仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

公開日: : 最終更新日:2014/06/04 ビジネス・教養

【キーワード】裏を返せば

生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテンツです。

シゴトとヒトの間にあるものを考える3日間 « 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」

シゴトとヒトの間にあるものを考える3日間 « 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」

この記事自体は奈良県で行われた(既に終了した)イベントの告知だったのですが、寡聞にして知らないサイトだったこと、またサイトのコンセプトにとても共感できたので、取り上げることにしたのでした。

とはいえこのサイト、わたしが知らなかっただけで、けっこう注目されているサイトだったんですね。トップページにはてなブックマークが516ユーザーもついていることからも、そのことがうかがい知れます。
こんなサイトやってても、まだまだ自分の知らない面白いウェブサイトがこの世の中にはたくさんあるのだと思い知った次第です。

はじめての方へのページを読むと、仕事というものに対する捉え方がはっきりしていて、好感が持てます。求人カテゴリーの分け方も独特で、そこからも仕事に対する真摯な捉え方が伝わってきますね。

仕事にやりがいを求めている人の気持ちを汲んでいる、こういう求人サイトがもっと増えたらいいなぁと、このサイト見てたら本当にそう思いました。

関連記事

20160426

余裕を持つことと、相手の優位に立ちたいと思うことは、まったく違うことだ

【キーワード】余裕を持って 紹介を旨とする当ブログでは、基本的に筆者の気に入ったものを紹介する

記事を読む

20140411

きっかけ作りは自分でできる

【キーワード】ちょっとしたきっかけで ああ、いまツキの波に乗り損ねている自分には耳に痛いことば

記事を読む

20150521

少し穿った見方をするくらいのほうが、本質に切り込めるのかもしれない

【キーワード】物は言いよう これは面白い着眼点の記事ですね。 物は言いよう - 働く母の

記事を読む

20151120

勉強が実社会で役に立つか否かという、定期的に立ち上がる問題

【キーワード】役に立たない 「勉強は実社会で役に立つか否か?」 これ、定期的に話題になります

記事を読む

20160311

ちょっとしたきっかけから深く調べるのが好奇心の始まり

【キーワード】影響されやすい 身長に遺伝が関係するのは小耳に挟んだことがありますが、80%とい

記事を読む

20160317

日常生活から習得したい言語以外のものを排除するという潔さ

【キーワード】習慣の問題 一昨日英文読解についてのネタを取り上げたばかりなので、ネタ被りになる

記事を読む

20140106

慣れ親しむことの重要性

【キーワード】響きに惹かれて 中央FMのコンテンツにMy Eyes Tokyoというの番組があ

記事を読む

20131112

日本語の表現力の豊かさは感嘆に価する

【キーワード】独特な言い回し 日本語には確かに、他の言語では到底表現しようのない意味を一言のう

記事を読む

20140515

未知の分野だからムリ!決めつける前に。

【キーワード】敢えて どこのワタクシの話かと思っちゃいましたww 敢えてやってみる

記事を読む

20160607

ちょっとした心がけと運で女同士の面倒な人間関係をやりすごす

【キーワード】気が多い 本日紹介する記事に書かれていることを読みながら、女同士って本当に面倒く

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    なんと!奈良図書情報館って、私の職場のすぐ裏手じゃないスカ(^^;)こんなことやってたなんて知らんかったぁ(爆)
     
    webでの告知が足りなかったんじゃなかろうかという気もしますが、「給与だけを求めてはいない」と言うコンセプトは「ブラック企業の常套句」でもあるので警戒心が先に出ますね(^^;)

    でも、地方の小さい町の地域に密着した生き方というのはたしかに魅力的。「食えるなら」「そこに生きがいが見えるなら」そして私などの中高年でも受け入れてくれるなら(^^;)今からでも考えたい仕事ではありますね。
     
    現在、とりあえずダブルワークで日銭を稼ぐ身ですのでこういう場所に飛び込める境遇の人には少し羨ましさを感じます。

  2. まいる より:

    >soupさん
    この記事を書くときにも真っ先にsoupさんのこと思い出しましたww 奈良県在住だったなぁって。
    反応してもらえて嬉しいです(´▽`*)

    >「給与だけを求めてはいない」と言うコンセプトは「ブラック企業の常套句」
    あ、これはね、ワタクシも真っ先にそう思ったんで(爆)それでサイトコンセプトとか、サイト内全部見て確かめて回ったわけですよww 真っ先にそういうことを気にしなくちゃいけないというのも、世知辛い世の中だよなぁとちょっとため息をつきながら(^^;
    その上で、ここなら紹介できる!と感じたんですよね。

    ブラック企業が上から押し付けてくる「やりがいのある仕事」と、当人が心から求める意味での「生きがいを感じられる仕事」の間には雲泥の差があるじゃないですか。そういうのを肌で敏感に感じ取るためにも、こういうサイトの存在意義はあるんじゃないかと思います。

    >こういう場所に飛び込める境遇の人には少し羨ましさを感じます。
    若さってものもかなり問題になってきますもんね>< お互い、気持ちはありつつも身体がついていきませんもんねぇ(自爆)
    せめて自愛いたしましょう……お互いヽ(´ー`)ノ ふっ
    コメントありがとうございましたー(^^)/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑