解釈の仕方でこんなにも変わる

公開日: : 最終更新日:2014/06/09 クリエイティブ

【キーワード】刺激された

うわぁ、こりゃあ確かに狂気ですわ(^^;

【圧巻】日本建築に刺激された「混沌と秩序」2150の廃材を使用したオーストラリアの複合ビルが、ぶっ飛んでいる件 | DDN JAPAN

【圧巻】日本建築に刺激された「混沌と秩序」2150の廃材を使用したオーストラリアの複合ビルが、ぶっ飛んでいる件 | DDN JAPAN

てゆーか、ココ、ホテルも込みの複合施設なんですか?!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
うわぁ、落ち着かなさそうだ―(^^;

木材を巧みに組み上げる日本建築にインスパイアされたエントランス

いや、組み上げ方が違うから><
ちょっと言ってる意味が分からないから><
どうしてこうなったと口にしたくなるのって、こういう瞬間なんだな、きっと……( = =) トオイメ

いままで、日本建築って、ホッと落ち着くというか、癒されるところに魅力があると思っていたのですが。
ちょっと認識を改める必要があるかもしれません(笑)

まぁ写真で見るから狂気が際立っているように感じるだけで、もしかしたら現地に立てば案外落ち着いたり癒されたりするかもしれませんけど。
記事後半に登場する加速する狂気と名付けたくなるような設計図から目を逸らして、自分にそう言い聞かせてみるのでした。

関連記事

20131007

再現したがる人たち

【キーワード】~しちゃった あ、外国の話だった(^^; マルちゃんラーメンの海外版パッケージ

記事を読む

20151001

いつか訪れてみたい、INAXライブミュージアム

【キーワード】はじまり 株式会社LIXILというと、リフォームの会社というイメージしかなかった

記事を読む

20140729

アイデアは無限であることを教えてくれるGoogle Doodle

【キーワード】印象的だった お、Google Doodleの話題だ! 毎回楽しませて

記事を読む

20151012

ハンドメイド作品は作ると誰かに見せたくなるもの

【キーワード】過程が楽しい これは確かに見ているだけで楽しい! でも実際に作っている人たちは

記事を読む

20160415

それぞれに固有の思い出を引き出す力に満ちたキャッチコピーいくつか

【キーワード】言えないこと 企業広告やキャッチコピーを読むのが大好きです。 おそらく、すべて

記事を読む

20160525

日常生活で感じる不便さはあえて演出されているモノの一つかもしれない

【キーワード】不便になった 昨日、都会の迷路めいた駅の配置に困らされたことが何度もあるというエ

記事を読む

20160520

自分に適したアイデア出しの方法をふだんから培っておくということ

【キーワード】知恵を絞る アイデア出しについて書かれた記事を見かけると、八割の確率でジェームス

記事を読む

20140904

日常のあるある感覚をとてもうまく表現している4コマ漫画

【キーワード】そこだけは うわぁ、なんだ、この「あるある!」感覚ww 4コマ漫画 「

記事を読む

20140821

万人に愛される秘訣は間違いを素直に認めることと打たれ強さにあると思う

【キーワード】話題になる これ、いちばん最初の元ネタしか知りませんでしたww 専門家を付ける

記事を読む

20150325

風刺として捉えるなら便利すぎる現代社会への警鐘と考えられなくもない……かな?

【キーワード】もやもやする ここまで振り切れた役立たずなものだと、いっそすがすがしくてカッコい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑