指導することのむずかしさ

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 ビジネス・教養

【キーワード】敢えて

本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^;
それがなかなかできないんですよねー><

MIZUNO Katsuya: 「敢えて教えない」理由

MIZUNO Katsuya: 「敢えて教えない」理由

こちら、STEP WORLD LL日進駅前教室の代表講師、水野克哉氏のブログです。

「教える」というよりは、「質問」又は「ヒント」を与えて、「考えさせながら」導いて行く

という指導方針を取られている主な理由を二点、このエントリで明らかにされています。
そして、敢えて教えないためには根気が必要であるとまとめられてるんですが。
その根気が……なかなか……orz

こちらのエントリでは、学習塾になってくるお子様たちへの指導方針として語られているこの案件。
しかし、誰かに何かを教えなくてはならない局面というのは、大人の世界にも当然あるわけです。
とはいえ、相手が大人だからといって、呑み込みの早い人ばかりとは限らない現実……( = =) トオイメ

身体は一つとしかないし、自分の業務もこなさなくちゃいけないし。
ちょうど後輩指導のジレンマに苛まれているところにこのようなエントリを目にし、やはり根気よく指導していくしかないのだなーと、改めてそんなことを考えさせられたのでした。

関連記事

20141030

広く浅くならインターネット、狭く深くなら……?

【キーワード】最適な レファレンス協同データベース、こんな司書さん御用達なサイトがあったんです

記事を読む

20140701

よほどのきっかけがないと自分からはアクセスしない場所

【キーワード】重宝している うわー、ニッチな分野だ! こういうものすごくピンポイントの専門的

記事を読む

20150609

安穏と過ごせる人が羨ましい反面、ストレスまみれの人生も悪くはないと肯定してみたい。

【キーワード】振り返って 設問1の結果にちょっとびっくり…… 有効回答者数:284名だそうだ

記事を読む

20160311

ちょっとしたきっかけから深く調べるのが好奇心の始まり

【キーワード】影響されやすい 身長に遺伝が関係するのは小耳に挟んだことがありますが、80%とい

記事を読む

20160713

大きな波に乗るために、無駄に運気を使い果たさないよう留意しようという提言

【キーワード】貴重な 本日の紹介記事、記事タイトルに個人的な違和感を覚えつつも、記事内容には賛

記事を読む

20131017

専門的なことを調べるのが、楽な時代になりました。

【キーワード】気軽に 専門に特化したウェブサイト、本当に増えてきましたね。 昔は図書館で調べるし

記事を読む

20150331

新しい職業は確かにどんどん現れるが、既存の職業を蔑ろにする理由にはならない。

【キーワード】思いもしなかった いま世の中を動かしている仕事のほとんどが、10年前、20年前に

記事を読む

20150928

目に見える形で残るものを作る仕事にあこがれる

【キーワード】はじまり 鹿島建設株式会社サイト内のスペシャルコンテンツをピックアップしました。

記事を読む

20160711

意外な場所が意外な選出を受けていてびっくり

【キーワード】貴重な そんなわけで、昨日も書いた通り、1000エントリ目です(喜) 少し

記事を読む

20160123

十四年前に仮説として唱えられた説が、現状はどうなっているのか知りたい。

【キーワード】身近な謎 記事タイトルのかっこよさにやられましたww 「生命の左利きの謎」……

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑