勉強と思うと煩わしいものも、目先を変えるとたのしく表現できる

公開日: : 最終更新日:2014/02/13 ビジネス・教養

【キーワード】ピタリとはまる

理数系にとても弱いくせに、そういう話題を見るとついつい取り上げたくなってしまいますww
もしかしたらそういうネタを取り上げるだけで、なんとなく賢くなった気分を味わえるからかもしれません。しょせん気分だけですが(爆笑)

動くステレオグラムと数学の部屋 流星舎

動くステレオグラムと数学の部屋 流星舎

いきなり「移転しました」告知が出ているので、コンテンツ自体はここにはないのか?!と一瞬、焦りましたが。こちらはこちらで別館として残されているのですね。

「ピタリとはまる」の言葉が書かれていたのは、数学Flashコンテンツの紹介文。
さっそく該当ページを開き、ピタゴラスの定理から順に見ていきました。なるほど、これはわかりやすい!
数式で現されても何のこったかさっぱりわからない(ゑww)ことを、図解で一つずつ丁寧に解説していることで、なぜそうなるのかが明快にわかります。
ピタゴラスの定理は中学生の時に習うものですから、その時にこういうFlashを見せてあげると理解しやすいですね。

他の数学Flashもとても分かりやすく作られています。
ただ眺めているだけでも楽しいですよー。

もう一つの動くステレオグラムというコンテンツは立体視の画像です。個人的には「海」の立体視が美しくて好みでしたww こちらもおすすめです(^^)

関連記事

20140515

未知の分野だからムリ!決めつける前に。

【キーワード】敢えて どこのワタクシの話かと思っちゃいましたww 敢えてやってみる

記事を読む

20140116

よく分からないなりに世界の仕組みが見えて面白いと感じてしまうこと

【キーワード】自覚した 正直、なに書いてるのかさっぱりわからない部分が多々あるんですがwwww

記事を読む

20160322

本質をとらえる生き方で能動的に生きる

【キーワード】理解するために 同じ事柄に取り組んでいても、「やりたいorやるべきことである」と

記事を読む

20151128

最初から無理だと決めつけず、やるだけやってみたら、いろいろ見えてくることもある

【キーワード】意外なところから 気がついたら自分で自分を枠にはめてしまっていることって、よくあ

記事を読む

20140106

慣れ親しむことの重要性

【キーワード】響きに惹かれて 中央FMのコンテンツにMy Eyes Tokyoというの番組があ

記事を読む

20160521

専門知識を得るのが簡単なこの時代におけるプロや専門家の役割とは

【キーワード】知恵を絞る インターネットの普及によって、「知る」だけならばハードルの下がったこ

記事を読む

20160722

身近な場所に隠れた名所が存在しているかもしれない

【キーワード】迂闊にも 実は史実上とても重要な場所だったのに、意外にもそれを知らないまま長らく

記事を読む

20150718

相手が求めているものをくみ取る力はとても大事。

【キーワード】無駄なこと 今回紹介するエントリは、営業職の自分には肌感覚でとても納得できる話で

記事を読む

20160504

今の体験も、未来から見れば記憶だったり思い出だったりするのだ。

【キーワード】ノスタルジー 「懐かしい気持ち」に限りませんが、なんでも、使い方しだいで毒にも薬

記事を読む

20150520

褒め言葉のバリエーションは知っておいて損はないはず。

【キーワード】物は言いよう やば……ここに書かれている言葉、すでに無意識レベルで使ってるわ……

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑