覚悟を決めた人間は強いし道も開けるもの

公開日: : 最終更新日:2014/06/25 コラム・エッセイ

【キーワード】~だからこそ

思いがけず良いものを読ませていただきました。

イイトコサガシにもテクはいる。だからこそ。 - モビゾウ研究室

イイトコサガシにもテクはいる。だからこそ。 – モビゾウ研究室

世間一般に、「母親」に対して求められるハードルって、どんどん高くなってきているような気がします。
反面、自分の役割を放棄している「母親」も多々見受けられ、その辺の格差がとても広がってきているような。
放棄してしまうか、一人で抱え込んでしまうか。
そんな二択である必要はないんですよね。

気になったので一つ前のエントリ絶望でも希望でもない何か – モビゾウ研究室も読んでみました。ここに至る経過が書かれていたからです。
これを読んで、この人の強さは今の状況を受け入れる覚悟を持てたことなんだなって強く感じました。
覚悟を持てたからこそ、こういう環境に巡り合えたんだと思うんです。

この覚悟を持つっていうのがいちばん難しいことなんですが。
覚悟ができた人間はやはり芯に強さが生まれますね。
その強さを感じさせてくれた文章でした。

あ、覚悟したからといって、何もかも自分で背負う必要はないんですよね。
この辺のこともよく分かっていらっしゃる方なんですね。
生き方や考え方の部分で、自分にとっても参考になることがたくさん書かれていました。
本当に、思いがけず良いものを読ませていただきました。ありがとう。

関連記事

20160530

田舎暮らしの欠点をあげつらった上で、それでも田舎暮らし楽しいと言えるなら

【キーワード】憧れる 最近、田舎暮らしに憧れる人が多いんですってね。 あちらこちらで田舎暮ら

記事を読む

20150527

子供が成長過程で自分が成長しているかどうかなど考えないのと同じ話かもしれない。

【キーワード】圧倒的 エントリタイトルが秀逸ですね。 体験の実感が溢れています。 圧倒

記事を読む

20150508

言葉狩りでもって他人を規制したがる人間ほど、実は差別意識が強いもの

【キーワード】要約すれば 「ブラック企業」という言葉が、人種差別に当たる、などというくだらない

記事を読む

20160127

ブログの記事が消える悲しみを魂の底から憂う熱い記事

【キーワード】思いがけない 記事タイトルが魂の叫びすぎて、紹介せずにはいられませんでした……

記事を読む

20150401

年齢を重ねるのも、そう悪いものではない。

【キーワード】思いもしなかった 本日は4月1日。エイプリルフールですが、当ブログは通常運転です

記事を読む

20140115

身体的なものより精神的なもののほうが堪えるのかも

【キーワード】自覚した うわぁぁぁあああああ(叫) 自分のこと書かれているのかと思っちゃった

記事を読む

20150214

人生を変えるほど大きな影響を与えてくれた人との再会は、二重の意味で恐いもの

【キーワード】ホッとした ああ、自分にもこういう存在、いるなぁ……。 ちょっと懐かしい記憶を

記事を読む

20131219

ことわざの説明もやりようによってはこんなに面白くなる

【キーワード】それぞれの流儀 一読、ほくそえんでしまいました。 こういう人、好きだwwwww

記事を読む

20141018

使い捨て紙おむつ発祥の由来に面白いエピソードが隠されていた。

【キーワード】試しつつ 今ではすっかり定着した使い捨て紙おむつ。 祖父が孫のために開発したも

記事を読む

20150612

後悔しない学生生活を送ってほしい、と願うのは、後悔ばかりの学生生活を送ってきたから。

【キーワード】振り返って 勉強「だけ」をやっていて許されるのは学生時代だけ。 だから、その後

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    発達障害と規格外が混同されてるような気もしますね。良くも悪くも今の日本では、「一定の範疇に収まらない個性」は否定されるし評価もされない。でも環境を変えて「個性を伸ばすきっかけ」を見つけた子供は突然変異種か天才かというくらいのポテンシャルを示す。
     
    サヴァン症候群ほど顕著でなくても個性と能力のばらつきは個体差として受け入れる社会ではないのは、人類が増えすぎた弊害かもしれませんね。
     
    今ほど福祉的な社会制度もなく、もっと野蛮な時代の方が、ある意味で彼ら「規格外」の人間を受け入れる幅広さはあったようにも思います。もちろん別の意味で生存するためのハードルは今以上に高かったでしょうが・・・。
     
    「発達障害児」ではない「発達障害人」は結構普通に存在していて概ね「企業の評価基準」では低いと思いますが、私も「環境に馴染むのに時間が掛かる」という点では「発達障害人」の中に含まれるような気がしてきましたね(^^;)

  2. まいる より:

    >soupさん
    言葉にした途端、状況が確定される要素もあると思うのですよ。
    なので、個人的には定義はどっちでもいいと思うんです。乱暴な言い方と取られるかもしれませんが、発達障害だろうが規格外だろうが、要は周りの対応が追いつくかどうかの問題ではないかと。

    昔のほうがそういったものを受け入れる素地があったという点では同感ですが、受け入れているというより別の側面が強調されていたような気もします。分からないものは分からないままにしていた、といった方が正しいというか。更に乱暴な言い方をしますが、ひとまとめにして「知恵おくれ」で片づけていたような部分もあるんじゃないかな。で、「知恵おくれだからしょうがない」みたいに対応を保留していた、みたいな。あ、あくまでも例としてこの言葉を用いてみただけです。ここでちょっと違うだろーとツッコまれると困るかも><

    そういう意味では、細分化されたぶん、どれかのカテゴリーに収めようとして、話がこじれているとも言えるのかもしれません。レッテルを貼ることでマニュアル的に対応してそれでよし、としているところがあるような。
    でも、発達段階ではそれぞれの個性に応じた適切な対応が必要なわけで、だから言葉の定義はどうでもいいんじゃないかと思ったわけです。実際の現場の対応が大事、と。そういう意味では現場の対応がうまくいっている事例だと思うんですよ、紹介先エントリは。

    その辺の対応がうまくいかないまま大人になってこじらせたヒトタチ(含む自分……自爆)が、社会に出て苦労しているわけで(苦笑)「発達障害人」は結構ふつうに存在しているとの言説には反論のしようがありません(^^;
    周り見ててもそんな人たちばっかりのような気がしますしねorz
    あ、それは類は友を呼んでいるだけかな(自爆×2)

    これを書きながら、ちょっと自分の考えをまとめることもできました。
    貴重なコメント、ありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑