twitterとブログの良い部分をそれぞれに引き出す形

公開日: : 最終更新日:2014/05/17 クリエイティブ

【キーワード】敢えて

こういう過去ログの使い方もあったのか!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

敢えて言わない : 星時計

敢えて言わない : 星時計

自身のtwitterに投稿済みのログを集めて、一つのエントリを作成されているのですが。
単にtweetのログにとどめるのではなく、その時のtweetの種明かし的な部分もある、とてもおしゃれな引用方法でした。

ああ、こういうの、いいなぁ……(´▽`*)

自分の一日分のツイートをまとめて、ブログに投稿している人というのは、けっこう見かけます。
かくいう自分もtwitter始めた頃はやってましたww
でもTwilog – Twitterのつぶやきをブログ形式で保存というサービスに登録してからは、その必要も感じなくなり。そうこうしているうちにtwitterはブログ告知に終始するようになってしまったという体たらく><

そういった中、詩のような言葉をtwitterに投稿して、その投稿に対してブログで種明かしするような形のこちらのエントリは、twitterとブログの良い部分を両方から引き出す形で活用されているように感じられました。
まさに、発想の勝利ですね。

それにしてもこの雪の表現の美しいこと……
一瞬の情景を見事に短い言葉に込めています。こういうの見ると、日本語っていいなぁと思うんですよね(^^)

関連記事

20160802

一秒間の動きを表現するのに一体何コマ何ページ使用するのか

【キーワード】強い印象 ある文章を読んで、本題と関係のないところでツボにはまることとか、ありま

記事を読む

20150128

違う視点から見える世界をブレなく写し撮る写真家のスゴ技

【キーワード】その発想はなかった 見ていると圧倒されます……。 【その発想はなかったわ】

記事を読む

20150217

変わったデザインのベンチは見ているだけでもワクワクする

【キーワード】意外にも これは、一度は実物を目にしてみたいと思われるベンチの数々ですね……!

記事を読む

20150516

先入観を悪いことだと決めつけることもまた先入観である。

【キーワード】先入観 これはエントリタイトルの勝利ですね! 先入観と仲良くしながら絵を描

記事を読む

20140821

万人に愛される秘訣は間違いを素直に認めることと打たれ強さにあると思う

【キーワード】話題になる これ、いちばん最初の元ネタしか知りませんでしたww 専門家を付ける

記事を読む

20140729

アイデアは無限であることを教えてくれるGoogle Doodle

【キーワード】印象的だった お、Google Doodleの話題だ! 毎回楽しませて

記事を読む

20150403

ファッションに興味があると一口にっても、その中にまたさまざまな階層があるのだな

【キーワード】思いもしなかった この記事で「赤文字系」「青文字系」などの言葉の存在を初めて知り

記事を読む

20140924

日本茶ソムリエが語る、日本茶のほんとうの魅力と美味しさ

【キーワード】本当の魅力 衝撃的においしい日本茶、ワタクシも飲んでみたい……。 Da

記事を読む

20140919

紹介記事はかくあるべきだな。

【キーワード】的確すぎて twitterで連作マンガを書いている人を紹介している記事でした。

記事を読む

20150828

ミニチュア切り絵「キリグラフ」の奥深い世界

【キーワード】幸運にも こういう形のアート作品というのもあるんですねぇ。 オトブリッジ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑