ステキなロゴだなーとお店を調べてみたら……

公開日: : 最終更新日:2014/05/12 クリエイティブ

【キーワード】敢えて

おしゃれなロゴって、それだけで記憶に残りますよね(^^)

news DELIのロゴ:敢えて表現をバラバラに。 | ロゴストック

news DELIのロゴ:敢えて表現をバラバラに。 | ロゴストック

ロゴストックはインスピレーションが欲しいなぁと思う時にだらだら眺めてたりしてました。
ページ下部にあるカテゴリ一覧だったりカラー別表示だったりをクリックして見て回るのが楽しいんですよ~♪

ところで、ここで紹介されているnews DELI、寡聞にして知らなかったので、ちょっと検索してみたところ。
検索一位に現れたのが、新宿店閉店の御案内……(´・ω・`)シュン
www.news-deli.comのドメイントップで閉店のお知らせしてるってことは、他のnews DELIも閉店しちゃってるんでしょーか。

検索結果を見る限り、東京ドームとか吉祥寺とか静岡とかにも店舗があったようなんですがねぇ。
news DELI 静岡店のブログも今年の2月5日が最終更新になってましたし……。

うーん、関西の片隅に生息している自分にとっては今まで馴染みがなかったうえに、ステキなロゴの店だなーと思った直後でしたので、検索してさらに調べたとたんのこの結果に、なんだかとても物悲しい気分になってしまいました……。

まぁそのことによってこのロゴの価値が下がるわけではありませんけどね。

関連記事

20140827

想像力のみでリアルさを追求した絵画的作品

【キーワード】永遠に語り継がれる これはまたリアルな…… 本当に、完全な空想の産物なんですか

記事を読む

20150130

色鉛筆そのものをアート作品としての指輪にしてしまった人の制作過程動画がすごい。

【キーワード】その発想はなかった これはすごい……!! ハンドメイドの域を超えていますね!

記事を読む

20151216

塗りには個性が表れる

【キーワード】印象が変わる こういうの見るのが大好きなんですよ(^^) 色の選び方や塗り

記事を読む

20160802

一秒間の動きを表現するのに一体何コマ何ページ使用するのか

【キーワード】強い印象 ある文章を読んで、本題と関係のないところでツボにはまることとか、ありま

記事を読む

20160518

ある程度の枠組みと制限によって、発想の先鋭化がもたらされるようだ

【キーワード】知恵を絞る クリエイティブな作業に関わる人は、割と口を揃えて似たような発言をして

記事を読む

20150516

先入観を悪いことだと決めつけることもまた先入観である。

【キーワード】先入観 これはエントリタイトルの勝利ですね! 先入観と仲良くしながら絵を描

記事を読む

20150128

違う視点から見える世界をブレなく写し撮る写真家のスゴ技

【キーワード】その発想はなかった 見ていると圧倒されます……。 【その発想はなかったわ】

記事を読む

20131221

電子書籍もいいけれど、やはり美しい装丁の書籍という形も残ってほしい

【キーワード】それぞれの流儀 地方に住んでいて悔しい思いをするのは、こういうイベントが開催され

記事を読む

20160525

日常生活で感じる不便さはあえて演出されているモノの一つかもしれない

【キーワード】不便になった 昨日、都会の迷路めいた駅の配置に困らされたことが何度もあるというエ

記事を読む

20160512

ファッションといってもいろいろある

【キーワード】抵抗感がある コラムポータルのトピックスファロー|topicsfaroなるウェブ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑