30年もたてばそりゃ世の中もかなり激しく動いてるよね。

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 生活

【キーワード】隔世の感

ああ、これは確かにびっくりしただろうなぁ。

隔世の感あり

隔世の感あり

パートとしての初出勤日、30年前にやったきりの販売職に復帰、レジ打ち担当した人の話でした。
30年前ならどこもここもニコニコ現金払いが当たり前だったでしょうね。ちょっと気の利いた店ならクレジットカード対応しててくれたけど、そういう店も今より少なかったんじゃないかと。

それがいまじゃ、支払方法もかなり多様になりましたからねぇ。

なんていうか、こちらが便利になっているということは、どこかでその分不便を引き受けてる人がいるんだな、ということを知ったというか。

こういうのって、自分が体験してみないと身に染みて感じることができないんですよね。

たまにまごついている店員を怒鳴ってる人たちを見かけます。私感では年配者に多いですが(^^;)若者にももちろんそういう人たちがいます。そういう人たちは販売職なんて体験したことないんだろうなぁ。体験してなくても、相手をおもんばかる想像力があれば、そこで怒鳴るという発想は湧かないでしょうけどww
うーん、結局は想像力の問題かぁ……(´・ω・`)シュン

関連記事

20150402

常識の範囲を超えた騒音は怒りの対象になる

【キーワード】思いもしなかった 隣人の騒音、圧倒的な勝利じゃないですか! こんなものが圧倒的

記事を読む

20160205

誰にでも覚えのあるものから、ちょっと突拍子もないものまで、幼少時の思い込みいろいろ

【キーワード】思い込み どれもこれも「あるある」すぎてツライ>< 思い当たることが多すぎまし

記事を読む

20141110

異文化体験について語るときは、元の文化の影響を無視してはいけないと思う。

【キーワード】びっくりした 自分たちが当たり前だと思っているものでも、文化が違うとこんなに驚か

記事を読む

20140815

ハリネズミの可愛さに目覚めそうな勢い

【キーワード】けっこうたくさん ハリネズミを飼っている人というのは、やはり珍しいのではないでし

記事を読む

20140509

萌えを感じるのに歳はあまり関係ないようです。

【キーワード】ツボにハマる ちくしょー、このエントリタイトルがすでにワタクシのツボだったよ><

記事を読む

20140417

内情のなかなか見えてこない特殊な仕事の貴重な資料

【キーワード】何故か 特殊な仕事というものは、内情がなかなかわからないものです。 こういった

記事を読む

20141203

ドラマチックと盛り上がるのは簡単だが、当事者にとっては迷惑以外の何物でもない

【キーワード】~するレベル 親戚に呼び出されたらそれが実は見合いの席だった、などという話ならど

記事を読む

20150723

古新聞紙の万能感には圧倒される。

【キーワード】ちょっとした工夫 ちょっと覗いておこうか、くらいの気持ちで読んでみたのですが。

記事を読む

20150211

頭痛は、自分のタイプを把握しそれに応じた対策を講じることで、うまくやり過ごしていくしかないのかもしれない。

【キーワード】ホッとした ワタクシはものすごい偏頭痛持ち…… こんなページを見てしまったら、

記事を読む

20140703

理想の間取りに夢がひろがりんぐww

【キーワード】重宝している SUUMOのサイトは物件を探す以外にもたまに見ますねー。住みたい街

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑