童心に返るだけではない、読み返すたびに新たな発見をもたらしてくれる絵本の魅力

公開日: : 最終更新日:2014/02/22 生活

【キーワード】心が躍る

絵本って、決して子供だけのものじゃないんですよねー

心が躍るワクワク絵本を教えてください!【体験談・評判】 - 育児相談の口コミ広場

心が躍るワクワク絵本を教えてください!【体験談・評判】 – 育児相談の口コミ広場

もちろん、お子さんへの読み聞かせが第一目的で絵本を購入される方が多いとは思います。
しかし、子どもの頃に触れた絵本に大人になってから再び出会うと、思い出が刺激されるだけではない、新たな発見が多々あるものなんですよね。

一ページ目で紹介されていた「星の王子さま」や「ピーターラビット」「ぐりとぐら」などは、大人になってから読み返し、とても驚いたものです。え、こんな話だったっけ?!みたいな。

紹介されている中でまだ未読、なおかつ興味をひかれたのは、ティモシーとサラのシリーズ絵本。特に一番とおすすめされていた「はながさくころに」がとても気になりました。

病気の友達を喜ばせようと、素敵なアイディアを思いつき奮闘するお話です。

という紹介文に、いったいどんなアイディアを思いついたのかととても気になりました。さっそく読んでみることにします(^^)

関連記事

20150413

料理好きの楽しみはこの「一工夫」が功を奏したときの嬉しさにあるのかも。

【キーワード】プラスアルファの まさに、料理の楽しみは、ここに語られているような事柄にあると感

記事を読む

20140131

人間って単純? ちょっとした工夫で億劫な作業にも楽しく取り掛かれるかも。

【キーワード】決まりきった 自分にスイッチを入れる習慣を作っておくと、億劫な作業にも取り掛かり

記事を読む

20160630

病院には抵抗を持たぬ多くの人が、接骨院や整体に対しては敷居の高さを感じているらしい

【キーワード】きっかけ 多くの人が接骨院や整体に敷居の高さを感じているんですね。 かくいうワ

記事を読む

20131207

勘違いしたままずっと生きてきたことほど、間違いに気づいたときは超絶恥ずかしいもの。

【キーワード】見間違いかと 出来事じたいは些細なことなんだけど、それを何十年もずっと勘違いし続

記事を読む

20141021

知らないところでいろんな企画が開催されているのだな。

【キーワード】勇気ある決断 東京商工会議所が「勇気ある経営大賞」なる企画を毎年開催していたこと

記事を読む

20131031

「忍び寄る魔の手」は、他人ごとではないのかもしれない。

【キーワード】いつの間にか 些細な行き違い、勘違い、悪意、あるいは個人的な感情のもつれで、人と

記事を読む

20150424

やってみないと分からないことが世の中にはたくさんある

【キーワード】嬉しい誤算 紙切れ一枚のことなのに、結婚するとよくも悪くも、生活というものは一変

記事を読む

20140130

キライな言葉が多い人って、毎日いろんなことが気になってとても生きにくそうですね。

【キーワード】決まりきった 回答欄の中に、おそらく万人に嫌われているであろう文言を発見しました

記事を読む

20140526

ご当地のゆるキャラがクローズアップされている昨今、ご当地ヒーローももっと脚光を浴びてもいいと思うんだ。

【キーワード】急展開 オチがwwwww オチがwwwww お下品だけどオチが面白かったんでつ

記事を読む

20140110

香りほど個人的体験が投影されるものはない

【キーワード】響きに惹かれて 香りほど個人的で他人の体感が当てにならないものは、確かにないかも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑