環境を意識したおしゃれな器

公開日: : 最終更新日:2014/07/14 アイテム・グッズ

【キーワード】懐かしい知恵

着色料が自然素材だと、こんなにあたたかい風合いになるんですね。

KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)|厳選企画ダイジェスト | 原料は小麦粉で、着色はほうれん草!見た目に違和感のない、 器自体で成分表示される器「Autarchy」

KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)|厳選企画ダイジェスト | 原料は小麦粉で、着色はほうれん草!見た目に違和感のない、 器自体で成分表示される器「Autarchy」

こちらで紹介されている器、すべて自然のものを使い、廃棄の際にも土に還るので、安心な素材でできているそうな。
いくらナチュラルでも見栄えが悪かったら使う気になりませんが(正直な)、Autarchyというこちらのシリーズ、見た目もおしゃれで丸みがあって可愛らしいんですよ。これはそそられます。

使い勝手だけを考えれば人工的に作られたものでも十分かもしれません。
ですが、日常に馴染むという側面から考えれば、やはり、自然のもので作られたモノのほうが、いろいろな面で生活を豊かにしてくれるのかもしれませんね。

同じアイテムについての解説記事を上梓している原料は小麦粉で、着色はほうれん草!見た目も美しいナチュラルな器「Autarchy」 | greenz.jp グリーンズというページでは、この器のさらにたくさんの写真を見ることができます(^^)

関連記事

20131122

折り紙好きでアクセサリー好きにはたまらないアイテム

【キーワード】想像以上の あ、ちゃんと折り紙っぽく見える。 折り紙がアクセサリーにな

記事を読む

20160906

フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて作ろうとは思わない、そんなネタ

記事を読む

20150330

単純な発想や工夫であれ、それを最初に思いついて実行したことには意義がある

【キーワード】思いもしなかった おおー、これはまた、どれもステキなものばかりですね! それに

記事を読む

20131120

ヒーロー大好き人間の心をくすぐりつつも、なんとなく微妙な気分にさせられるグッズ

【キーワード】想像以上の ちょ、なんぞこれwwwww 日清食品の回し者レッテルを貼られている

記事を読む

20141105

自分で自分を盛り上げるためのアイテムもここまで来ていたのか

【キーワード】斜め上の発想 これは一度試し書きしてみたい! タマネギの成分を染み込ま

記事を読む

20131019

特殊なものほど心惹かれますね

【キーワード】気軽に 完全な専門分野のための装備はさすがにちょっと引いちゃいますが(^^; 普段

記事を読む

20141106

世の中には変な商品がたくさん出回っているんですね><

【キーワード】斜め上の発想 一枚目の写真のインパクトにすべて持っていかれました><

記事を読む

20160714

蜘蛛の糸を繊維として工業ラインに乗せるって、いつの間にか実用化されていたんですね。

【キーワード】貴重な 蜘蛛の糸が繊維としてうまく実用化されれば強度的にはすごいことになる、とい

記事を読む

20140522

文房具好きにはゆずれない戦いがある

【キーワード】奥が深い 2009年と少し古いスレだったので取り上げるかどうしようかちょっと迷っ

記事を読む

20160502

むかし確かにあちこちにあった食べ物の自動販売機

【キーワード】ノスタルジー 自動販売機と聞いて真っ先に浮かぶのはやはり、街中にあふれている缶コ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑