフールですが、当ブログは通常運転です

記事を読む

20150808

一度きりの人生を、より楽しく生きるための考え方

【キーワード】~より~のほうが この人の考え方、すごく好きだなぁ。 実は『人生は辛いこと

記事を読む

20140304

本気の決心ほど内容を軽々しく口にできないと思う

【キーワード】覚悟を決めたら 一読、とてもバランスの取れた考え方をする人だと感じました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑