型を生かして型を超える、その美しく奥深い世界。

公開日: : 最終更新日:2014/02/01 クリエイティブ

【キーワード】決まりきった

書道という響きはとても日本的なものだと感じてしまうのですが。
書道って、日本だけのものじゃないんですね。

アラビア書道に秘められた宇宙観とアート:MASALA

アラビア書道に秘められた宇宙観とアート:MASALA

アラビア書道……初めて聞きました。
気になったので検索してみると、こちらが公式サイトのようです。 ⇨ 日本アラビア書道協会HP (Japan Arabic Calligraphy Association)

会長の本田孝一さんが他の媒体で受けたインタビュー記事、「文字の美しさを極限まで追求した芸術です」アラビア書道家・本田孝一 | nippon.comのインタビュー中に差し挟まれたアラビア書道の作品がとても美しく、思わず見入ってしまいました。

特に「青の砂漠」という作品の美しいことときたら!
絵画のような芸術性の中に、象形としての文字の美しさが盛り込まれていて、アラビア文字など全く解さないワタクシにも、文字そのものが力を持って迫ってくるようでした。

Googleの画像検索でアラビア書道を見てみると、ずいぶんたくさんの人がこのアラビア書道に慣れ親しんでいる様子。型がきちんと決まっているにもかかわらず、その型を生かしていかにアーティスティックに表現するか、ということに、みなさんがとても腐心されているさまが伝わってきます。見ているだけでもその奥深さがわかるというものですね。

世界が一つ広がった気分です(^^)

関連記事

20140827

想像力のみでリアルさを追求した絵画的作品

【キーワード】永遠に語り継がれる これはまたリアルな…… 本当に、完全な空想の産物なんですか

記事を読む

20140603

ネタも面白けどペンネームも面白いww

【キーワード】裏を返せば サラリーマン川柳、面白いですよねー(^^) 毎年けっこう楽しみにし

記事を読む

201608010

確かな技術に裏打ちされた、写真表現解説サイト

【キーワード】我が道を行く 真摯な人柄が伝わってくる写真表現の指南サイトを紹介します。

記事を読む

20150310

繊細で美しい切り絵アート作品に思わずため息が漏れる

【キーワード】感慨深い 自作の切り絵アートを紹介されているエントリだったのですが。 表示され

記事を読む

20151104

潔さが運を呼ぶ

【キーワード】ついでに 黒板アートの何がすごいって、ものすごい製作時間をかけて完成させたあげく

記事を読む

20150130

色鉛筆そのものをアート作品としての指輪にしてしまった人の制作過程動画がすごい。

【キーワード】その発想はなかった これはすごい……!! ハンドメイドの域を超えていますね!

記事を読む

20151024

盲点は意外なところに潜んでいる

【キーワード】伝わる 自身の盲点となっている部分を突かれてハッとさせられた経験、ありませんか?

記事を読む

20140517

twitterとブログの良い部分をそれぞれに引き出す形

【キーワード】敢えて こういう過去ログの使い方もあったのか!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

記事を読む

20130927

言葉に還元するのは難しいけれど

【キーワード】感覚だけで ずいぶん長いあいだ忘れていた感覚を、思い出させてくれるエントリに出会

記事を読む

20151012

ハンドメイド作品は作ると誰かに見せたくなるもの

【キーワード】過程が楽しい これは確かに見ているだけで楽しい! でも実際に作っている人たちは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑