指導することのむずかしさ

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 ビジネス・教養

【キーワード】敢えて

本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^;
それがなかなかできないんですよねー><

MIZUNO Katsuya: 「敢えて教えない」理由

MIZUNO Katsuya: 「敢えて教えない」理由

こちら、STEP WORLD LL日進駅前教室の代表講師、水野克哉氏のブログです。

「教える」というよりは、「質問」又は「ヒント」を与えて、「考えさせながら」導いて行く

という指導方針を取られている主な理由を二点、このエントリで明らかにされています。
そして、敢えて教えないためには根気が必要であるとまとめられてるんですが。
その根気が……なかなか……orz

こちらのエントリでは、学習塾になってくるお子様たちへの指導方針として語られているこの案件。
しかし、誰かに何かを教えなくてはならない局面というのは、大人の世界にも当然あるわけです。
とはいえ、相手が大人だからといって、呑み込みの早い人ばかりとは限らない現実……( = =) トオイメ

身体は一つとしかないし、自分の業務もこなさなくちゃいけないし。
ちょうど後輩指導のジレンマに苛まれているところにこのようなエントリを目にし、やはり根気よく指導していくしかないのだなーと、改めてそんなことを考えさせられたのでした。

関連記事

20150616

覚えることではなく、使いこなすことに意義がある

【キーワード】特殊な用途 こういうきっかけでもなければ、自分から探してまで見ることのなかったサ

記事を読む

20160325

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったん

記事を読む

20150814

いつの間にか浸透して当たり前のように使っていた言葉

【キーワード】立ち位置 ああ、そうか、2007年当時はまだあまり浸透していなかったのだな、この

記事を読む

20150521

少し穿った見方をするくらいのほうが、本質に切り込めるのかもしれない

【キーワード】物は言いよう これは面白い着眼点の記事ですね。 物は言いよう - 働く母の

記事を読む

20140213

勉強と思うと煩わしいものも、目先を変えるとたのしく表現できる

【キーワード】ピタリとはまる 理数系にとても弱いくせに、そういう話題を見るとついつい取り上げた

記事を読む

20150718

相手が求めているものをくみ取る力はとても大事。

【キーワード】無駄なこと 今回紹介するエントリは、営業職の自分には肌感覚でとても納得できる話で

記事を読む

20150909

単純で、繰り返されるものほど、深層意識に影響を及ぼすのかも。

【キーワード】集中できる 単純なものほど心理的影響が大きい、というところでしょうか。 単純で

記事を読む

20160227

肯定でもなく否定でもなく、ただ淡々と客観的に考察するということ

【キーワード】こんな時こそ 読み応えのある、素晴らしい考察でした。 こちらのエントリによって

記事を読む

20160901

いろんなものを受け入れて混合されてきたがゆえに、今の供養の形がある

【キーワード】~なのに~ 昨日のエントリ知っているようで実は曖昧な雑学知識をいろんな角度からチ

記事を読む

20160804

第一印象にこだわるのも良いが、作りすぎると後あと面倒なことになる

【キーワード】強い印象 これは、もっと多くの場所で言及されてしかるべきことかと思いますが、実際

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑