幼い頃一休さんのとんちに舌を巻いた記憶が蘇る。機転を利かせれば物事は有利に運ぶらしい。

公開日: : 最終更新日:2014/03/10 ネタ・雑学

【キーワード】まさかの

音声配信付きの至れり尽くせりさ。ありがたいですねー。

まさかの話 <福娘童話集 きょうの日本昔話>

まさかの話 <福娘童話集 きょうの日本昔話>

それにしてもこの主人公の名前……吉四六を○○と読ませるのか―。まさかの読み方だったなー(食いつくところが違うww
どんな読み方か気になる人は該当記事へアクセス☆

この吉四六さん、昔話に頻繁に登場するその方面(?)では有名な方だそうで、吉四六さん <福娘童話集 きょうの日本昔話用語集>という個別の人物紹介ページまで用意されていました。
しかも実在の人物だった(らしい)という話まで。

この「まさかの話」、なんだかアニメの一休さんでやっててもおかしくないようなとんち話でした。
こういうちょっとしたひねりを加えて相手をけむに巻く話、大好きです♪
こんな愉快な人物が実在してたんだと思うと、ちょっと楽しいですね(^^)

この「まさかの話」には後日談があるようでまさかのはなし その2 自分の頭を食べたヘビで紹介されています。
ほかにも人物紹介のページにたくさんの吉四六さんの逸話が紹介されてましたんで、時間のある時にどぞー!

関連記事

20140626

地方には地方にしかない面白ネタがたくさんww

【キーワード】~だからこそ こういう地方ネタ、大好物ですwwwww 【島根県あるある

記事を読む

20140320

価値を決めるのは人間側の都合であって、生き物はただ生きているだけなのかもしれない

【キーワード】理由について 真実はあっさりしたものなのかもしれませんね。 【納得】ダ

記事を読む

20150602

聖なる神獣もアンサイクロペディアにかかると形無しになるという一例

【キーワード】妙なこだわり アンサイクロペディアは検索に引っかかるとほぼ問答無用で採用しちゃい

記事を読む

20140716

いちど印象がつくともうそのようにしか見えない事例

【キーワード】懐かしい知恵 どれもこれも、本当にそう見えることにびっくりしてしまいました( ゚

記事を読む

20151219

少し加えたアクセントで思わず笑顔

【キーワード】印象が変わる こちらの記事を目にしたとき、「才能の無駄遣い」という言葉が脳内を駆

記事を読む

20131101

とんちにチャレンジすれば鋭い視点が身に着けられるの(かも)しれない

【キーワード】いつの間にか とんち道場 - 「大喜利・謎かけ・川柳」などを投稿・評価して楽しむ

記事を読む

20160112

情けない表情もまた、心に残るものである。

【キーワード】情けない ああ、確かに、笑顔も泣き顔もそれはそれで印象的ではあるけれど、情けない

記事を読む

20141022

昔に戻れたら違う決断しますか?

【キーワード】勇気ある決断 この手の診断系コンテンツはワタクシにとっては釣り糸のようなもの……

記事を読む

20150727

北海道の読み仮名が同じ地名の多さにびっくり

【キーワード】似たような 関西在住だと北海道はなんとなく遠い感覚があります。北海道だけじゃなく

記事を読む

20131002

聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥

【キーワード】人生で初めて ちょwwwww 出落ちすぐるwwwww しかも堂々と間違いを犯し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑