コミュニケーションの極意は会話にあらず

公開日: : 最終更新日:2014/05/01 コラム・エッセイ

【キーワード】ムキになって

「喋る機関銃」の異名を持つワタクシにとっては耳に痛い言葉ですね><

会話を捨て去れ 人間関係劇的向上方法 岩波先生の言葉集

会話を捨て去れ 人間関係劇的向上方法 岩波先生の言葉集

こちら、世界唯一、最先端の心理・脳内訴求プログラム DreamArtLaboratoryという、正直言ってちょっと胡散臭いサイト(滝汗)内の講演集に置かれた一文でした。
トップページ先に見ちゃってたら読んでなかっただろうなぁ(^^;
検索からたどり着いたおかげでこの文章を読むことができました。個人的に、いま読めて本当によかったです。

ほんと、これなんですよ。
言葉よりも大事なのが、場の雰囲気づくりにおいて主導権を握ること。分かってるんだけどつい場が持たなくてぺらぺら喋りまくってしまうんです>< 未熟者ですねorz

実際、挨拶の仕方ひとつで相手の懐に飛び込んで行けたりします。それって、その時に自分が醸し出している雰囲気のほうが重要ですし。自分が空の中に閉じこもってたら、同じ挨拶をしても相手に届きませんしねぇ。

こういうことをふだんから意識して、場の流れを作れるだけの器が自分自身にあれば、もっといろんなことが楽になるんだろうなぁ……( = =) トオイメ

関連記事

20150806

話し上手と話好きの間には天と地ほどの差が開く

【キーワード】~より~のほうが 意外な結果のようにも思えますが、読み進めると妙に納得させられて

記事を読む

20160617

水は存在するだけで人を癒す力を持つようだ

【キーワード】やりすごす 大手企業が文化事業を充実させるためにさまざまな企画や施設運営などして

記事を読む

20141226

女性向けの雑誌というだけで、それをファッション誌だと思い込んで避けてきて、もったいないことをしたorz

【キーワード】スルーできない CREAといえば女性向けファッション雑誌の名前では……と思いつつ

記事を読む

20150926

枠にとらわれず、さまざまな分野から、良いものを吸収していく有利さ

【キーワード】冷静でいられない TFTを紹介しているお坊様がいたことに、ちょっとびっくりしてし

記事を読む

20131028

月日の流れが身に染みるのは、実はこんな些細なできごとに遭遇したときだったりする。

【キーワード】いつの間にか 自分が同じような出来事でショックを受けたのは、好きなドラマやアニメ

記事を読む

20150611

同じ現象をどうとらえるかで、その後に受取る結果が変わる

【キーワード】振り返って なんということはない、自身の人生の振り返りの内容だったのですが。

記事を読む

20131003

大人になるって、妥協を許せることなのかな

【キーワード】人生で初めて これぞ、「プロの犯行」ですね。 身元明かしてやってるから「プロが

記事を読む

20160629

趣味に熱中してどんどんはまり込んでる人って、幸せオーラ全開ですごい!

【キーワード】きっかけ ネットスラングとして定着した感のある「沼」という言葉。 確か、趣味が

記事を読む

20140211

誰が言ったかが大事? それとも、語られている内容のほうが大事?

【キーワード】ピタリとはまる 最近こうしたtwitterを利用したまとめ系のサイト、増えました

記事を読む

20140318

逃げや甘えではなく、それは前進であり新しい世界への挑戦なのだ。

【キーワード】理由について お坊さんに質問、悩み相談できるQ&Aサイト - hasun

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑