指導することのむずかしさ

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 ビジネス・教養

【キーワード】敢えて

本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^;
それがなかなかできないんですよねー><

MIZUNO Katsuya: 「敢えて教えない」理由

MIZUNO Katsuya: 「敢えて教えない」理由

こちら、STEP WORLD LL日進駅前教室の代表講師、水野克哉氏のブログです。

「教える」というよりは、「質問」又は「ヒント」を与えて、「考えさせながら」導いて行く

という指導方針を取られている主な理由を二点、このエントリで明らかにされています。
そして、敢えて教えないためには根気が必要であるとまとめられてるんですが。
その根気が……なかなか……orz

こちらのエントリでは、学習塾になってくるお子様たちへの指導方針として語られているこの案件。
しかし、誰かに何かを教えなくてはならない局面というのは、大人の世界にも当然あるわけです。
とはいえ、相手が大人だからといって、呑み込みの早い人ばかりとは限らない現実……( = =) トオイメ

身体は一つとしかないし、自分の業務もこなさなくちゃいけないし。
ちょうど後輩指導のジレンマに苛まれているところにこのようなエントリを目にし、やはり根気よく指導していくしかないのだなーと、改めてそんなことを考えさせられたのでした。

関連記事

20160722

身近な場所に隠れた名所が存在しているかもしれない

【キーワード】迂闊にも 実は史実上とても重要な場所だったのに、意外にもそれを知らないまま長らく

記事を読む

20160317

日常生活から習得したい言語以外のものを排除するという潔さ

【キーワード】習慣の問題 一昨日英文読解についてのネタを取り上げたばかりなので、ネタ被りになる

記事を読む

20131114

久利生公平を選ぶか古美門研介を選ぶか(違

【キーワード】独特な言い回し 面白い、などと言ってしまっては語弊がありますが。 でもすごく面

記事を読む

20130924_01

方向音痴が克服できるかも?

【キーワード】感覚だけで この紹介先、連載記事になっているので、CHAPTER 1のほうから読

記事を読む

20150609

安穏と過ごせる人が羨ましい反面、ストレスまみれの人生も悪くはないと肯定してみたい。

【キーワード】振り返って 設問1の結果にちょっとびっくり…… 有効回答者数:284名だそうだ

記事を読む

20160613

職場での下世話な下ネタ世間話に巻き込まれそうになったなら……

【キーワード】やりすごす 男性が多い職場の時には、確かにこういうの、ありましたね……。 言い

記事を読む

20141215

一般的に捉えられているものも、専門家の目で見るとまったく違う景色が開ける一例。

【キーワード】想像力が及ばない なるほど。分からん!!wwwwwww ……つД`)・゚・。・゚

記事を読む

20160315

基本に忠実に一つひとつこなしていくことが大事なのだな。

【キーワード】習慣の問題 ワタクシが英文を苦手な原因が、なんとなくわかったような気がします……

記事を読む

20160223

原因究明も大切、しかし対処することはもっと大切

【キーワード】こんな時こそ 紹介されている三つの質問そのものも有意義です。 しかし、この記事

記事を読む

20150506

教義に従うことよりも、本質を日常生活に取り入れることにこそ、宗教の本質があるのではないか

【キーワード】要約すれば なんてスッキリ分かりやすく書かれているんでしょう! §1.釈迦

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑