twitterとブログの良い部分をそれぞれに引き出す形

公開日: : 最終更新日:2014/05/17 クリエイティブ

【キーワード】敢えて

こういう過去ログの使い方もあったのか!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

敢えて言わない : 星時計

敢えて言わない : 星時計

自身のtwitterに投稿済みのログを集めて、一つのエントリを作成されているのですが。
単にtweetのログにとどめるのではなく、その時のtweetの種明かし的な部分もある、とてもおしゃれな引用方法でした。

ああ、こういうの、いいなぁ……(´▽`*)

自分の一日分のツイートをまとめて、ブログに投稿している人というのは、けっこう見かけます。
かくいう自分もtwitter始めた頃はやってましたww
でもTwilog – Twitterのつぶやきをブログ形式で保存というサービスに登録してからは、その必要も感じなくなり。そうこうしているうちにtwitterはブログ告知に終始するようになってしまったという体たらく><

そういった中、詩のような言葉をtwitterに投稿して、その投稿に対してブログで種明かしするような形のこちらのエントリは、twitterとブログの良い部分を両方から引き出す形で活用されているように感じられました。
まさに、発想の勝利ですね。

それにしてもこの雪の表現の美しいこと……
一瞬の情景を見事に短い言葉に込めています。こういうの見ると、日本語っていいなぁと思うんですよね(^^)

関連記事

20141208

辞書編集も電話帳編集もいずれも大変な作業です><

【キーワード】大間違い へぇ……タウンページって、それ自体で一つの会社だったんですね。 我が

記事を読む

20160420

公募小説の大賞作品紹介にかこつけて、自分の好きな小説のタイプを語る

【キーワード】自分から 昨夜紹介したのは、現実に、過去の自分から未来の自分に向かって届けられた

記事を読む

20150919

遠回りなようで一番の近道になるワンクッション。

【キーワード】見返してみると ワタクシには写真を撮る趣味はありません。 それなのに、読みなが

記事を読む

20141016

有名イラストレーターたちの制作過程動画を一気に集めた絵師必見のまとめ記事

【キーワード】試しつつ こういう動画は見ているだけでワクワクしますね(^^) イラス

記事を読む

20140731

NHKの子供向け番組にはたまにとんでもなく面白いものがあるので侮れない。

【キーワード】印象的だった NHKにはたまにこういう深い番組があるから油断がなりませんね!

記事を読む

20140827

想像力のみでリアルさを追求した絵画的作品

【キーワード】永遠に語り継がれる これはまたリアルな…… 本当に、完全な空想の産物なんですか

記事を読む

20140412

心にほっこり灯がともるような。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 独特の雰囲気があって好きだなぁ。 ギャラリー

記事を読む

20150704

移動式住宅で折々の景色を楽しみながら生活するという贅沢

【キーワード】どこにでも ひとり移動式住居でいろんな景色を楽しみながら暮らす…… そんな贅沢

記事を読む

20151010

タネがわかればなんともないけど、知らずに見るとびっくりする彫刻作品

【キーワード】驚愕した ある動画を紹介している記事だったのですが。 動画初見時、思わず「うわ

記事を読む

20150309

世の中にある面白いものを見逃さないためにもっと鋭い感性が欲しい

【キーワード】感慨深い キャッチコピーネタに弱いです……好きなんでしょうね、短い言葉の中にギュ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑