コミュニケーションの極意は会話にあらず

公開日: : 最終更新日:2014/05/01 コラム・エッセイ

【キーワード】ムキになって

「喋る機関銃」の異名を持つワタクシにとっては耳に痛い言葉ですね><

会話を捨て去れ 人間関係劇的向上方法 岩波先生の言葉集

会話を捨て去れ 人間関係劇的向上方法 岩波先生の言葉集

こちら、世界唯一、最先端の心理・脳内訴求プログラム DreamArtLaboratoryという、正直言ってちょっと胡散臭いサイト(滝汗)内の講演集に置かれた一文でした。
トップページ先に見ちゃってたら読んでなかっただろうなぁ(^^;
検索からたどり着いたおかげでこの文章を読むことができました。個人的に、いま読めて本当によかったです。

ほんと、これなんですよ。
言葉よりも大事なのが、場の雰囲気づくりにおいて主導権を握ること。分かってるんだけどつい場が持たなくてぺらぺら喋りまくってしまうんです>< 未熟者ですねorz

実際、挨拶の仕方ひとつで相手の懐に飛び込んで行けたりします。それって、その時に自分が醸し出している雰囲気のほうが重要ですし。自分が空の中に閉じこもってたら、同じ挨拶をしても相手に届きませんしねぇ。

こういうことをふだんから意識して、場の流れを作れるだけの器が自分自身にあれば、もっといろんなことが楽になるんだろうなぁ……( = =) トオイメ

関連記事

20151203

時間の価値を考える、ということは、自分が何を大事にしているかを明確にすることに等しい。

【キーワード】時間泥棒 ああ、ここ数日、時間を無駄に消費するようなサイトばかり紹介してきている

記事を読む

20150716

それが「自分」にとってどういう意味を持っているのか、それが大事

【キーワード】無駄なこと 名言を紹介しているサイトはたくさんありますが、その名言が「自分にとっ

記事を読む

20160910

高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたことがなかったのですが、言われてみ

記事を読む

20160728

課せられたハンデをただのハンデで終わらせず活かすための考え方

【キーワード】制約が多い 相手の立場に立ってものを考えることが大事、というのはよく言われること

記事を読む

20160330

好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

【キーワード】知らないこと こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてし

記事を読む

20160219

楽しさは教えるものではなく、やって見せるものではないか

【キーワード】~ではないか 関係者はうすうす気づいているし、必要性も分かっている。 けれどそ

記事を読む

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

20160314

切り替えの早いフットワークの軽さが肝なのかもしれない

【キーワード】習慣の問題 努力の方向を見極める、というのは本当に大切なことですね。 それに気

記事を読む

20140826

人間にミスはつきもの。どう挽回するかが大事。

【キーワード】永遠に語り継がれる まさか生徒装い自殺示唆「遠足中止を」 バス手配ミスのJTB社

記事を読む

20131018

いつもカメラを持ち歩いているようなもの

【キーワード】気軽に これだけ高機能なカメラを内蔵したスマホを持ち歩いているのだから、確かに毎日カ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑