twitterとブログの良い部分をそれぞれに引き出す形

公開日: : 最終更新日:2014/05/17 クリエイティブ

【キーワード】敢えて

こういう過去ログの使い方もあったのか!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

敢えて言わない : 星時計

敢えて言わない : 星時計

自身のtwitterに投稿済みのログを集めて、一つのエントリを作成されているのですが。
単にtweetのログにとどめるのではなく、その時のtweetの種明かし的な部分もある、とてもおしゃれな引用方法でした。

ああ、こういうの、いいなぁ……(´▽`*)

自分の一日分のツイートをまとめて、ブログに投稿している人というのは、けっこう見かけます。
かくいう自分もtwitter始めた頃はやってましたww
でもTwilog – Twitterのつぶやきをブログ形式で保存というサービスに登録してからは、その必要も感じなくなり。そうこうしているうちにtwitterはブログ告知に終始するようになってしまったという体たらく><

そういった中、詩のような言葉をtwitterに投稿して、その投稿に対してブログで種明かしするような形のこちらのエントリは、twitterとブログの良い部分を両方から引き出す形で活用されているように感じられました。
まさに、発想の勝利ですね。

それにしてもこの雪の表現の美しいこと……
一瞬の情景を見事に短い言葉に込めています。こういうの見ると、日本語っていいなぁと思うんですよね(^^)

関連記事

20140412

心にほっこり灯がともるような。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 独特の雰囲気があって好きだなぁ。 ギャラリー

記事を読む

20130928

どんな人にも届くように

【キーワード】感覚だけで ぎっしり詰まった長い文章だけど。 勢いで読まされてしまいましたよ。

記事を読む

20160507

一枚一枚の画像に何を感じるかを丹念に追い求め自身を探る人。

【キーワード】ノスタルジー 今回、「ノスタルジー」というキーワードで検索した際、画像紹介系のま

記事を読む

20160512

ファッションといってもいろいろある

【キーワード】抵抗感がある コラムポータルのトピックスファロー|topicsfaroなるウェブ

記事を読む

20131221

電子書籍もいいけれど、やはり美しい装丁の書籍という形も残ってほしい

【キーワード】それぞれの流儀 地方に住んでいて悔しい思いをするのは、こういうイベントが開催され

記事を読む

20131227

アイディアを出し合って一つの企画を完成させることの楽しさ。

【キーワード】些細なことに みんなの企画会議 - Blabo! (ブラボ)というサイト内に寄せ

記事を読む

20160307

自分があこがれるような文章の書き手に出会える幸運

【キーワード】影響されやすい あー、この気持ち、すごく分かるなー。 自分もやる気出るのは、い

記事を読む

20140925

伝統のものも見せ方次第で新しく魅力的に発信できる

【キーワード】本当の魅力 FAAVO(ファーボ)って、今はやりのクラウドファンディングと地方を

記事を読む

20160416

虚構世界を構築するためにこそ、現実について考えることは大切なのだ。

【キーワード】言えないこと 創作者は、現実と向き合うからこそ、虚構を積み上げることができるのだ

記事を読む

20160202

GIMP使いの人に使い勝手の良いチュートリアルサイト

【キーワード】思い込み GIMPといえばフリーでPhotoshop並みの高機能を備えた画像処理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑