訳したとたんに本来の意味が失われることがある。

公開日: : 最終更新日:2014/06/05 ビジネス・教養

【キーワード】裏を返せば

とても共感できる考え方に出会いました。
こういうの読むと、自分の考えていることを表現するって本当にステキだなーと思うわけです。

 考える人へ。 「天はニ物を与えず」裏を返せば「天は必ず一物は与えている」ということ

 考える人へ。 「天はニ物を与えず」裏を返せば「天は必ず一物は与えている」ということ

自分に自信が持てない人が増えてきている昨今、こういう風に考えればそれだけで自信が湧いてくるような気がしますよね!
良い文章を読ませていただきました。

それにしてもeducation(エデュケーション)……訳し方ひとつでこんなに変わっちゃうんだねぇ。
相手から何かを引き出すことと、教育と称して相手になにかを押し付けることの間には、天と地ほどの開きがあるのにねぇ(^^;

教育の語源は引き出すこと、というふうに考えれば、おのずと対応も変わってきそうな。てゆーか、そういうのをふだんから意識しているだけでも、いろんなことが変わりそうな気がします。

関連記事

20150909

単純で、繰り返されるものほど、深層意識に影響を及ぼすのかも。

【キーワード】集中できる 単純なものほど心理的影響が大きい、というところでしょうか。 単純で

記事を読む

20131017

専門的なことを調べるのが、楽な時代になりました。

【キーワード】気軽に 専門に特化したウェブサイト、本当に増えてきましたね。 昔は図書館で調べるし

記事を読む

20150521

少し穿った見方をするくらいのほうが、本質に切り込めるのかもしれない

【キーワード】物は言いよう これは面白い着眼点の記事ですね。 物は言いよう - 働く母の

記事を読む

20150609

安穏と過ごせる人が羨ましい反面、ストレスまみれの人生も悪くはないと肯定してみたい。

【キーワード】振り返って 設問1の結果にちょっとびっくり…… 有効回答者数:284名だそうだ

記事を読む

20150616

覚えることではなく、使いこなすことに意義がある

【キーワード】特殊な用途 こういうきっかけでもなければ、自分から探してまで見ることのなかったサ

記事を読む

20160521

専門知識を得るのが簡単なこの時代におけるプロや専門家の役割とは

【キーワード】知恵を絞る インターネットの普及によって、「知る」だけならばハードルの下がったこ

記事を読む

20160513

司書という調べ物のプロのレファレンス能力はもっと評価されるべきだ

【キーワード】抵抗感がある レファレンス協同データベースと言えば、全国の司書さん御用達、調べ物

記事を読む

20150814

いつの間にか浸透して当たり前のように使っていた言葉

【キーワード】立ち位置 ああ、そうか、2007年当時はまだあまり浸透していなかったのだな、この

記事を読む

20151120

勉強が実社会で役に立つか否かという、定期的に立ち上がる問題

【キーワード】役に立たない 「勉強は実社会で役に立つか否か?」 これ、定期的に話題になります

記事を読む

20140411

きっかけ作りは自分でできる

【キーワード】ちょっとしたきっかけで ああ、いまツキの波に乗り損ねている自分には耳に痛いことば

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑