勉強と思うと煩わしいものも、目先を変えるとたのしく表現できる

公開日: : 最終更新日:2014/02/13 ビジネス・教養

【キーワード】ピタリとはまる

理数系にとても弱いくせに、そういう話題を見るとついつい取り上げたくなってしまいますww
もしかしたらそういうネタを取り上げるだけで、なんとなく賢くなった気分を味わえるからかもしれません。しょせん気分だけですが(爆笑)

動くステレオグラムと数学の部屋 流星舎

動くステレオグラムと数学の部屋 流星舎

いきなり「移転しました」告知が出ているので、コンテンツ自体はここにはないのか?!と一瞬、焦りましたが。こちらはこちらで別館として残されているのですね。

「ピタリとはまる」の言葉が書かれていたのは、数学Flashコンテンツの紹介文。
さっそく該当ページを開き、ピタゴラスの定理から順に見ていきました。なるほど、これはわかりやすい!
数式で現されても何のこったかさっぱりわからない(ゑww)ことを、図解で一つずつ丁寧に解説していることで、なぜそうなるのかが明快にわかります。
ピタゴラスの定理は中学生の時に習うものですから、その時にこういうFlashを見せてあげると理解しやすいですね。

他の数学Flashもとても分かりやすく作られています。
ただ眺めているだけでも楽しいですよー。

もう一つの動くステレオグラムというコンテンツは立体視の画像です。個人的には「海」の立体視が美しくて好みでしたww こちらもおすすめです(^^)

関連記事

20150710

大人にとっても勇気づけられる、高校生に向けた講演の言葉。

【キーワード】やってみれば 高校生を対象とした講演の内容が綴られているのですが、これ、大人が読

記事を読む

20151109

IQ診断をあてずっぽうで乗り切ってみたところ……

【キーワード】ひらめき この手の診断系コンテンツを目にすると、素通りできないワタクシが通ります

記事を読む

20160319

文科省の提供している世界の読書人口統計データをつぶさに観察してみた

【キーワード】習慣の問題 国内でも活字離れが叫ばれて久しい状況ですが、海外に目を向けても、事情

記事を読む

20150304

進化しているNHKのコンテンツにまったくついていけていなかったことが判明><

【キーワード】変化する NHK for School! NHKのコンテンツ、奥が深い……!!

記事を読む

20150623

同じものを見たり聞いたりしても受け取り方は千差万別

【キーワード】分けて考えれば ……とても読みにくいページですorz しかし、とても興味深い問

記事を読む

20151023

単純なものほどインパクトが大きい

【キーワード】伝わる 短いタイトルの吸引力にハッとしました。 顔文字より伝わる「印」とは

記事を読む

20131217

いろんな形の読書方法があるけれど、基本的に読書は楽しいものだと思う。

【キーワード】それぞれの流儀 会社概要を見ると、セミナー事業を展開している会社のサイトなんです

記事を読む

20140701

よほどのきっかけがないと自分からはアクセスしない場所

【キーワード】重宝している うわー、ニッチな分野だ! こういうものすごくピンポイントの専門的

記事を読む

20160123

十四年前に仮説として唱えられた説が、現状はどうなっているのか知りたい。

【キーワード】身近な謎 記事タイトルのかっこよさにやられましたww 「生命の左利きの謎」……

記事を読む

20140411

きっかけ作りは自分でできる

【キーワード】ちょっとしたきっかけで ああ、いまツキの波に乗り損ねている自分には耳に痛いことば

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑