本筋から外れた受け取り方をするのも読み手の自由ってもんです。

公開日: : 最終更新日:2014/06/21 ビジネス・教養

【キーワード】吟味した上で

これ、文章指南としてではなく、別の意味で読み取って、役に立つ話だ!と思ったので、紹介することにしました。

■文章を書く(2) 書き方のコツ/箇条書きにしたら|スタッフブログ|【株式会社aradas (アラダス)】SEO

■文章を書く(2) 書き方のコツ/箇条書きにしたら|スタッフブログ|【株式会社aradas (アラダス)】SEO

というのも、漠然とほしいものを探すときに、こういうふうに系統だてて考えれば、ハズレに当たることが少なくなるんじゃないかと感じたんですよね。

○○社の△△という製品の、□□という品番のものがほしい!とまで決まっていれば、別に悩む必要もないわけですから、あとはいろんな販売店での価格比較をするくらいしかやることはありません。
しかし、そうじゃない場合、例えばソファを買おうと思ってるがどういうソファがいいだろうか、と悩んだ時に、このように自分にとって譲れる範囲と譲れない範囲を書き出して見ることはとても有効な手段だと感じたんですよね。

……書き手の放っているメッセージをまるで無視した形でこの文章を捉えているワタクシですww
ま、どのように受け止められるかなんて、書き手には本当のところ、コントロールできませんからww
人は見たいものしか見ないし、受け取りたいものしか受け取らないのです(`・ω・´)キリッ

関連記事

20160317

日常生活から習得したい言語以外のものを排除するという潔さ

【キーワード】習慣の問題 一昨日英文読解についてのネタを取り上げたばかりなので、ネタ被りになる

記事を読む

20150805

タイピングか手書きかというのは定期的に出る話題

【キーワード】~より~のほうが 手書きのほうがスピードが落ちる、というのも一つ理由のような気が

記事を読む

20160708

カウンセリング系のブログは自分と波長が合うかどうかが一番大事ではないだろうか。

【キーワード】面倒に感じる このブログを通じてたくさんのさまざまな記事を紹介させていただいてい

記事を読む

20140605

訳したとたんに本来の意味が失われることがある。

【キーワード】裏を返せば とても共感できる考え方に出会いました。 こういうの読むと、自分の考

記事を読む

20151119

自己啓発本も読み方次第では役に立つ

【キーワード】役に立たない ワタクシもいわゆる「自己啓発本オタク」になってしまっていた時期があ

記事を読む

20160504

今の体験も、未来から見れば記憶だったり思い出だったりするのだ。

【キーワード】ノスタルジー 「懐かしい気持ち」に限りませんが、なんでも、使い方しだいで毒にも薬

記事を読む

20160722

身近な場所に隠れた名所が存在しているかもしれない

【キーワード】迂闊にも 実は史実上とても重要な場所だったのに、意外にもそれを知らないまま長らく

記事を読む

20160115

自然な文章に誘導され、はからずしも自分自身と向き合うことになった。

【キーワード】情けない 今週は「情けない」をキーワードに検索していろいろな記事を紹介しているわ

記事を読む

20151023

単純なものほどインパクトが大きい

【キーワード】伝わる 短いタイトルの吸引力にハッとしました。 顔文字より伝わる「印」とは

記事を読む

20140604

仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

【キーワード】裏を返せば 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑