歴史に名を残す人の何が我々の心を刺激するのだろう

公開日: : 最終更新日:2014/06/10 ネタ・雑学

【キーワード】刺激された

天才となんとかは紙一重、って言いますよねぇ。

厨二心を刺激された“実在する人物” : まとめでぃあ

厨二心を刺激された“実在する人物” : まとめでぃあ

妥当な人物の名前が続々と上がっているところに、読みながらウンウンと頷いてしまいました。
いや、ビリー・ミリガンとかジル・ド・レとかは刺激されちゃいけない部類のヒトタチですけど><

個人的に、いちばん「おおお」と思ったのは、バイバルスの名前が挙がっていたことでした。ちょっと血が騒ぎますね、これは。まさに、厨二心を刺激される英雄です(^^)

関連記事

20140314

予想の斜め上の行動をとられると、その場の状況そっちのけで腹筋崩壊してしまう。

【キーワード】まさかの エントリタイトルから男性を想像しながら読んでいたらまさかの女性wwww

記事を読む

20150203

たこ焼き屋の看板のたこのイラストって、共食いの象徴だったのか……!

【キーワード】むしろ安心 デイリーポータル Z:@niftyは記事が多すぎて全部を追っかけては

記事を読む

20140923

毎日持ち歩くスマホだからこその性格診断。

【キーワード】本当の魅力 ちーと眉唾な気もしますがww こういう診断系を見るとつい、確認して

記事を読む

20131226

ことわざにはそれができた当時の風習が見て取れるもの。

【キーワード】些細なことに www.shikoda.orgというサイト内の西洋のことわざという

記事を読む

20160701

女性側の事情に踏み込んだ男性には分かりにくい知識習得体験の話

【キーワード】きっかけ 女性に夢を見ている男性諸氏の幻想を粉々に打ち砕く(笑)貴重なエントリで

記事を読む

20131107

書かれている傾向がいまだに続いていることのほうが驚きです。

【キーワード】インパクトが強い 1999年のコラムを拾い出してしまったのですが。 つい最近に

記事を読む

20150803

由来を探ると面白いネタに行き当たることが多い。

【キーワード】~より~のほうが 地名由来のネーミングが、こんなにたくさんあったことに驚きました

記事を読む

20150618

ピック一枚へのこだわりは弾きやすさへのあくなき探求

【キーワード】特殊な用途 おお、エセギタリスト(ぉぃ ι )なワタクシにこんな記事を見せられて

記事を読む

20150602

聖なる神獣もアンサイクロペディアにかかると形無しになるという一例

【キーワード】妙なこだわり アンサイクロペディアは検索に引っかかるとほぼ問答無用で採用しちゃい

記事を読む

20140520

解明された謎が新たな謎を呼ぶ

【キーワード】奥が深い たかだか53秒の動画を食い入るように真剣に見つめてしまいました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑