twitterとブログの良い部分をそれぞれに引き出す形

公開日: : 最終更新日:2014/05/17 クリエイティブ

【キーワード】敢えて

こういう過去ログの使い方もあったのか!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

敢えて言わない : 星時計

敢えて言わない : 星時計

自身のtwitterに投稿済みのログを集めて、一つのエントリを作成されているのですが。
単にtweetのログにとどめるのではなく、その時のtweetの種明かし的な部分もある、とてもおしゃれな引用方法でした。

ああ、こういうの、いいなぁ……(´▽`*)

自分の一日分のツイートをまとめて、ブログに投稿している人というのは、けっこう見かけます。
かくいう自分もtwitter始めた頃はやってましたww
でもTwilog – Twitterのつぶやきをブログ形式で保存というサービスに登録してからは、その必要も感じなくなり。そうこうしているうちにtwitterはブログ告知に終始するようになってしまったという体たらく><

そういった中、詩のような言葉をtwitterに投稿して、その投稿に対してブログで種明かしするような形のこちらのエントリは、twitterとブログの良い部分を両方から引き出す形で活用されているように感じられました。
まさに、発想の勝利ですね。

それにしてもこの雪の表現の美しいこと……
一瞬の情景を見事に短い言葉に込めています。こういうの見ると、日本語っていいなぁと思うんですよね(^^)

関連記事

20141220

5年前のコンテンツだけど、今こそ読み返したい、「人とロボットの秘密」全文掲載記事。

【キーワード】想像力が及ばない 人とロボットの秘密という、2008年に出版された、今でもふつう

記事を読む

20140412

心にほっこり灯がともるような。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 独特の雰囲気があって好きだなぁ。 ギャラリー

記事を読む

20150603

小さなミニチュア作品に込められた職人のこだわり

【キーワード】妙なこだわり この手のものは、一度手を出すと際限なく集めずにはいられなくものなの

記事を読む

20160428

火事場の馬鹿力より、コンスタントに水準以上を成し遂げるほうが尊い

【キーワード】余裕を持って 耳に痛くて穴があったら入りたい気分になってしまいましたよ><

記事を読む

20140919

紹介記事はかくあるべきだな。

【キーワード】的確すぎて twitterで連作マンガを書いている人を紹介している記事でした。

記事を読む

20140603

ネタも面白けどペンネームも面白いww

【キーワード】裏を返せば サラリーマン川柳、面白いですよねー(^^) 毎年けっこう楽しみにし

記事を読む

20160518

ある程度の枠組みと制限によって、発想の先鋭化がもたらされるようだ

【キーワード】知恵を絞る クリエイティブな作業に関わる人は、割と口を揃えて似たような発言をして

記事を読む

20150709

ザ!鉄腕!DASH!!プロデューサーが語る、番組を通して伝えたいことがステキだった

【キーワード】やってみれば 制作者と視聴者の架け橋テレビコ……番組を作っている裏方さんたちをク

記事を読む

20160420

公募小説の大賞作品紹介にかこつけて、自分の好きな小説のタイプを語る

【キーワード】自分から 昨夜紹介したのは、現実に、過去の自分から未来の自分に向かって届けられた

記事を読む

20140207

ミステリ好きなら一読の価値あり

【キーワード】身近なものから ミステリ小説大好き人間としては、この記事はスルーできないなぁ(笑

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑