幼い頃一休さんのとんちに舌を巻いた記憶が蘇る。機転を利かせれば物事は有利に運ぶらしい。

公開日: : 最終更新日:2014/03/10 ネタ・雑学

【キーワード】まさかの

音声配信付きの至れり尽くせりさ。ありがたいですねー。

まさかの話 <福娘童話集 きょうの日本昔話>

まさかの話 <福娘童話集 きょうの日本昔話>

それにしてもこの主人公の名前……吉四六を○○と読ませるのか―。まさかの読み方だったなー(食いつくところが違うww
どんな読み方か気になる人は該当記事へアクセス☆

この吉四六さん、昔話に頻繁に登場するその方面(?)では有名な方だそうで、吉四六さん <福娘童話集 きょうの日本昔話用語集>という個別の人物紹介ページまで用意されていました。
しかも実在の人物だった(らしい)という話まで。

この「まさかの話」、なんだかアニメの一休さんでやっててもおかしくないようなとんち話でした。
こういうちょっとしたひねりを加えて相手をけむに巻く話、大好きです♪
こんな愉快な人物が実在してたんだと思うと、ちょっと楽しいですね(^^)

この「まさかの話」には後日談があるようでまさかのはなし その2 自分の頭を食べたヘビで紹介されています。
ほかにも人物紹介のページにたくさんの吉四六さんの逸話が紹介されてましたんで、時間のある時にどぞー!

関連記事

20131101

とんちにチャレンジすれば鋭い視点が身に着けられるの(かも)しれない

【キーワード】いつの間にか とんち道場 - 「大喜利・謎かけ・川柳」などを投稿・評価して楽しむ

記事を読む

20131204

この世を去るときに残す言葉は、よくよく考えたほうがいい。

【キーワード】見間違いかと こちらのエントリに写真がなかったものですから、紹介先に飛んで写真を

記事を読む

20140422

なるほど納得から意外なものまで。観光客が買い求めているものいろいろ。

【キーワード】わざわざ 意外に日用品に人気が集中しているんですね(^^) 海外からわ

記事を読む

20140212

どうして彼の人の名前がないのかと小一時間(ry

【キーワード】ピタリとはまる あるはずの名前がなくて、回答欄を何度も探してしまいました……(

記事を読む

20160217

難癖をつける人間の論旨はたいてい不明瞭なものだ

【キーワード】~ではないか なんにでも難癖をつけたがる人って、世界中にいるんですねぇ……( =

記事を読む

20160701

女性側の事情に踏み込んだ男性には分かりにくい知識習得体験の話

【キーワード】きっかけ 女性に夢を見ている男性諸氏の幻想を粉々に打ち砕く(笑)貴重なエントリで

記事を読む

20150804

往路と復路における体感の不確かさ

【キーワード】~より~のほうが これはけっこう意外な結果でしたね。 自分も『慣れ』の問題だと

記事を読む

20160603

地域にはそれぞれ特色があるが、東京はより強調されやすいのかもしれない

【キーワード】憧れる 田舎には田舎の、都会には都会の苦労があるということですね。 とはいえ、

記事を読む

20140813

子どもにウケる鉄板の組み合わせ……かもしれない。

【キーワード】けっこうたくさん 怪談と聞いて季節柄ばっちり☆とか思ったら、すっかり嵌められまし

記事を読む

20140610

歴史に名を残す人の何が我々の心を刺激するのだろう

【キーワード】刺激された 天才となんとかは紙一重、って言いますよねぇ。 厨二心を刺激

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑